メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

学校給食

関連キーワード

  • 学校給食(2016年11月03日 朝刊)

    文科省などによると、1889(明治22)年に山形県の小学校で始まったとされる。1954年に学校給食法が成立し、今では全国の小学校の99%、中学校の88%で実施されているが、学校や、公立学校を設置する自治体に実施義務はない。給食の回数も国としての決まりはなく、学校行事などとの関連で有無を判断できる。全国の公立小学校の平均は年191回という。調理する建物や人件費は自治体が負担し、保護者が支払う給食費で食材を賄うのが一般的だ。

  • 横浜市学校給食(2010年11月30日 朝刊)

    市内の小学校・特別支援学校に安全で安心な食材を安定的に供給するため戦後に設立。1955年に財団法人化された。10年度は354校に190回、必要な食材をまとめて調達し、納入業者から直接配送させる。3月末現在、役員22人、職員20人。役員1人を含め8人が市出向、残りの役員・職員は市OB。年間の食材購入費は約85億円。

  • 県内の公立中学校給食(2014年05月03日 朝刊)

    県のまとめでは、2012年5月現在、完全給食を実施している県内の公立中の割合は25.1%、生徒数では17.9%。指定市以外の30市町村のうち、実施は16市町村にとどまる。一方、文部科学省によると、同じ時点で全国の公立中の83.8%が実施している。学校給食法は「義務教育学校の設置者は、給食が実施されるように努めなければならない」と定める。にもかかわらず県内で普及しなかった理由として、各教委には「人口急増期に相次いで校舎が建設されたが、給食施設まで手が回らなかった」との見方がある。

最新ニュース

7月6日は「ナンの日」!カレーだけじゃない!お店で!家庭で!進むナンの多国籍化 満員御礼!『ナン料理講習会』が好評(2017/6/20)

この度、家庭用の「ナン」を製造・販売する株式会社ジェーシー・コムサ(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:大河原 愛子)は、7月6日「ナンの日」に向けて、江上料理学院(東京都新宿区)の「ナン料理講習会」[続きを読む]

写真

  • 学校給食にまつわる動き
  • 学校給食にまつわる動き
  • 公開討論会で握手する、左から吉田雄人、上地克明、林伸明の3氏=15日夜、横須賀市
  • 1964年東京五輪の選手村の食堂。3千人収容だった
  • リオデジャネイロ五輪の選手村内に設置された食堂
  • 大鍋で調理された豆腐スープ。午前8時前から仕込みが始まり、10時半ごろ作り終える=国見町の給食センター
  • 「クールシェアくまがや」公式飲料の麦茶と、給食で出される麦茶を使った蒸しパン=熊谷市役所
  • 代表取締役の柘植千佳さん
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホでは撮れない世界へ!

    今欲しいデジタル一眼

  • 写真

    【&TRAVEL】梅雨時にこそ、読みたい

    絵本のぼうけん

  • 写真

    【&M】深田恭子がカフェ店員に

    「夏は海に行けたらいいな」

  • 写真

    【&w】表情美人を目指す〈PR〉

    資生堂 表情プロジェクト

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム生まれ変わり続ける女性の話

    「小説巧者」佐藤正午の新刊

  • 写真

    WEBRONZA前川氏「出会い系バー調査」

    貧困知る手法として適当か

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ