メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

遅れる原発防災計画

関連キーワード

  • 地域防災計画(2013年01月19日 朝刊)

    災害対策基本法に基づき、各自治体の防災会議が地域に合わせて作る災害対策や、その対応の基本となる計画。県は昨年4月から見直し作業を進めてきた。県の変更を受け、今後、被災市町を中心に計画を見直す予定。

  • 地域防災計画(2012年03月25日 朝刊)

    県民の生命や財産を災害から守ることを目的に自治体などの役割を策定した計画。大規模災害対策検討委員会が昨年11月、緊急支援物資の円滑な搬送や広域避難所の運営など、被災市町への支援態勢を充実させることなどを盛り込んだ計画の検証・検討結果を知事に提出。県と関係機関でつくる県防災会議で1月に承認され、新年度から具体的なマニュアルづくりに入る。

  • 土砂災害警戒区域(2012年11月04日 朝刊)

    01年4月に施行された土砂災害防止法にもとづいて都道府県知事が指定できる。指定には警戒区域(イエローゾーン)と特別警戒区域(レッドゾーン)がある。イエローゾーンに指定されると、市町村は地域防災計画に避難態勢を定めなければならない。レッドゾーンでは、防災工事をしなければ宅地造成や学校、病院の建設ができず、知事は建物の移転を勧告できる。

最新ニュース

土砂災害警戒区域の「指定率」

(時時刻刻)土砂警戒域、指定に壁 自治体支援へ法改正(2014/08/29)

 広島市の土砂災害で、広島県警は28日、死者が72人になったと発表した。このうち70人の身元が判明している。この日、国会の災害対策特別委員会では、古屋圭司防災担当相が土砂災害防止法を改正する方針を示し[続きを読む]

PR情報

写真

  • 土砂災害警戒区域の「指定率」
  • 舟屋が並ぶ伊根湾。府北部では府の想定を超える高さの津波が押し寄せる可能性が示された=伊根町
  • 広島市災害対策本部に詰める職員。各地で土砂災害が相次ぎ、情報は混乱していた=20日午前6時42分、広島市中区大手町5丁目
  • 函館市議会。採決前、2人が退席
  • 県や市の担当者に質問する住民=26日夜、薩摩川内市
  • 野呂雅之記者
  • 屋内退避施設を見学する地元の消防団員ら。放射性物質の侵入を防ぐ空調の仕組みについて市職員から説明を受けた=薩摩川内市寄田町
  • 答弁する伊藤祐一郎知事=県議会議場
  • 原発30キロ圏内の病院、社会福祉施設の避難計画作り
  • 断層型地震で震度6弱以上が想定された地域=県提供

注目コンテンツ

  • ショッピングあなたも国王・王妃になれる

    ずらしてお得な9月の沖縄旅

  • ブック・アサヒ・コム寝台列車徹底ガイド

    トワイライトエクスプレス引退

  • 【&M】サッカーW杯優勝

    強国ドイツの秘密に迫る

  • 【&w】クマをモチーフにした子供服

    ステラマッカートニー キッズ

  • Astand産経ソウル支局長に出頭命令

    その狙いと韓国の「事情」とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮で働く女性たちの素顔

    アメリカ人がとらえた、北朝鮮の日常の姿。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報