メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

遅れる原発防災計画

関連キーワード

  • 地域防災計画(2013年01月19日 朝刊)

    災害対策基本法に基づき、各自治体の防災会議が地域に合わせて作る災害対策や、その対応の基本となる計画。県は昨年4月から見直し作業を進めてきた。県の変更を受け、今後、被災市町を中心に計画を見直す予定。

  • 地域防災計画(2012年03月25日 朝刊)

    県民の生命や財産を災害から守ることを目的に自治体などの役割を策定した計画。大規模災害対策検討委員会が昨年11月、緊急支援物資の円滑な搬送や広域避難所の運営など、被災市町への支援態勢を充実させることなどを盛り込んだ計画の検証・検討結果を知事に提出。県と関係機関でつくる県防災会議で1月に承認され、新年度から具体的なマニュアルづくりに入る。

  • 土砂災害警戒区域(2012年11月04日 朝刊)

    01年4月に施行された土砂災害防止法にもとづいて都道府県知事が指定できる。指定には警戒区域(イエローゾーン)と特別警戒区域(レッドゾーン)がある。イエローゾーンに指定されると、市町村は地域防災計画に避難態勢を定めなければならない。レッドゾーンでは、防災工事をしなければ宅地造成や学校、病院の建設ができず、知事は建物の移転を勧告できる。

最新ニュース

青森)東通原発事故時の避難、検討会が発足(2014/07/23)

 東北電力東通原発(東通村)で重大事故が起こった場合の住民避難を効率的にするため、県や国、原発から30キロ圏の5市町村などでつくる検討会が発足し、22日、県庁で初会合があった。年度内に検討結果を取りま[続きを読む]

PR情報

写真

  • 県や市の担当者に質問する住民=26日夜、薩摩川内市
  • 野呂雅之記者
  • 屋内退避施設を見学する地元の消防団員ら。放射性物質の侵入を防ぐ空調の仕組みについて市職員から説明を受けた=薩摩川内市寄田町
  • 答弁する伊藤祐一郎知事=県議会議場
  • 原発30キロ圏内の病院、社会福祉施設の避難計画作り
  • 断層型地震で震度6弱以上が想定された地域=県提供
  • 東日本大震災で避難所になった岩手県陸前高田市の中学校体育館の様子。震災10日後の時点では段ボールを使った間仕切りはほんの少ししか見あたらない=2011年3月21日
  • 事故を想定した県の避難訓練。要援護者の避難誘導は大きな課題だ=昨年11月、小城市小城町
  • 渋滞が予想される場所

注目コンテンツ

  • ショッピング暑い、水が浴びたい…

    自由に持ち運べる携帯シャワー

  • ブック・アサヒ・コム怪獣に魅せられて

    人生最大級の衝撃受けた一冊

  • 【&M】はかなくも温かい地域の記録

    西日本のバス停を紹介

  • 【&w】お客様の笑顔と交換するもの

    あなたにとってのサラリーとは

  • Astand韓国・セックスワーカーの日

    風当たりの強い性労働者がデモ

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮のマスゲームの写真に圧倒される

    「でも、普通の人々の暮らしは、どこにいっても同じさ」

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報