メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

基礎控除

関連キーワード

  • 贈与税(2009年12月28日 朝刊)

    現金、土地、株など経済価値のあるものを贈られた場合、受け取った側に納税義務が生じる。年間の基礎控除額110万円を超えると、贈与額に応じて税率は10〜50%となる。

  • 相続税の増税(2016年12月16日 朝刊)

    2015年1月以降、基礎控除と呼ばれる非課税の枠が「5千万円+法定相続人の数×1千万円」から「3千万円+法定相続人の数×600万円」に引き下げられ、最高税率は50%から55%になった。基礎控除はバブル後、地価が下落しても据え置かれていたため、課税割合が低下した。

最新ニュース

(知っ得 なっ得)「終わり」に備える:下 相続税を考えるなら「二次相続」を念頭に(2017/8/5)

 ■ライフ&マネー 得子(とくこ) 最終回は相続税について。 金太郎(かねたろう) ええっ。相続税は一部のお金持ちの税金でしょ。フツーの人には関係ないんじゃないの。 得 親などから遺産を相続することは[続きを読む]

写真

  • イラスト・深川直美
  • 『週刊ダイヤモンド』3月11日号の特集は「相続と贈与の大問題」
  • ある家庭のケース
  • 相続税の課税対象となった遺産を残した人の割合
  • 相続税の課税対象となった遺産を残した人の割合
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ