メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 医学生奨学金制度(2013年03月21日 朝刊)

    都道府県や市町村などが地域の医師を確保するため、医学生に授業料などを貸す制度。「月20万円で6年間貸与」が平均的で、私立大の入学金用に数百万円の一時金を貸す場合がある。ほぼすべての制度に返済免除の規定があり、「貸与と同等の期間」などと、地元病院への勤務を義務づけている。

  • 奨学金制度(2009年05月29日 朝刊)

    地方の医師不足解消の手だてとして、地方病院での一定期間の勤務を条件に財政支援する制度。道内では大学に加え、道や市町村での導入が増えている。対象は研修医だけではなく、医学生や大学院生を含めるところも多い。士別市の制度は研修医に月額25万円、医学生に同30万円を最大2人まで貸し出すが、奨学金を支給されたのと同じ期間、同市立病院に勤務すれば、返済は免除される。ただ、医学生に同20万円を貸し出すとした檜山支庁せたな町のように、制度を設けたものの、貸し出し実績がない自治体もある。

  • 日本学生支援機構の奨学金(2014年11月13日 朝刊)

    貸与型で、無利子の第1種と利子が付く第2種がある。1種と2種を合わせて2013年度の貸与者数は約134万人。13年度の場合、大学生の約2・6人に1人が機構の「奨学生」だった計算になる。就職状況の悪化などで返還の滞納が問題化したことから、回収策が強化される一方、年収に応じて返還額を変える仕組みなど、救済策の検討・導入も進められている。

最新ニュース

角田市長選候補者 木村伸一氏

角田市長選、候補者の横顔(2016/07/26)

(届け出順)  ■「道の駅」建設の是非、最大の争点に 木村伸一(きむらしんいち)氏 (63) 無・新 「考えよう『道の駅』」と訴え、建設の是非を最大の争点に据える。「今回は単なる市長選でなく、いわば『[続きを読む]

写真

  • 角田市長選候補者 木村伸一氏
  • 都知事選候補者の演説を聞く人たち=24日、東京都内、角野貴之撮影
  • 常盤豊・文科省高等教育局長
  • 児童福祉法が定める支援対象年齢
  • 荒井菜緒さん
  • 期日前投票所で立会人を務める平野繭子さん(左)=23日、東京都練馬区、杉山麻里子撮影
  • 昨年11月のチャリティーマッチで対決した錦織(左)と国枝
  • 昨年11月のチャリティーマッチで対決した錦織と国枝
  • 「結婚して、温かい家庭を作るのが今の夢です」と話す杉谷うたかさん=大阪市、堀内義晃撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ポップな手染め麻の絵ふきん

    「日本代表」いい仕事品

  • 【&TRAVEL】食&スパで極楽プーケット旅

    「世界美食紀行」タイ編

  • 【&M】京都・ぎをん「浜作」の逸品

    ご飯が進む「ちりめん山椒」

  • 【&w】夏の原風景、『金魚ノ歌』

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZAヘリマネは現代の「徳政令」

    政府が自らの債務棒引き→救済

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ