メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地域政党

関連キーワード

  • 地域政党(2011年01月13日 朝刊)

    地域の政治テーマの実現を目的とした政治団体。古くは1950年に結成された沖縄社会大衆党も含まれる。政党助成法では政党の要件について「国会議員5人以上が所属する、または国会議員が1人以上所属し、国政選挙で2%以上の得票をした政治団体」と定められ、地域政党はこの要件を満たしていないため政党助成金は受けられない。「地域主権の時代にそぐわない」として同法の改正を求める声もある。

  • 大阪都と関西州(2010年05月28日 夕刊)

    大阪都は、東京都をモデルに府を再編して設けようとする自治制度。東京もかつては「東京府」で、今の23区のエリアに東京市があった。しかし、首都の行政を迅速に進める狙いなどから1943年、府と市を廃して都ができた。都は特別区エリアについて固定資産税など市町村税の一部の課税権を持つ。一定割合は区に配分するが、府より権限は強い。大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」が導入を唱えるが、財源配分など詳細は未定。関西州は近畿圏の広域自治体。地方分権策の一つだが、省庁の反対も強く、実現のめどは立っていない。

  • 大阪都と維新の会(2010年10月19日 朝刊)

    大阪府と大阪・堺両市を、広域行政体の「大阪都」と東京23区のような「特別区」に再編する構想。大阪市を8〜9区、堺市を3区に分割し、公選の区長と区議会を置く。橋下徹知事が今年1月に表明。二重行政解消や競争力強化を掲げるが、大阪市は「同じ業務を各区がすればコストが増す」と反論している。知事は自らが代表の地域政党「大阪維新の会」を4月に設立し、現在、自民などを離党した現職府市議49人が参加。新顔の公認を進め、統一地方選の府議会、両市議会で過半数獲得を目指している。

最新ニュース

写真・図版

強まる「小池色」薄まる「民進色」 新党に中山氏ら参加(2017/9/25)

 東京都の小池百合子知事側近らが準備する新党が「小池カラー」を強めている。小池氏と親しい中山恭子・元拉致問題担当相や、自民党の現職副大臣らが相次いで新党参加の意向を表明。事実上の「小池新党」は、衆院選…[続きを読む]

写真

  • 握手する若狭勝衆院議員(右)と自民党の福田峰之内閣府副大臣=24日午前、東京都豊島区、時事
  • 山口那津男氏
  • 新党や衆院解散をめぐる小池都知事らの発言
  • 河村たかし氏
  • 安倍晋三首相
  • 安倍政権の抱える課題/9月28日解散の場合に想定される選挙日程
  • 安倍晋三首相
  • 安倍晋三首相
  • 新代表の就任会見で抱負を語る都民ファーストの会の荒木千陽都議=都庁
  • 都民ファースト代表の変遷
  • 都民ファースト代表の変遷
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ