メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

太平洋戦争

関連キーワード

  • 太平洋戦争(2015年12月08日 朝刊)

    1941年12月8日〜45年8月15日、日本軍と米英などの連合国軍の間で繰り広げられた。日本軍による真珠湾(米ハワイ)への奇襲攻撃で始まり、無条件降伏などを求める「ポツダム宣言」を受諾して終わった。太平洋戦争は米国が名づけたもので、日本国内では中国との戦争も含めて「大東亜戦争」とされた。厚生労働省によると、37年に始まった日中戦争以降で約230万人の日本の軍人・軍属、約80万人の民間人が亡くなった。

  • 太平洋戦争とキスカ島(2009年03月13日 夕刊)

    太平洋戦争が開戦した翌年の1942年6月、日本は米アラスカ州・アリューシャン列島に艦隊を進め、アッツ島とキスカ島を攻略・占領した。同時に始めたミッドウェー作戦から米側の注意をそらしたり、日本本土空襲への足場を奪ったりすることが目的だったとされる。日本軍上陸に対し、米軍は猛反撃し、43年5月、日本軍はアッツ島で壊滅。同7月には、キスカ島からも撤退を余儀なくされた。

  • 太平洋戦争とフィリピン(2015年08月05日 朝刊)

    日本軍は真珠湾攻撃後の1941年12月、資源などを日本に運ぶ海上輸送路を確保する狙いでマニラに侵攻、翌年4月にはマニラ西方のバターン半島も陥落させた。多くの米比軍の兵士らを捕虜収容所まで長時間歩かせた行為は「バターン死の行進」と呼ばれ、国際的な批判を受けた。奪還を目指す米軍は44年10月、レイテ島に上陸。45年2月にはマニラに攻め入り、日本軍と大規模な市街戦となった。日本軍は6月までに各地の主力部隊が壊滅した。フィリピンでの日本人戦没者の総数は約52万人に及ぶ。

最新ニュース

五輪会場近く、今も戦時下の現実 池上彰さんが見た韓国(2017/6/27)

 来年に韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックに向け、ジャーナリストの池上彰さんが韓国を取材するシリーズの第2回。氷上競技が開かれる江陵(カンヌン)市にある統一公園を訪れ、「朝鮮戦[続きを読む]

太平洋戦争をコトバンクで調べる

写真

  • 平昌の街を見つめる池上さん。向こう側に開閉会式場の建設現場が見える。五輪では、この平昌で主に雪上競技、江陵で氷上競技が行われる
  • 平昌の街を見つめる池上さん。向こう側に開閉会式場の建設現場が見える。五輪では、この平昌で主に雪上競技、江陵で氷上競技が行われる
  • 返還された日章旗を手にする田中新三さんの遺族や門川大作市長ら=京都市役所
  • 永井敬司さん
  • 須崎市の沿岸部に残るトーチカ=福井康人さん提供
  • 沖縄に向かって黙とうする学生ら=津山市北園町
  • 「平和の礎」に刻まれた名前に向かい手を合わせる遺族=23日午前7時6分、沖縄県糸満市の平和祈念公園、小宮路勝撮影
  • 避難先から米軍車両で村に帰る女性や子どもたち。沖縄戦「終結」後の写真とみられる(1945年、米軍撮影)
  • 一人芝居を演じる比嘉秀子さん=札幌市北区
  • 皇太子さま
  • 空襲体験者の物語を朗読する奥野晃士さん=静岡市葵区の静岡平和資料センター
  • 江戸の風情を伝える白壁などで知られる広島県旧上下町(現・府中市)の街並み
  • 河上肇
  • 米兵の少女暴行事件で、米国大使に抗議した後、記者団に囲まれる大田昌秀・沖縄県知事(当時)=1995年9月、東京・赤坂の米国大使館前
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ