メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

地産地消

関連キーワード

  • 地産地消の仕事人(2008年10月23日 朝刊)

    農林水産省が今年度設けた地産地消の取り組みに関する知識や経験を持つ人への称号。各都道府県から推薦された57人の中から9月に48人を認定した。任期は3年。

  • 車の地産地消(2011年08月07日 朝刊)

    トヨタグループは組み立て工場の近くで下請けが部品をつくり、地域や工場ごとに車生産を完結させる「地産地消」の態勢づくりを進めている。狙いは、物流費の削減や災害リスクの軽減。最近は円高による採算悪化を避けるため、海外でも動きを強化している。

  • エネルギーの地産地消(2017年05月01日 朝刊)

    16年4月の電力小売り自由化を受け、自然エネルギーを使った電力会社をつくる自治体が増えている。太陽光などで発電した電気を地元向けに供給するもので、関西では滋賀県湖南市などが設立。多くの供給先は公共施設だが、福岡県みやま市が55%出資する「みやまスマートエネルギー」は一般家庭にも供給している。

最新ニュース

文教大学とサン・ジェルマン「かながわピクニックパンキッシュ」を開発 大船ルミネウィング「うまいもん大学2017」で販売(2017/10/19)

文教大学健康栄養学部(神奈川県茅ヶ崎市)の笠岡誠一ゼミナールに所属する学生が、サン・ジェルマンとコラボし、湘南・鎌倉の食材を使ったオリジナルキッシュを開発しました。大船ルミネウィングで10月21日(土…[続きを読む]

写真

  • 「群馬の味」をうたう「ポテトチップス すき焼き味」をPRする伊藤秀二・カルビー社長(左)と坂田達也県・県ぐんまイメージアップ推進室長=県庁
  • 渥美半島のめろんのあいす
  • 自動車やバイク向けの部品をつくる「安福ゴム工業」。国内事業は横ばいで、好調な海外に活路を見いだしている=神戸市西区
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ