メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

奈良時代

関連キーワード

  • 興福寺(2015年12月19日 朝刊)

    669年、藤原鎌足夫人の鏡女王(かがみのおおきみ)が今の京都府南部に建てた山階寺が起源とされる。平城遷都とともに藤原不比等(ふひと)が今の場所に建てた。奈良時代に伽藍(がらん)がほぼ完成=図。南円堂は813年にできた。その後、規模を広げ、最盛期は170あまりの建物があったといわれる。幾度も火災に遭い、再建を繰り返した。1998年に境内の整備構想をまとめ、本格的な調査に着手。中金堂は3年後の完成に向けて再建が進む。

  • 三彩(2013年06月18日 夕刊)

    緑色や褐色など3種類のうわぐすりをかけて彩色を施した陶器。中国の唐代に作られた「唐三彩」が有名。器や人物、動物などがあり、墓の副葬品に使われることが多い。唐に先立つ北斉の鉛釉陶器がルーツとされ、北方の遊牧騎馬民族がシルクロードを通じて西域の文化をとり入れ、漢民族の文化と融合させたとの見方もある。日本では奈良時代に唐三彩をまねた「奈良三彩」が作られた。

  • 磨崖仏(2009年02月01日 朝刊)

    自然の巨石や岩壁に彫刻した仏像で石仏の一種。日本では、平安、鎌倉時代の作が多くみられる。奈良時代から造られていたとする説もあり、滋賀県の狛坂(こまさか)磨崖仏などはその一つと伝わるが、制作年ははっきりしていない。国宝の「臼杵磨崖仏」など指定文化財になっているものの多くは、大分県に集中している。

最新ニュース

写真・図版

成人式、奈良・平安へタイムスリップ 国学院大で儀礼(2018/1/20)

 国学院大渋谷キャンパスで20日、奈良・平安時代の成人儀礼「成人加冠式」が行われた。色鮮やかな衣装をまとった学生たちが学内にある神殿を参拝し、保護者や教職員、友人らから祝福された。国内の大学で、神式の…[続きを読む]

奈良時代をコトバンクで調べる

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】シチューや煮物は放置で作る

    自動調理鍋が人気!

  • 写真

    【&TRAVEL】5組10名様に鑑賞券

    プラド美術館展

  • 写真

    【&M】ルーツは葛飾北斎!?

    写真模型「フォトモ」の世界

  • 写真

    【&w】鶏の素揚げと長野ワイン

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム21世紀の福沢諭吉像

    「色あせない像を示したい」

  • 写真

    WEBRONZA城田優、sexyなギャング役

    『ブロードウェイと銃弾』

  • 写真

    アエラスタイルマガジンポルシェのあのモデルが復活

    半世紀の時を経てファンを魅了

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    「ENEKO Tokyo」

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ