メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

女性都議へのヤジ問題

これまでの流れや各方面の反応などを図や関係記事でまとめました。

  • 音声分析で聞かれたヤジ声

都議会、ヤジ再調査へ 全会派が所属議員に聞き取り(07/08)

 東京都議会で、みんなの党の塩村文夏(あやか)都議(36)が女性蔑視のヤジを受けた問題で、都議会は8日、各会派が複数のヤジの発言者を調査する方針を決めた。議会運営委員会幹部の自民、公明、共産が集まり、全会派が所属議員に聞き取り調査することを決めた。自民はこれまで、鈴木章浩都議(51)=自民会派を離脱=の「早く結婚した方がいい」とのヤジ以外は確認できないとしてきた。 …[続きを読む]

コラージュ

「都議会ヤジ」職場にも 「企業によっては一発アウト」(07/04)

 「早く結婚したほうがいい」「自分が産んでから」――。大きな波紋を広げる東京都議会でのヤジは、職場でも間違いなくセクハラにあたる。だが、結婚や出産に関する不用意な発言などは、働く場でも珍しくない。もはや「うっかり」では済まされない。
「女性議員を増やす」「有権者の意識を変える」。女性を蔑視するヤジが飛び出すような社会を変えるアイデアが、ホワイトボードに貼られていった。…[続きを読む]

国会でも女性蔑視ヤジ

「がんばれよ」「動揺しちゃったじゃねえか」発言は民主・山下太郎都議(06/29)

 東京都議会で塩村文夏都議(35)が「早く結婚した方がいい」とヤジを浴びた問題で、複数続いたヤジのうち「がんばれよ」の声は民主の山下太郎都議(41)が発していたことが28日分かった。山下都議は「自民のヤジ攻めにあっていると思い、応援した」と説明している。 …[続きを読む]

記者団の取材に応じる塩村文夏都議=19日

【音声ファイルあり】
複数都議がヤジ 議場の音声分析「自分が産んでから」も
(06/28)

 東京都議会で晩婚化対策を質問した塩村文夏都議が女性蔑視のヤジを浴びた問題で、複数の議員が立て続けにヤジを飛ばしていたことが分かった。都議会は発言者の特定を1人にとどめて幕引きを図ろうとしているが、事実解明は避けられなくなった。 …[続きを読む]

塩村文夏都議(左)に謝罪する鈴木章浩都議

【動画あり】
自民・鈴木章浩都議、塩村氏にヤジを謝罪 辞職はせず
(06/23)

 東京都議会で晩婚化対策を質問していた塩村文夏(あやか)都議(35)が「早く結婚した方がいい」とヤジを浴びた問題で、自民党の鈴木章浩都議(51)が23日、会見し、発言を認め謝罪した。自民会派をこの日離脱したが、議員辞職はしない考えを示した。 …[続きを読む]

最新ニュース

[39]戦後72年。沖縄慰霊の日の埋まらない溝(2017/7/3)

6月20日(火) 昨夜のNHK『クローズアップ現代+』で、加計学園問題に関する萩生田光一官房副長官発言の文科省内部報告文書の存在が新たに明らかになったという報道があった。僕は見ていなかった(那覇へ向か[続きを読む]

※このツイートは、Twitter社の提供するTwitterAPIを利用して自動的に表示しています。朝日新聞社は、ツイートによる情報によって生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いません。なお、外部サイトへのリンク表示も含まれます。最新ブラウザの使用をおすすめします。お使いのブラウザによっては正しく表示されない場合があります。

写真

  • インタビューに答える塩村文夏氏

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ