メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大分市

関連キーワード

  • 県立春日浦野球場(2008年06月28日 朝刊)

    48年、大分市王子北町の大分師範学校の跡地に建設された。グラウンドの広さは約1万2千平方メートルで、両翼88メートル(55年の改修工事後、94メートル)、中堅112メートル。全国選手権大会の大分大会のメーン球場だったが、80年に同市青葉町に新大分球場が建設されて以降、99年まで同大会のサブ会場として使用された。

  • 大分合同新聞社(2008年07月23日 朝刊)

    大分市内に本社がある創業122年の新聞社。大分県内で朝夕刊を発行し、朝刊発行部数は県内最多の公称約23万部。資本金1千万円、従業員約400人。

  • 高崎山自然動物園(2010年03月17日 朝刊)

    1952年、当時の上田保・大分市長が農作物の被害防止と野生のニホンザルを多くの人に見てもらうためにサル寄せを始めた。毎日ホラ貝を吹き鳴らし、翌53年に餌付けに成功。日本で初めて「野生猿の動物園」として開園した。同年に「高崎山猿生息地」として国の天然記念物に指定された。入場料は大人500円、小中学生250円、幼稚園児以下無料。駐車場は向かいの大分マリーンパレス水族館うみたまごそばの駐車場で乗用車1台400円。問い合わせは同園(097・532・5010)。

最新ニュース

熊本)森都心プラザ、来月全面再開 小間希美さん個展も(2017/3/28)

 熊本地震で被災し、修復中のくまもと森都心プラザ図書館(熊本市西区)が授乳室などの修復を終えて4月1日に全面再開する。子育てに役立つ本のコーナーなどを新設するほか、先天性の筋疾患を抱えながら絵を描く大[続きを読む]

大分市をコトバンクで調べる

写真

  • 全面再開に合わせて展示される小間希美さんの作品=くまもと森都心プラザ図書館
  • 返納する校旗を丁寧に畳む児童代表ら=大分市中島西2丁目
  • 地図
  • 情報提供を呼び掛ける立て看板を設置する県警=大分市横尾
  • 五條堀美咲さん(大分県警提供)
  • 胴上げして卒業を互いに祝う学生たち=大分市のiichiko総合文化センター
  • 不発弾が見つかったごみ置き場のある住宅街=大分市星和台1丁目
  • 卒業証書を受け取る卒業生=大分市荷揚町
  • 「テックパークキッズ」の子どもらがレーザーカッターを使ったり、プログラミングをしたりしてつくったスピーカーやティッシュケースなど=福岡市中央区今泉1丁目
  • 現役の選手とジョギングする子どもたち=大分市横尾
  • 動画の一部。魚市場で活気のある競りを伝えるユーチューバー(大分県日出町大神、町提供)
  • 被災者をかかえ組み立てた担架で受ける参加者=大分市の日赤県支部
  • 日本代表コーチ(左)の指導をうける中高生の選手ら=大分市青葉町
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】一度使ったら戻れない!

    極上の装着感を生む腕時計!

  • 【&TRAVEL】夢のヴィラで沖縄で暮らす

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】俳優・安井順平さんの別腹

    「明治」のガルボミニ

  • 【&w】かじると小麦畑の風が吹く

    自家製発酵種のすごいパン

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA推進法案、努力義務は画期的

    議員数の男女平等は実現するか

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ