メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

最新ニュース

避難の町民支えた大玉仮設診療所が閉所 5年8カ月(2017/3/27)

 福島県富岡町の町民が入居する大玉村の仮設住宅に併設されている大玉仮設診療所が5年8カ月の役目を終えた。23日にあった閉所式では、診療所長の井坂晶さん(76)が住民の避難生活を支えた活動を振り返った。[続きを読む]

大玉村をコトバンクで調べる

写真

  • 富岡町大玉仮設診療所の閉所式で看板を外す井坂晶医師(右)ら=23日、大玉村玉井
  • 富岡町大玉仮設診療所の閉所式で看板を外す井坂晶医師(右)ら=23日、大玉村玉井
  • 県内の商業地で最も高い地価だった郡山市駅前1丁目周辺
  • 右から、鈴木康弘さん、洋子さん、紙谷瑞恵さん、大悟くん=鈴木さん提供
  • 国道6号沿いの帰還困難区域の警戒に当たる警備員=30日午前、福島県大熊町、関田航撮影
  • 最優秀賞「山の怒り」 寺本勲(熊本市)
  • 「フル-ティアふくしま」出発前に後藤沙千佳さんを囲んでの記念写真=JR福島駅、大関裕美さん提供
  • 「東北フラワージェット」と野口勝宏さん=福島空港
  • 公示地価で住宅地の上昇率1位となった場所=いわき市泉ケ丘1丁目
  • 福島県外に子どもと避難している母親が作ったスライド
  • 復興公営住宅に掲げられた黄色い旗。自治会長の鎌田光利さんが点検した=大玉村
  • 避難先の福島市でインタビューに答える鈴木洋子さんと康弘さん
  • 浪江町の避難者らは健康維持の取り組みとして県内6カ所で月1回、運動の会を開く=2月10日、福島市のコラッセふくしま、茶井祐輝撮影
  • 浪江町の避難者らは健康維持の取り組みとして県内6カ所で月1回、運動の会を開く=2月10日、福島市のコラッセふくしま、茶井祐輝撮影
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見えない花粉をキャッチ!

    間違いない空気清浄機選び

  • 【&TRAVEL】次にくるのは狛犬ガール?!

    清冽な水が育んだ絶品ラーメン

  • 【&M】生卵のせカレー味スパゲティ

    上野水香さんのイケ麺

  • 【&w】カウントダウンの夜、書店は

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA科学技術立国と言うけれど

    「科学五輪」運営の危機

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ