メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • セルフうどん(2012年04月21日 朝刊)

    うどんの薬味や天ぷら、おにぎりを客自身が盛りつけるさぬきうどんの食べ方を採り入れたセルフサービスのうどん店。低価格だが味や品質にもこだわったチェーンの出店が全国で相次いでいる。トリドールの推定では、2010年のうどん・そば市場の規模は1兆745億円だが、売上高上位3社のシェアを合わせても1割に届かず、成長の余地がある。

  • ホンモロコ(2016年09月09日 朝刊)

    琵琶湖固有種の淡水魚だが、現在は各地の湖沼などで養殖されている。体長は約10センチ。関西ではなじみがあり、天ぷらや甘露煮、南蛮漬けとして人気。県内では年間約20トンが生産され、毎年10〜2月に出荷。県は「彩のもろこ」と名付けてブランド化を推進している。子持ちホンモロコは需要が高く、子持ちシシャモのような食感を楽しむことができる。

  • 大和当帰(2016年03月19日 朝刊)

    当帰はセリ科の多年草で、乾燥させた根は生薬として冷え性、血行障害などに効果があるとされ、漢方薬に配合されている。大和当帰は当帰の種類の一つで、五條市や吉野郡などで栽培されてきた。長年、葉は使われてこなかったが、2012年から葉の有効利用が注目されている。葉は深い緑色で、セロリのような香りが特長。「和ハーブ」として料理のアクセントや香り付けの用途で活用され、天ぷら、お茶、調味料、和洋菓子などが考案されている。

最新ニュース

諒設計アーキテクトラーニングスクールは「日本茶セレクターW資格取得講座」通信講座を新規開講しました。(2017/5/22)

リリース発行企業:株式会社新生技術開発研究所日本茶文化を学び、最短2ヶ月で2資格取得が目指せます。株式会社新生技術開発研究所が運営する諒設計アーキテクトラーニングスクールが通信教育「日本茶セレクターW[続きを読む]

写真

  • TBS系「がっちりマンデー!!」司会の加藤浩次(右)と進藤晶子  
  • ずらりと並んだ世界のカップヌードル。80カ国以上で売られている=大阪府池田市
  • 花森安治(右下)が編集した初号から第2世紀53号まで153冊の「暮しの手帖」。花森は表紙のデザインも手がけた
  • 運行が始まった薬草列車
  • 有馬温泉で但馬牛に舌鼓
  • かまどに火をおこし、朝食用の茶がゆを準備するヒロユキさん(左)とマキコさん=和歌山県古座川町
  • 勤めていたころの藤田洋子さん=本人提供
  • サワラ料理の実演をするオーナーシェフ=姫路市白浜町
  • お気に入りのイラスト入り印鑑と小野洋平さん。右から4本が名車印鑑、オカザえもん印鑑、ネコ印鑑など=愛知県岡崎市康生通東1丁目の小野印房
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】デザイナーからひもとく

    バッグブランドの個性

  • 【&TRAVEL】岩壁教会と宝石の街の魅力

    独イダー・オーバーシュタイン

  • 【&M】子ども記者が軸受生産を取材

    ジェイテクト香川工場〈PR〉

  • 【&w】伝説のファッションショー

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA政治家はなぜ失言するのか

    心理モデルを検証

  • 写真

    ハフポスト日本版 カンヌのセクシードレス

    でも前後ろ逆でした

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ