メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大江健三郎

大江健三郎

2014年8月29日、「自選」を手にする大江健三郎さん=東京都世田谷区、早坂元興撮影

【おおえ・けんざぶろう】 1935年生まれ。作家。58年、『飼育』で芥川賞。67年、『万延元年のフットボール』で谷崎潤一郎賞。94年、ノーベル文学賞。著書に『取り替え子(チェンジリング)』『水死』『定義集』など。

「9条の精神壊すな」集会で演説

【動画】憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する集会が2014年4月8日夜、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開催された。
【動画】集団的自衛権行使容認の阻止をめざす「戦争をさせない1000人委員会」の集会が2014年3月20日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれ、主催者発表で約4千人が参加した

関連キーワード

  • 沖縄戦の集団自決(2013年06月21日 朝刊)

    太平洋戦争末期、1945年の沖縄戦で、米軍との地上戦が行われた慶良間諸島や沖縄本島各地で起きた住民の集団死。戦場で住民が持久戦の足手まといになると考えた日本軍は、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓を広め、米軍上陸に備えて手投げ弾を配布。沖縄全域で少なくとも1千人近くが「集団自決」に追い込まれた。座間味島の海上挺身(ていしん)隊戦隊長だった男性らは2005年、住民に「自決」を命じたと大江健三郎さんの著作「沖縄ノート」で書かれ名誉を傷つけられたとして、大江さんと発行元の岩波書店を訴える裁判を起こした。最高裁は11年に原告の上告を退け、軍の関与を認めた大阪高裁判決が確定している。

最新ニュース

〈ほんやのほん〉純文学小説って何だろう。『ゆらぐ玉の緒』(2017/5/15)

 純文学小説とエンターテインメント小説。 両者の違いについては、近代以降現在に至るまで、いろいろな人がいろいろな事を言っている。芥川賞系と直木賞系という考え方もある。エンターテインメントの方は何となく[続きを読む]

大江健三郎をコトバンクで調べる

写真

  • 撮影/猪俣博史
  • 今も手書き。原稿用紙は学生時代からコクヨの市販品。「名前入りは嫌いです」=郭允撮影
  • 『クラウドガール』『私をくいとめて』
  •   
  • イラスト・甲斐規裕
  • ゲンロンカフェのイベントで語る。ファッションセンスのよさも哲学や読書のイメージを変える。女性の聴衆も多い=東京都品川区
  • 21日に開催された市民読書会講演会に集まった人たち。前列右が山崎さん、後列右から3人目が鈴木さん=越谷市立図書館提供
  • 『晩年様式集(イン・レイト・スタイル)』
  • <a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe54/" class="TextLink"><strong>写真特集はこちら</strong></a>
  • 活動に使う手作りの道具を示しながら、署名1万人突破を語る角田京子さん=日立市
  • グラフィック・甲斐規裕
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】デザイナーからひもとく

    バッグブランドの個性

  • 【&TRAVEL】岩壁教会と宝石の街の魅力

    独イダー・オーバーシュタイン

  • 【&M】子ども記者が軸受生産を取材

    ジェイテクト香川工場〈PR〉

  • 【&w】伝説のファッションショー

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA政治家はなぜ失言するのか

    心理モデルを検証

  • 写真

    ハフポスト日本版 カンヌのセクシードレス

    でも前後ろ逆でした

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ