メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

大玉村

最新ニュース

福島)ラジオDJ、新人研修の場 福島のアポロガス(2017/4/6)

 福島市の総合エネルギー供給会社「アポロガス」の新入社員4人が5日から、福島市の地域FM局「エフエム・ポコ」の番組で、新米ディスクジョッキーとして走り始めた。新人研修の一環として話術や企画力の向上を図[続きを読む]

大玉村をコトバンクで調べる

写真

  • 生放送の前に、スタジオで練習をするアポロガスの新入社員と篠木雄司社長(奥)=福島市置賜町
  • 富岡町大玉仮設診療所の閉所式で看板を外す井坂晶医師(右)ら=23日、大玉村玉井
  • 富岡町大玉仮設診療所の閉所式で看板を外す井坂晶医師(右)ら=23日、大玉村玉井
  • 県内の商業地で最も高い地価だった郡山市駅前1丁目周辺
  • 右から、鈴木康弘さん、洋子さん、紙谷瑞恵さん、大悟くん=鈴木さん提供
  • 国道6号沿いの帰還困難区域の警戒に当たる警備員=30日午前、福島県大熊町、関田航撮影
  • 最優秀賞「山の怒り」 寺本勲(熊本市)
  • 「フル-ティアふくしま」出発前に後藤沙千佳さんを囲んでの記念写真=JR福島駅、大関裕美さん提供
  • 「東北フラワージェット」と野口勝宏さん=福島空港
  • 公示地価で住宅地の上昇率1位となった場所=いわき市泉ケ丘1丁目
  • 福島県外に子どもと避難している母親が作ったスライド
  • 復興公営住宅に掲げられた黄色い旗。自治会長の鎌田光利さんが点検した=大玉村
  • 避難先の福島市でインタビューに答える鈴木洋子さんと康弘さん
  • 浪江町の避難者らは健康維持の取り組みとして県内6カ所で月1回、運動の会を開く=2月10日、福島市のコラッセふくしま、茶井祐輝撮影
  • 浪江町の避難者らは健康維持の取り組みとして県内6カ所で月1回、運動の会を開く=2月10日、福島市のコラッセふくしま、茶井祐輝撮影
  • 長靴を投げる子ども。なかなか飛ばず、みんな苦戦した=大玉村ふれあい広場
  • マチュピチュ遺跡の前で調印式をおこなう大玉村の押山利一村長(左)とマチュピチュ村のガヨーソ村長=大玉村提供

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ