メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地域防災計画

関連キーワード

  • 地域防災計画(2013年01月19日 朝刊)

    災害対策基本法に基づき、各自治体の防災会議が地域に合わせて作る災害対策や、その対応の基本となる計画。県は昨年4月から見直し作業を進めてきた。県の変更を受け、今後、被災市町を中心に計画を見直す予定。

  • 地域防災計画(2012年03月25日 朝刊)

    県民の生命や財産を災害から守ることを目的に自治体などの役割を策定した計画。大規模災害対策検討委員会が昨年11月、緊急支援物資の円滑な搬送や広域避難所の運営など、被災市町への支援態勢を充実させることなどを盛り込んだ計画の検証・検討結果を知事に提出。県と関係機関でつくる県防災会議で1月に承認され、新年度から具体的なマニュアルづくりに入る。

  • 避難所(2014年11月17日 夕刊)

    災害対策基本法によると、屋根があって寝泊まりできる「避難所」と、一時的に逃げ込む「緊急避難場所」があり、市町村が指定する。各自治体は地域防災計画などに基づき、「収容避難所」「一時避難所」「一時滞在施設」など独自の名称で指定している。東日本大震災を受けて昨年6月に災害対策基本法が改正され、避難所と緊急避難場所が明確に位置づけられた。

最新ニュース

崩壊しつつある5階建ての宇土市役所の5階と4階部分=4月16日午前5時11分、熊本県宇土市、金子淳撮影

行政継続、災害時こそ 地震で庁舎閉鎖…代替施設に苦心(2016/09/23)

 市民生活を守る行政の機能は災害時にこそ強く求められる。熊本地震で庁舎が閉鎖された自治体の混乱は、機能を維持する業務継続計画(BCP)の大切さを物語る。だが、人員や予算不足を理由に全国の自治体で策定が[続きを読む]

地域防災計画をコトバンクで調べる

写真

  • 崩壊しつつある5階建ての宇土市役所の5階と4階部分=4月16日午前5時11分、熊本県宇土市、金子淳撮影
  • 預かりボランティアの梶山永江さん(右)。「元気でいるんだよ」。愛犬は飼い主から離れようとしなかった=6日、岩手県岩泉町、青木美希撮影
  • 預かりボランティアの梶山永江さん(右)=6日、岩手県岩泉町、青木美希撮影
  • 倒壊家屋から人を助け出す訓練。仕事を終えて集まった団員たちが取り組んだ=10日夜、静岡県磐田市福田中島、小川崇撮影
  • 30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率(%)
  • 那珂川下流の家屋倒壊等氾濫想定区域
  • 大西一史さん
  • 支援策を話し合う=「よか隊ネット」提供
  • 土石流が起きた日光市芹沢地区。阿久津修さんの自宅(左)のすぐ横まで土砂が押し寄せた=4月5日、栃木県日光市
  • 中庭のある世田谷区庁舎。低層棟に囲まれた落ち着いた雰囲気を残したいという声もある=世田谷区世田谷4丁目
  • 主な被災地の仮設住宅の着工・入居日

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】その場で記録、後で解析!

    GPS搭載のゴルフウォッチ

  • 【&TRAVEL】世界の美女に東京で会えた

    ツーリズムEXPOギャラリー

  • 【&M】女子アスリート応援団

    ソフトテニスに魅せられて

  • 【&w】料理の味を引き出すパン

    このパンがすごい!

  • ブック・アサヒ・コム山本一力が悩みに回答

    「保育士資格を取るべきか…」

  • WEBRONZA“貧困女子高生”バッシング

    生活保護から考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 巨大ダコと戯れる美女

    「触手大好き」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ