メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地方気象台

関連キーワード

  • 東海豪雨(2015年09月12日 朝刊)

    2000年9月11〜12日、台風14号と秋雨前線の影響で愛知県中心に約7万5千戸が浸水被害を受け、10人が死亡。名古屋地方気象台では2日間の雨量が567ミリと年間総雨量の約3分の1を記録した。庄内川の洗堰(あらいぜき)から流れ込んだ水などで新川堤防が切れ、周辺では浸水が約1万8千戸に及んだ。

  • 県内での津波被害(2011年05月09日 朝刊)

    有明海と玄界灘では、地底のプレートや水深などの地理的条件から10メートルを超える大津波は発生しにくいと予想されている。佐賀地方気象台によると、県内では1792年に津波による死者の記録が残る。地震で長崎・島原の眉山が海側に崩れ、津波が押し寄せて有明海沿岸の佐賀藩や蓮池藩で十数人が亡くなった。しかし、それ以降では死者は確認されていないという。

  • 大分に影響を与える可能性がある主な地震(2012年01月22日 朝刊)

    大分地方気象台によると、30年以内に発生する確率が60%の南海地震や、70%の東南海地震が県内に被害を与える可能性が指摘されている。この二つの地震が同時に発生した場合、県内は震度5弱〜5強の揺れに襲われる。また、県庁そばには活断層「府内断層」が走っており、これが地震を引き起こした場合は震度6弱になると想定されている。

最新ニュース

写真・図版

新潟)除雪費かさみ自治体悲鳴、国への支援要望続々(2018/2/23)

 「想定外」の除雪費の増加に県内の自治体が悲鳴を上げている。新潟市では今年度当初予算の約4倍の75億円に膨らみ、過去最高を更新する見込みだ。記録的な積雪の影響で、各自治体は国に財政支援を求めているが、…[続きを読む]

地方気象台をコトバンクで調べる

写真

  • 長岡市では大雪が続き、除雪車がフル稼働していた。市から委託された業者は「1月半ばから昼夜休みなし。雪がやんだら雪捨ての仕事」と話した=8日、長岡市笹崎
  • 青森道近くの雪捨て場には、重機の高さをはるかに超える雪山がそびえていた=青森市細越
  • 咲き誇る菜の花=下松市
  • 見頃になり、ふくらんだつぼみも数多くつけた梅も=甲府市酒折3丁目
  • 観光名所・旧函館郵便局前にうずたかく積み上げられた雪=函館市豊川町
  • 激しく燃えさかる炎を見つめる人たち=美祢市
  • 客が竹製の釣りざおで体長10センチほどのワカサギを釣り上げていた=東北町上野
  • 雪の残るひがし茶屋街は観光客でにぎわった=金沢市東山1丁目
  • 積雪量を計る観測機器(中央)。レーザー光線を雪面の表面に当てて計測するという=青森市
  • 降り積もった雪を除雪機で取り除く吉田裕之さん=金沢市広坂2丁目のいしかわ四高記念公園
  • 白く彩られた祖谷のかずら橋=三好市西祖谷山村
  • 降りやまぬ雪の中で、住民は除雪作業に追われていた=大蔵村南山の肘折温泉
  • 路面の雪で動けなくなった車を動かすため、車を押す住民(画像の一部を加工しています)=福井市大手2丁目
  • 県内の年始の交通事故死者数
  • 松江市内では午前10時ごろでも日陰で葉が凍りついたままだった
  • 雪の重みでつぶれたビニールハウス=福井市黒丸町、山田健悟撮影
  • 車道を歩いて職場に向かう人ら=福井市大手3丁目
  • 凍り付いた雪を割りながら雪かきする人たち=金沢市長町2丁目
  • 道の雪かきをする人=山口市阿東徳佐中
  • 自衛隊員らによる除雪作業が進み、車の立ち往生が解消しつつある国道8号=8日午後4時58分、福井県あわら市、本社ヘリから、伊藤進之介撮影
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ