メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 医学生奨学金制度(2013年03月21日 朝刊)

    都道府県や市町村などが地域の医師を確保するため、医学生に授業料などを貸す制度。「月20万円で6年間貸与」が平均的で、私立大の入学金用に数百万円の一時金を貸す場合がある。ほぼすべての制度に返済免除の規定があり、「貸与と同等の期間」などと、地元病院への勤務を義務づけている。

  • 奨学金制度(2009年05月29日 朝刊)

    地方の医師不足解消の手だてとして、地方病院での一定期間の勤務を条件に財政支援する制度。道内では大学に加え、道や市町村での導入が増えている。対象は研修医だけではなく、医学生や大学院生を含めるところも多い。士別市の制度は研修医に月額25万円、医学生に同30万円を最大2人まで貸し出すが、奨学金を支給されたのと同じ期間、同市立病院に勤務すれば、返済は免除される。ただ、医学生に同20万円を貸し出すとした檜山支庁せたな町のように、制度を設けたものの、貸し出し実績がない自治体もある。

  • 日本学生支援機構の奨学金(2014年11月13日 朝刊)

    貸与型で、無利子の第1種と利子が付く第2種がある。1種と2種を合わせて2013年度の貸与者数は約134万人。13年度の場合、大学生の約2・6人に1人が機構の「奨学生」だった計算になる。就職状況の悪化などで返還の滞納が問題化したことから、回収策が強化される一方、年収に応じて返還額を変える仕組みなど、救済策の検討・導入も進められている。

最新ニュース

中国で着ていた国民服を見せながら講演する中島幼八さん

養母への感謝と平和語る(2016/09/23)

◆岐阜 残留孤児体験者が講演 終戦後、残留孤児として約13年間、中国で過ごした経験を持つ中島幼八さん(74)=東京都世田谷区=が22日、岐阜市内で講演した。中国人養母への感謝や平和への思いに、集まった[続きを読む]

奨学金をコトバンクで調べる

写真

  • 中国で着ていた国民服を見せながら講演する中島幼八さん
  • 「子どもたちは未来のように笑う」=photo by bozzo
  • 元在校生が受け取った2011年7月のスクーリング予定。同行者や緊急連絡先は「馬場」となっており、学校滞在時間は2時間に満たない(画像の一部を修整しています)
  • 馬場正彦容疑者
  • 松島靖朗さん
  • インタビューに答える自民党の茂木敏充政調会長=14日午後、東京・永田町の党本部、飯塚晋一撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】その場で記録、後で解析!

    GPS搭載のゴルフウォッチ

  • 【&TRAVEL】世界の美女に東京で会えた

    ツーリズムEXPOギャラリー

  • 【&M】女子アスリート応援団

    ソフトテニスに魅せられて

  • 【&w】料理の味を引き出すパン

    このパンがすごい!

  • ブック・アサヒ・コム山本一力が悩みに回答

    「保育士資格を取るべきか…」

  • WEBRONZA“貧困女子高生”バッシング

    生活保護から考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 巨大ダコと戯れる美女

    「触手大好き」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ