メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • セルフうどん(2012年04月21日 朝刊)

    うどんの薬味や天ぷら、おにぎりを客自身が盛りつけるさぬきうどんの食べ方を採り入れたセルフサービスのうどん店。低価格だが味や品質にもこだわったチェーンの出店が全国で相次いでいる。トリドールの推定では、2010年のうどん・そば市場の規模は1兆745億円だが、売上高上位3社のシェアを合わせても1割に届かず、成長の余地がある。

  • ホンモロコ(2016年09月09日 朝刊)

    琵琶湖固有種の淡水魚だが、現在は各地の湖沼などで養殖されている。体長は約10センチ。関西ではなじみがあり、天ぷらや甘露煮、南蛮漬けとして人気。県内では年間約20トンが生産され、毎年10〜2月に出荷。県は「彩のもろこ」と名付けてブランド化を推進している。子持ちホンモロコは需要が高く、子持ちシシャモのような食感を楽しむことができる。

  • 大和当帰(2016年03月19日 朝刊)

    当帰はセリ科の多年草で、乾燥させた根は生薬として冷え性、血行障害などに効果があるとされ、漢方薬に配合されている。大和当帰は当帰の種類の一つで、五條市や吉野郡などで栽培されてきた。長年、葉は使われてこなかったが、2012年から葉の有効利用が注目されている。葉は深い緑色で、セロリのような香りが特長。「和ハーブ」として料理のアクセントや香り付けの用途で活用され、天ぷら、お茶、調味料、和洋菓子などが考案されている。

最新ニュース

福岡)ぬか炊き ソースで手軽に 小倉の弁当会社が発売(2016/12/10)

 北九州市小倉北区の弁当会社「丸ふじ」が、小倉を代表する郷土料理、ぬか炊きが簡単に作れる「ぬか炊きソース」を新発売した。ぬか炊きを作るのに欠かせないぬか床を持つ家庭が減る中、「伝統食を多くの人に味わい[続きを読む]

写真

  • ぬか炊きソースを手にする後藤慶子さん=北九州市小倉北区魚町4丁目の丸ふじ旦過市場店
  • みのもんたさん=山本友来撮影
  • 駅前の「黄金ナマズ」のモニュメントと市のキャラ「なまりん」=埼玉県吉川市木売2丁目
  • 駅前の「黄金ナマズ」のモニュメントと市のキャラ「なまりん」=埼玉県吉川市木売2丁目
  • ちゃんこの「横綱」決定
  • 自宅の庭でまき割りをする松沢宗洋さん(右)と妻の寿子さん=長野県小谷村
  • 自宅の庭でまき割りをする松沢宗洋さん(右)と妻の寿子さん=長野県小谷村
  • 「鍋-1グランプリ」の開催を告げるチラシ
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】AFも操作系もパワーアップ

    進化したキヤノンのミラーレス

  • 【&TRAVEL】京の台所でこだわりの逸品

    年の瀬、ゆるり散歩

  • 【&M】女優たちが素顔をさらけ出す

    ピレリ・カレンダー2017

  • 【&w】今、自分の声を鍛えはじめた

    Charaデビュー25年

  • ブック・アサヒ・コム作家・三浦しをんが共感

    女子高校生「父が嫌いです」

  • WEBRONZA小泉進次郎、初めて「挫折」

    農協改革に挑んだ闘いの内幕

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ