メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大分市

関連キーワード

  • 県立春日浦野球場(2008年06月28日 朝刊)

    48年、大分市王子北町の大分師範学校の跡地に建設された。グラウンドの広さは約1万2千平方メートルで、両翼88メートル(55年の改修工事後、94メートル)、中堅112メートル。全国選手権大会の大分大会のメーン球場だったが、80年に同市青葉町に新大分球場が建設されて以降、99年まで同大会のサブ会場として使用された。

  • 大分合同新聞社(2008年07月23日 朝刊)

    大分市内に本社がある創業122年の新聞社。大分県内で朝夕刊を発行し、朝刊発行部数は県内最多の公称約23万部。資本金1千万円、従業員約400人。

  • 高崎山自然動物園(2010年03月17日 朝刊)

    1952年、当時の上田保・大分市長が農作物の被害防止と野生のニホンザルを多くの人に見てもらうためにサル寄せを始めた。毎日ホラ貝を吹き鳴らし、翌53年に餌付けに成功。日本で初めて「野生猿の動物園」として開園した。同年に「高崎山猿生息地」として国の天然記念物に指定された。入場料は大人500円、小中学生250円、幼稚園児以下無料。駐車場は向かいの大分マリーンパレス水族館うみたまごそばの駐車場で乗用車1台400円。問い合わせは同園(097・532・5010)。

最新ニュース

宮崎の店主殺害、関与ほのめかす 新潟、窃盗容疑の男(2017/10/17)

 宮崎市江平東1丁目の江平四ツ目食堂で9月、店主の大西達夫さん(当時65)が殺された強盗殺人事件があり、県外で車を盗んだとして窃盗容疑で逮捕、起訴された男(62)が、事件への関与をほのめかす供述をして…[続きを読む]

写真

  • 鹿児島大4年・鳴海敦さん(21)
  • カボチャのそばを泳ぐ「カクレクマノミ」=大分市神崎
  • 候補者の演説に耳を傾ける有権者=10日午前、宮城県内、福留庸友撮影
  • 公示前の勢力と与党の勝敗ライン(定数465)
  • 演説する自民党の安倍晋三総裁=10日午前11時7分、福島市、林敏行撮影
  • 利用価値が再認識されている「救急あんしんポット」(左)と冷蔵庫の扉に貼るシール=竹田市役所
  • 街頭で演説する自民党の安倍晋三総裁=10日午前10時57分、福島市、林敏行撮影
  • 演説する社民党の吉田忠智党首=10日午前9時41分、大分県臼杵市、日吉健吾撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ