メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

関連キーワード

  • セルフうどん(2012年04月21日 朝刊)

    うどんの薬味や天ぷら、おにぎりを客自身が盛りつけるさぬきうどんの食べ方を採り入れたセルフサービスのうどん店。低価格だが味や品質にもこだわったチェーンの出店が全国で相次いでいる。トリドールの推定では、2010年のうどん・そば市場の規模は1兆745億円だが、売上高上位3社のシェアを合わせても1割に届かず、成長の余地がある。

最新ニュース

無人の香住漁港=兵庫県香美町、高橋一徳撮影

(関西食百景)ここだけの話―2月13日配信(2016/02/13)

■(取材余話)焼いても煮ても、から揚げもOK 香住漁港(兵庫県香美町)から北東へ二十数キロ沖の日本海は、闇に包まれ、静寂の世界が広がっていた。底引き網でハタハタを追う第2大和丸(49トン)の操業は夜通[続きを読む]

写真

  • 無人の香住漁港=兵庫県香美町、高橋一徳撮影
  • 湯がいたアカモクを試食する参加者ら=宮津市大島
  • 指導を受けながら野菜を切る生徒たち=天草市倉岳町棚底
  • ラブホテルから模様替えしたホテルを背景に記念撮影する中国人観光客ら=5日午前、愛知県稲沢市、細川卓撮影
  • キスやタチウオなどの天ぷらの振る舞いに、大勢の人たちが列を作った=南あわじ市灘土生
  • ニキビ跡の治療を受ける中国人観光客。通訳も付き添う=5日、東京都中央区の「シロノクリニック銀座」、竹花徹朗撮影
  • 気になる言い伝え
  • 立ち食いは好きですか?<グラフィック:岡山進矢>
  • 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」にはこんなことが載っている
  • 外国人旅行者向けパンフレット「尼崎一家のおもてなし」

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行指示通り色を塗るだけで…

    絵心なくても名画が描ける

  • ブック・アサヒ・コム近代日本の学問の伝統

    言語学者・田中克彦が選ぶ本

  • 【&M】旅先で壊れにくい機械式時計

    「時計のセカイ」広田雅将

  • 【&w】新連載「往復書簡」

    渡辺有子さんと野村友里さん

  • WEBRONZA清原容疑者を責めて何になる

    「罪人」より「病人」…治療を

  • 写真

    ハフポスト日本版 名作の舞台裏

    「2001年宇宙の旅」はこう撮っていた

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載