メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

多発性骨髄腫

関連キーワード

  • レブラミド(2010年09月30日 朝刊)

    6月に再発または難治性の多発性骨髄腫の薬として承認。骨髄異形成症候群への効能も追加された。日本骨髄腫患者の会(http://www.myeloma.gr.jp)の試算では70歳未満の患者が月2回受診し1日25ミリグラムを21日分服用すると1カ月の医療費は約96万円。3割の自己負担で約29万円かかる。自己負担が一定額以上になると払い戻しを受けられる高額療養費制度で約20万円は戻る。*医療サイト・アピタルに、意見交換や交流ができる「読者ひろば」を開設しています。

  • 原発作業員の労災認定(2012年01月21日 朝刊)

    厚生労働省(旧労働省)が1976年、白血病、白内障、急性放射線症などについて労災の認定基準をまとめた。心筋梗塞(こうそく)など基準がない病気の場合、医師らによる検討会で因果関係が認められれば、認定される可能性がある。同省によると、76年以降、原発作業員で労災認定されたのは11人。うち6人が白血病、3人が悪性リンパ腫、2人が多発性骨髄腫だった。

最新ニュース

写真・図版

「絶対に帰ってくる」 校長先生の約束、支援と笑顔の輪(2017/11/18)

 3月9日、広島県福山市。 友道健氏(けんじ)さん(58)は、校長を務める市立大成館(たいせいかん)中学校の体育館でステージから語りかけた。 「どんなことがあっても、最後まであきらめんことや」。生徒に…[続きを読む]

写真

  • 入院中の友道健氏さん。パソコンを使って、病室からメールやフェイスブックで闘病の様子を知人らに伝えていた=6月3日、岡山県倉敷市
  • 新しいがん免疫療法「CAR―T細胞療法」の流れ
  • 九州がんセンターで放映中の番組。牛尾理事長が編集した=福岡市南区野多目3丁目
  • 高齢者の貧血
  • 多発性骨髄腫の治療薬の変遷/多発性骨髄腫の症状
  • 1974年8月30日の三菱重工ビル爆破事件
  • 1974年8月30日午後、東京・丸の内で起きた三菱重工ビル爆破事件の発生当時の様子
  • 自分の経験や考えをもとにディスカッションする参加者たち=日高市山根
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】超気軽! スマホVRで新体験

    実世界により近い没入感を実現

  • 写真

    【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

    海上のグルメワールド〈PR〉

  • 写真

    【&M】シリーズ優勝の行方は

    スーパーGT最終第8戦

  • 写真

    【&w】新しいロマンチックを抱く

    18年春夏ミラノコレクション

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZA龍真咲「クラシックは原点」

    宝塚時代よりも忙しい日々

  • 写真

    アエラスタイルマガジン昭和の名物パワーランチ!

    部長がすすめる名店教えます

  • 写真

    T JAPANホテル王が贅を凝らした

    プーケットの“究極リゾート”

  • 写真

    ハフポスト日本版 国民投票の結果で歓喜に沸く

    同性婚の合法化「賛成」が61%

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ