メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

基本的人権

関連キーワード

  • 日本国憲法(2014年05月02日 朝刊)

    敗戦後、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官マッカーサー元帥から指示を受けた政府がGHQと折衝を重ねて草案を作成。議会が修正を加えた。1946年11月3日公布、47年5月3日施行。のちに公布日は文化の日、施行日は憲法記念日となった。前文と11章103条で構成。天皇を象徴とし、国民主権、基本的人権、戦争放棄、男女平等や表現の自由の保障、憲法が最高法規であることを規定した。

  • 在外選挙制度(2012年02月10日 朝刊)

    在日韓国人らが2004年、国政選挙権が認められないのは基本的人権の侵害と訴え、07年に韓国の憲法裁判所が違憲と判断。09年に公職選挙法改正案が可決され、4月の総選挙から導入される。日本の国立国会図書館の調べによると、在外選挙制度は日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、イタリアなどにも設けられている。日本の場合、10年7月の参院選比例区では推定有権者約84万9千人に対し、実際に投票したのは3%だった。

  • 風俗業を巡る橋下氏の発言(2013年05月19日 朝刊)

    橋下氏は13日、沖縄県の米軍普天間飛行場で今月初めに司令官に会った際、米兵の性犯罪対策として「法律の範囲内で認められている中で、性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所(風俗業)を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできないじゃないですか」などと述べたことを明らかにした。これに対し、米国防総省の報道担当者は「ばかげている」と非難。橋下氏は16日、「不適切だったことは間違いない。米国のとらえ方とか宗教的な価値観とかそういうところで、そのワード(風俗業)を出すのは不適切だった」と認めた。一方で謝罪や発言撤回はせず、「(米国に)沖縄県民の基本的人権もしっかり認識してもらいたい」などと求めている。

最新ニュース

小林節さん

改憲論議を問う 識者に聞く(2015/05/04)

 憲法が今、かつてない風雨にさらされている。政権は解釈変更による集団的自衛権の行使容認に続き、改憲への動きを強める。改正論者からも疑問は上がり、憲法の意義を改めて見つめ直す声もある。施行から68年。何[続きを読む]

PR情報

写真

  • 小林節さん
  • 小林節さん=東京都千代田区、杉本康弘撮影
  • はじめての憲法
  • 生年月日:1990年6月14日 出身地:愛知県 身長:167cm職業:会社員
  • 職員2人が分別違反のごみ袋を開けて違反者を特定した=横浜市港北区
  • 開封調査を行う政令指定都市
  • 満蒙開拓推進の先例をもとに「自治体は国の言いなりになるだけではいけない」と説く岡庭一雄さん=阿智村駒場
  •   

注目コンテンツ

  • ショッピングパンの隣、空いてますよ

    目からウロコの調理グッズ

  • ブック・アサヒ・コム日本のラジオ90年の歩み

    「シノドス」編集長が選ぶ本

  • 【&M】4月の新車情報セレクション

    「ランエボ」の再登場に期待

  • 【&w】もう行きましたか?あの名店

    「ポテサラ酒場」傑作選

  • Astand山本耕史の孤児ヒースクリフ

    「嵐が丘」を舞台に激烈な愛

  • 写真

    ハフポスト日本版 あの人は今…

    80年代のロック&ポップスター

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ