メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

大江健三郎

大江健三郎

2014年8月29日、「自選」を手にする大江健三郎さん=東京都世田谷区、早坂元興撮影

【おおえ・けんざぶろう】 1935年生まれ。作家。58年、『飼育』で芥川賞。67年、『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞。94年、ノーベル文学賞。著書に『取り替え子(チェンジリング)』『水死』『定義集』など。


写真

漱石が生きた「明治の精神」 大江健三郎さんに聞く(2014/04/19)

  100年前の4月20日、朝日新聞紙上で夏目漱石の「こころ」の連載が始まりました。漱石が模索した小説の文体の構築や、考え続けた近代の問題は、現代の日本人にどう響くのでしょうか。ノーベル賞作家の大江健三郎さんが、「時代の精神」という言葉を軸に……[続きを読む]

平和憲法・反原発訴え活動

「9条の精神壊すな」集会で演説

朝日新聞デジタル動画 1記事用
朝日新聞デジタル動画 1記事用

写真

大江健三郎が自選集 短編、戦後の精神表現 3・11後に読み返す(2014/10/01)

  小説を書く習慣に鍛えられた力で、人生の困難を乗り越えてきた――ノーベル賞作家の大江健三郎さん(79)が、3・11後に自作短編を読み返し、23作を選んで手を入れた『大江健三郎自選短篇』(岩波文庫)を刊行した。800ページを超え、自ら「定本」……[続きを読む]

対談でも活躍

関連キーワード

  • 沖縄戦の集団自決(2013年06月21日 朝刊)

    太平洋戦争末期、1945年の沖縄戦で、米軍との地上戦が行われた慶良間諸島や沖縄本島各地で起きた住民の集団死。戦場で住民が持久戦の足手まといになると考えた日本軍は、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓を広め、米軍上陸に備えて手投げ弾を配布。沖縄全域で少なくとも1千人近くが「集団自決」に追い込まれた。座間味島の海上挺身(ていしん)隊戦隊長だった男性らは2005年、住民に「自決」を命じたと大江健三郎さんの著作「沖縄ノート」で書かれ名誉を傷つけられたとして、大江さんと発行元の岩波書店を訴える裁判を起こした。最高裁は11年に原告の上告を退け、軍の関与を認めた大阪高裁判決が確定している。

最新ニュース

大江健三郎さんら脱原発訴え 都内で講演会(2015/03/29)

 東京電力福島第一原発事故から4年たったのを機に、改めて「脱原発」を考えようと、作家の大江健三郎さんらが28日、東京都新宿区で講演会を開いた。大江さんが呼びかけ人の「『さようなら原発』1千万署名 市民[続きを読む]

大江健三郎をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 原発の歩み
  • 『教団X』  
  • 『HIROSHI HARA:WALLPAPERS 空間概念と様相をめぐる〈写経〉の壁紙』
  • 「毎朝6時に起きて、午前中2、3時間、500字詰めの原稿用紙に書く。規則正しい生活だよ」=北京、佐渡多真子氏撮影
  • 『折口信夫』
  • 成田龍一・日本女子大教授=東京都中央区築地、郭允撮影
  • 成田龍一・日本女子大教授
  • 俳人の金子兜太氏(左)と日本文学者のドナルド・キーン氏=いずれも関口聡撮影
  • パン監督の講義を聴く学生たち=奈良市の奈良女子大
  • 受賞者からサインをもらうハンソンさん(右)=4日、ストックホルム、木村俊介撮影
  • 「日本文学全集」について語りあう大江健三郎(左)と池澤夏樹
  • 「日本文学全集」について語りあう大江健三郎(左)と池澤夏樹
  • 磯崎新
  • 阿部和重

注目コンテンツ

  • ショッピング不用品あぶり出しのルール

    机周辺の一等地を片づけろ

  • ブック・アサヒ・コム短編集「突然ノックの音が」

    中東発約40カ国で翻訳

  • 【&M】オーガニックコットンのみ

    パタゴニア製品をプレゼント

  • 【&w】ノルウェーの小さな街を旅し

    KINFOLK

  • Astand将棋電王戦でプロ棋士が逆襲

    前代未聞の椿事で人間側2連勝

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代の映画スターは今

    色あせない銀幕の美女たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ