メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地域防災計画

関連キーワード

  • 地域防災計画(2013年01月19日 朝刊)

    災害対策基本法に基づき、各自治体の防災会議が地域に合わせて作る災害対策や、その対応の基本となる計画。県は昨年4月から見直し作業を進めてきた。県の変更を受け、今後、被災市町を中心に計画を見直す予定。

  • 地域防災計画(2012年03月25日 朝刊)

    県民の生命や財産を災害から守ることを目的に自治体などの役割を策定した計画。大規模災害対策検討委員会が昨年11月、緊急支援物資の円滑な搬送や広域避難所の運営など、被災市町への支援態勢を充実させることなどを盛り込んだ計画の検証・検討結果を知事に提出。県と関係機関でつくる県防災会議で1月に承認され、新年度から具体的なマニュアルづくりに入る。

  • 鹿児島市の地域防災計画(2016年11月24日 朝刊)

    「津波災害」「原子力災害」など五つの対策編で構成。昨年8月に桜島の噴火警戒レベルが引き上げられた際、住民避難に使う予定だった桜島フェリーは台風の接近で運行できなかった。市は今年8月、複合災害を想定した「火山災害対策編」を追加。さらに長期的な生活支援のための「長期避難対策」を今年度中に盛り込む予定にしている。

最新ニュース

岩手)災害時の役場体制を見直しへ 県防災会議分科会(2016/12/7)

 8月末の台風10号による豪雨災害で露呈した防災上の不備を見直すための「県防災会議幹事会議の地域防災体制分科会」の初会合が6日、県庁であった。災害発生時に一部の部署に偏ることなく、市町村の全組織で役割[続きを読む]

地域防災計画をコトバンクで調べる

写真

  • 避難所となった小学校のグラウンドに並んだ避難者の車。多くの人が車中泊を続けた=4月21日、熊本県益城町(車のナンバーにモザイクをかけています)
  • 熊本地震と車中泊
  • 熊本地震と車中泊/数字でみる車中泊/どうすればいい?
  • 熊本地震の本震直後、熊本大の体育館で避難所の運営について話し合う学生たち=4月16日夜、学生グループ「416」提供
  • 崩壊しつつある5階建ての宇土市役所の5階と4階部分=4月16日午前5時11分、熊本県宇土市、金子淳撮影
  • 預かりボランティアの梶山永江さん(右)。「元気でいるんだよ」。愛犬は飼い主から離れようとしなかった=6日、岩手県岩泉町、青木美希撮影
  • 預かりボランティアの梶山永江さん(右)=6日、岩手県岩泉町、青木美希撮影
  • 倒壊家屋から人を助け出す訓練。仕事を終えて集まった団員たちが取り組んだ=10日夜、静岡県磐田市福田中島、小川崇撮影
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】暖房器具に「第3世代」登場

    スマホで制御するデロンギ

  • 【&TRAVEL】そろそろクリスマス

    人気のイルミネーション選

  • 【&M】これぞSTIが手がけた走り

    スバルXVハイブリッドtS

  • 【&w】フェミニズムうたう新しさ

    上間常正@モード

  • ブック・アサヒ・コム「銀河鉄道の夜」の秘密

    ますむらひろしがひもとく賢治

  • WEBRONZA安倍政権のメディア戦略

    自民党副幹事長と「ガチ論」

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ