メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

奈良時代

関連キーワード

  • 興福寺(2015年12月19日 朝刊)

    669年、藤原鎌足夫人の鏡女王(かがみのおおきみ)が今の京都府南部に建てた山階寺が起源とされる。平城遷都とともに藤原不比等(ふひと)が今の場所に建てた。奈良時代に伽藍(がらん)がほぼ完成=図。南円堂は813年にできた。その後、規模を広げ、最盛期は170あまりの建物があったといわれる。幾度も火災に遭い、再建を繰り返した。1998年に境内の整備構想をまとめ、本格的な調査に着手。中金堂は3年後の完成に向けて再建が進む。

  • 三彩(2013年06月18日 夕刊)

    緑色や褐色など3種類のうわぐすりをかけて彩色を施した陶器。中国の唐代に作られた「唐三彩」が有名。器や人物、動物などがあり、墓の副葬品に使われることが多い。唐に先立つ北斉の鉛釉陶器がルーツとされ、北方の遊牧騎馬民族がシルクロードを通じて西域の文化をとり入れ、漢民族の文化と融合させたとの見方もある。日本では奈良時代に唐三彩をまねた「奈良三彩」が作られた。

  • 磨崖仏(2009年02月01日 朝刊)

    自然の巨石や岩壁に彫刻した仏像で石仏の一種。日本では、平安、鎌倉時代の作が多くみられる。奈良時代から造られていたとする説もあり、滋賀県の狛坂(こまさか)磨崖仏などはその一つと伝わるが、制作年ははっきりしていない。国宝の「臼杵磨崖仏」など指定文化財になっているものの多くは、大分県に集中している。

最新ニュース

写真・図版

徳島)古墳前期の土器250個以上 石井の遺跡で説明会(2017/11/19)

 石井町教育委員会は18日、同町石井の井ノ元遺跡で現地説明会を開いた。県内で初めて古墳時代前期(4世紀)の土器が250個以上まとまって出土し、このうち祭祀(さいし)で使われる土器が約7割を占めていると…[続きを読む]

写真

  • 土器がまとまって出土した遺跡で町教委職員の説明を受ける参加者=石井町石井
  • 資料集を手にする上村俊邦さん=郡上市白鳥町
  • グラフィック・宮嶋章文
  • 「復元された声明に触れてほしい」と話す大山寺支院・圓流院の大館宏雄住職=米子市役所
  • 国分寺や地元の魅力を語る各首長ら=伊賀市西明寺
  • 保立道久さん=山本和生撮影
  • 時代区分(古墳から明治以前)
  • 朝から!ドラえもん (C)Fujiko-Pro
  • 子どもたちが奈良時代の衣装を着て公園内を練り歩いた=高松市
  • 婚約内定の会見を行う眞子さま(右)
  • 行幸行列では鈴木ちなみさんが元正天皇に扮した=養老町養老公園
  • グラフィック・竹内修一
  • 婚約内定の会見を行う眞子さま(右)
  • 上野三碑のレプリカ前で、登録を祝うパネルに花飾りを付ける小学生たち=JR高崎駅
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】快適な機内、驚きの静けさ

    ゆとりある空旅へ〈PR〉

  • 写真

    【&M】ラーメンはどこがおいしい?

    臼田あさ美さん迷わず「ここ」

  • 写真

    【&w】オープンしたての旬の店

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZAみんなが嫌いな検査・評価

    常態化する検査不正の背景

  • 写真

    アエラスタイルマガジン靴と鞄は、大人の装いの要諦

    ピエール アルディの靴と鞄

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ