メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大和郡山市

関連キーワード

  • 大和郡山市の警官発砲事件(2012年01月24日 朝刊)

    2003年9月10日午後6時45分ごろ、車上狙い事件を捜査していた県警の警察官が、高さんらが乗っていた車両をパトカーで約20キロにわたって追跡。車がパトカーや一般の車にぶつかって逃げようとしたため、警察官1人が発砲を指示し、3人が計8発を発砲。A、B両被告が撃ったうちの2発が助手席にいた高さんの頭と首に、A被告の1発が運転席の男性の頭にそれぞれ当たり、高さんは25日後に死亡した。男性は窃盗罪などで懲役6年の有罪判決を受け、すでに刑期を終えた。高さんは窃盗などの容疑で書類送検され、被疑者死亡で不起訴処分となった。

  • 大和郡山市の金魚(2012年04月28日 夕刊)

    1724(享保9)年、郡山藩主となった柳沢吉里が甲府藩から国替えで移ってきた時、家臣が観賞用に持ち込んだのが始まりとされる。江戸末期から明治初期にかけ養殖が武士だった人らの副業となった。生産量は現在、全国の40%近くを占め、毎年夏には全国金魚すくい選手権大会も開かれている。

  • 生活保護受給者への医療扶助(2010年12月17日 朝刊)

    生活保護法に基づき、全額が公費から支出され、受給者は自己負担なく診療や薬の処方を受けることができる。公費の負担割合は国が4分の3、残りを市町村が負担する。大阪市の医療扶助は2009年度決算で1240億円で、生活保護の関連費全体(2714億円)の46%を占めた。自治体が生活保護受給者への医療扶助の実態を調査するのは異例だ。医療扶助をめぐっては、不必要な診療行為をして診療報酬を不正に受け取る事件も起きている。医療法人雄山会(破産手続き中)の「山本病益(奈良県大和郡山市)では、大阪・西成などから生活保護受給者を転院させ、不要な検査などを繰り返していた。

最新ニュース

写真・図版

奈良)障がい者福祉施設が育てた米で酒づくり(2017/9/21)

 天理市南六条町の障がい者福祉施設「ぽかぽか工房」が地元の酒蔵と協力し、自分たちで米を育て、日本酒づくりに取り組んでいる。今年初めてつくった酒は「笑香和(えがお)」と名付けた。「たくさんの笑顔につなが…[続きを読む]

大和郡山市をコトバンクで調べる

写真

  • 米の成長を喜ぶぽかぽか工房や稲田酒造の人たち=奈良市藺生町
  • 天理駅前広場コフフン=天理市川原城町
  • 西和署に咲くヒマワリ=王寺町葛下1丁目
  • 柳沢信鴻は引っ越した当初、園内で道に迷ったこともあったという=東京・駒込の六義園、中井征勝撮影
  • 秋季近畿地区高校野球大会県予選
  • ざっくばらんに語り合う「WARAIBAコミュニティ」の参加者=東京都大田区
  • ざっくばらんに語り合う「WARAIBAコミュニティ」の参加者=東京都大田区
  • 郡山城跡の桜。見頃の時期の天守台付近=山下正樹さん提供
  • こぶができた桜の枝を切る「郡山城跡・桜守の会」のメンバー=5月、郡山城跡
  • 聖林寺の裏山にある「ミニ遍路道」を点検する倉本明佳住職(右)ら=桜井市
  • 特別賞を受賞した作品「想い」=県立郡山高校、原田なごみさん提供
  • 主なテントの種類
  • 左手に筋電義手を付けた神陽喜君と母麻依子さん=生駒市
  • 左手に筋電義手を付けた神陽喜君と母麻依子さん=生駒市
  • たき火台の火を囲み楽しそうに話す中新さん家族=滝沢美穂子撮影
  • 跡路茂文さん(左)からテントのロープの張り方について説明を受ける中新さん親子
  • ポイが破れてはにかむ子ども=山口市
  • 「スノーピーク箕面自然館」の末岡寛隆さん(右)から、たき火台について説明を聞く中新さん親子=大阪府箕面市、滝沢美穂子撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ