メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

大江健三郎

大江健三郎

2014年8月29日、「自選」を手にする大江健三郎さん=東京都世田谷区、早坂元興撮影

【おおえ・けんざぶろう】 1935年生まれ。作家。58年、『飼育』で芥川賞。67年、『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞。94年、ノーベル文学賞。著書に『取り替え子(チェンジリング)』『水死』『定義集』など。


写真

漱石が生きた「明治の精神」 大江健三郎さんに聞く(2014/04/19)

  100年前の4月20日、朝日新聞紙上で夏目漱石の「こころ」の連載が始まりました。漱石が模索した小説の文体の構築や、考え続けた近代の問題は、現代の日本人にどう響くのでしょうか。ノーベル賞作家の大江健三郎さんが、「時代の精神」という言葉を軸に……[続きを読む]

平和憲法・反原発訴え活動

「9条の精神壊すな」集会で演説

朝日新聞デジタル動画 1記事用
朝日新聞デジタル動画 1記事用

写真

大江健三郎が自選集 短編、戦後の精神表現 3・11後に読み返す(2014/10/01)

  小説を書く習慣に鍛えられた力で、人生の困難を乗り越えてきた――ノーベル賞作家の大江健三郎さん(79)が、3・11後に自作短編を読み返し、23作を選んで手を入れた『大江健三郎自選短篇』(岩波文庫)を刊行した。800ページを超え、自ら「定本」……[続きを読む]

対談でも活躍

関連キーワード

  • 沖縄戦の集団自決(2013年06月21日 朝刊)

    太平洋戦争末期、1945年の沖縄戦で、米軍との地上戦が行われた慶良間諸島や沖縄本島各地で起きた住民の集団死。戦場で住民が持久戦の足手まといになると考えた日本軍は、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓を広め、米軍上陸に備えて手投げ弾を配布。沖縄全域で少なくとも1千人近くが「集団自決」に追い込まれた。座間味島の海上挺身(ていしん)隊戦隊長だった男性らは2005年、住民に「自決」を命じたと大江健三郎さんの著作「沖縄ノート」で書かれ名誉を傷つけられたとして、大江さんと発行元の岩波書店を訴える裁判を起こした。最高裁は11年に原告の上告を退け、軍の関与を認めた大阪高裁判決が確定している。

最新ニュース

ギュンター・グラスさん=2014年、AP

敗戦70年、往復書簡かなわず ギュンター・グラスさんを悼む 作家・大江健三郎(2015/04/17)

 それぞれの国の敗戦から五十年目のある日、ドイツから往復書簡を呼びかける手紙が届きました。差出人は、私が英訳の『ブリキの太鼓』を読んで、その大きさ・深さに圧倒されていたギュンター・グラス。私が答える勇[続きを読む]

大江健三郎をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • ギュンター・グラスさん=2014年、AP
  • =1999年撮影、AP
  • 「奥平康弘さんの志を受けつぐ会」であいさつをする大江健三郎さん=3日午後、東京都調布市小島町2丁目、山口明夏撮影
  • 「奥平康弘さんの志を受けつぐ会」であいさつをする大江健三郎さん=3日午後、東京都調布市小島町2丁目、山口明夏撮影
  • 沖縄・辺野古への移設作業の即時中止を求める発起人らが思いを訴えた=東京都千代田区の参院議員会館
  • 「本土から声をあげよう」。沖縄・辺野古への移設作業の即時中止を求める発起人らが会見で思いを訴えた=東京都千代田区の参院議員会館、吉浜織恵撮影
  • 原発の歩み
  • 『教団X』  
  • 『HIROSHI HARA:WALLPAPERS 空間概念と様相をめぐる〈写経〉の壁紙』
  • 「毎朝6時に起きて、午前中2、3時間、500字詰めの原稿用紙に書く。規則正しい生活だよ」=北京、佐渡多真子氏撮影

注目コンテンツ

  • ショッピングミラーレスを買うべき理由

    メリットは「いいとこ取り」

  • ブック・アサヒ・コムいま三島由紀夫を考える

    書店員に聞くおすすめの本

  • 【&M】近代建築家が拘った美の形

    名作モダン建築

  • 【&w】声が出ないくらい衝撃的な海

    俳優・賀来賢人さん

  • Astand人口減少社会、真の恐怖

    経済縮小に無為無策な政府

  • 写真

    ハフポスト日本版 世界で最も美しい顔100人

    日本から何人ランクイン?

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ