メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大津地裁

関連キーワード

  • 大津地裁判決(2011年03月07日 朝刊)

    滋賀県が3委員会の行政委員に、勤務日数に関係なく毎月20万円前後の報酬を支給しているのは地方自治法に違反するとして、大津地裁が2009年1月、県に支出差し止めを命じた。翌年4月の大阪高裁判決もほぼ踏襲したが、1カ月あたり平均勤務日数が2・17日では「違没だが、5日弱なら「ただちに違法とは言えない」と指摘した。県側が上告している。

  • 障害者自立支援法をめぐる訴訟(2009年09月13日 朝刊)

    福祉サービスの利用に応じて原則1割の負担を求める障害者自立支援法は、憲法が定める「法の下の平等」に反するなどとして国と地方自治体に負担廃止や損害賠償などを求め、全国の障害者ら30人が08年10月、全国8地裁に一斉提訴。今年4月には第2次提訴があり、現在13地裁で原告63人が争っている。大津地裁では8人の原告が訴えている。

最新ニュース

写真・図版

呼吸器外し殺害、再審決定 12年受刑の元看護助手(2017/12/21)

 滋賀県内の病院で2003年、入院患者の人工呼吸器を外して殺害したとして有罪判決が確定、受刑した元看護助手、西山美香さん(37)が求めた再審について、大阪高裁(後藤真理子裁判長)は20日、請求を棄却し…[続きを読む]

写真

  • 再審開始決定を受け、笑顔を見せる西山美香さん(中央)=20日午後2時6分、大阪市北区、伊藤進之介撮影
  • 再審開始決定を受け、記者会見する西山美香さん(手前)。奥から母親の令子さんと、父親の輝男さん=20日午後2時45分、大阪市北区、伊藤進之介撮影
  • 再審開始決定を受け、記者会見する西山美香さん(手前)。奥から母親の令子さんと、父親の輝男さん=20日午後2時45分、大阪市北区、伊藤進之介撮影
  • 再審開始が決まり大阪高裁前で笑顔を見せる西山美香さん=20日午後2時6分、大阪市北区、伊藤進之介撮影
  • これまでの経緯と今後予想される手続き
  • 伊方原発3号機に運転差し止めの仮処分決定が出され、旗を掲げる弁護士たち=13日午後1時32分、広島市中区、上田幸一撮影
  • 九州電力玄海原発沖に、漁船66隻に乗り込み再稼働に反対する漁師ら約210人が集まった。事故や風評被害への懸念から「漁民をつぶす気か」「安全な海を子孫に残せ」と声を上げた=7月15日、佐賀県玄海町、本社ヘリから、福岡亜純撮影
  • 四国電力伊方原発3号機(手前)と、2号機(左奥)、1号機(右)=15日、愛媛県伊方町、朝日新聞社ヘリから、上田潤撮影
  • 四国電力伊方原発。左下が3号機=伊方町、朝日新聞社ヘリから
  • 3号機(手前)、4号機ともに営業運転に入った関西電力高浜原発=福井県高浜町、大久保直樹撮影
  • 警察官2人が切りつけられた仙台地裁=16日午後0時1分、仙台市青葉区、加藤秀彬撮影
  • 高浜原発の地図
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ