メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地球温暖化

関連キーワード

  • EUの地球温暖化対策(2014年01月22日 朝刊)

    2050年までに温室効果ガスの排出を1990年比で80〜95%削減する。現在は2020年までの目標があり、(1)温室効果ガスの90年比20%削減(2)再生エネの割合を20%に向上(3)エネルギー消費を07年の予測値より20%削減——の三つを掲げる。(1)と(2)は加盟国ごとに目標数値が割り振られ、達成を義務づける。12年時点で、EU全体の温室効果ガスは90年比約18%削減され、20年の目標が達成できる見通し。再生エネの割合は12年で約14%と見込まれ、エネルギー消費削減とともに達成が危ぶまれる。

  • クールビズ(2014年06月19日 朝刊)

    エアコンを28度以上に設定しても快適に過ごせるノーネクタイやノージャケットなどの服装で、環境省が2005年に提案。11年には取り組みをさらに進めようと、ジーパンやポロシャツ、アロハシャツや半ズボンなども認める通勤スタイルを一般企業にも勧めはじめた。地球温暖化防止が目的で、同省の試算では10年度に393万世帯の1カ月分の二酸化炭素の排出量に当たる169万トンが削減される効果があったとしている。

  • グリーン電力証書(2009年10月29日 朝刊)

    原子力や火力で発電しても、自然エネルギーから得た電力でも、電力としての価値に差はない。だが自然エネルギーは発電時に二酸化炭素の排出が少なく、地球温暖化につながりにくい。こんな環境面の価値を生かそうと、第三者機関「グリーンエネルギー認証センター」が自然エネルギーの発電者を認証。証書を購入すれば、消費電力の中からその分だけ自然エネルギーを使ったとみなせる。公表も出来る。身近な環境貢献策で、二酸化炭素の排出量取引と似ている。

最新ニュース

福島)福島のモモに甘くない試練? 温暖化で出荷前倒し(2017/6/24)

 今年も福島にモモの季節がやってくる。6月下旬から収穫が始まり、主力品種の「あかつき」は、7月下旬から8月のお盆にかけて最盛期を迎える。だが、近年、モモの収穫時期にちょっとした異変が起きているという。[続きを読む]

写真

  • ピンク色に実った「あかつき」=2016年7月、JAふくしま未来提供
  • 夏日の暑さの中、噴水の周りで水遊びする親子=札幌市中央区
  • ロジャー・ウォーターズのコンサートで、トランプ米大統領のイラストが描かれた豚の気球が、会場を飛んだ=米ロサンゼルス、平山亜理撮影
  • 2017年版の市民版環境白書「グリーン・ウォッチ」
  • EU本部で19日、英国の離脱交渉を前に会見するEUのバルニエ首席交渉官(右)と英国のデービスEU離脱担当相=AP
  • 日本ガイシの大島卓社長
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】もう臭わせない!

    梅雨の部屋干しに

  • 写真

    【&TRAVEL】エーゲ海で見る世界一の夕日

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】拝見!モデルルーム

    進化するマンションの未来形

  • 写真

    【&w】ジョニー・デップが語る

    パイレーツ・オブ・カリビアン

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム生まれ変わり続ける女性の話

    「小説巧者」佐藤正午の新刊

  • 写真

    WEBRONZA「正解の押しつけは大嫌い」

    伊礼彼方インタビュー

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ