メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

学校給食

関連キーワード

  • 学校給食(2016年11月03日 朝刊)

    文科省などによると、1889(明治22)年に山形県の小学校で始まったとされる。1954年に学校給食法が成立し、今では全国の小学校の99%、中学校の88%で実施されているが、学校や、公立学校を設置する自治体に実施義務はない。給食の回数も国としての決まりはなく、学校行事などとの関連で有無を判断できる。全国の公立小学校の平均は年191回という。調理する建物や人件費は自治体が負担し、保護者が支払う給食費で食材を賄うのが一般的だ。

  • 横浜市学校給食(2010年11月30日 朝刊)

    市内の小学校・特別支援学校に安全で安心な食材を安定的に供給するため戦後に設立。1955年に財団法人化された。10年度は354校に190回、必要な食材をまとめて調達し、納入業者から直接配送させる。3月末現在、役員22人、職員20人。役員1人を含め8人が市出向、残りの役員・職員は市OB。年間の食材購入費は約85億円。

  • 県内の公立中学校給食(2014年05月03日 朝刊)

    県のまとめでは、2012年5月現在、完全給食を実施している県内の公立中の割合は25.1%、生徒数では17.9%。指定市以外の30市町村のうち、実施は16市町村にとどまる。一方、文部科学省によると、同じ時点で全国の公立中の83.8%が実施している。学校給食法は「義務教育学校の設置者は、給食が実施されるように努めなければならない」と定める。にもかかわらず県内で普及しなかった理由として、各教委には「人口急増期に相次いで校舎が建設されたが、給食施設まで手が回らなかった」との見方がある。

最新ニュース

「#WFP給食の思い出」SNS投稿で学校給食を届けよう! つるの剛士さんやふなっしーさんなど、多くの著名人が応援!/世界食料デーキャンペーン2017(2017/9/25)

リリース発行企業:国連WFPつなげよう!一杯の給食、いっぱいの夢 期間:2017年10月1日~12月31日国連WFPは「世界食料デー(10月16日)」に合わせ、10月1日…[続きを読む]

写真

  • 選を喜ぶ田村正彦氏(左)=八幡平市
  • 市民らに民族舞踊を披露するミャンマー人留学生=鶴ケ島市三ツ木
  • 1クラス分のおかずの残り。この日、残さず食べたのは3人だけだった=大磯町立国府中学校PTA提供
  • <ごはんも…> ある日の給食の食べ残し。おかずと別の箱にはいっているごはんに、ほとんど手をつけなかった生徒も=大磯町立国府中学校PTA提供
  • 1クラス分のおかずの残り。この日、残さず食べたのは3人だけだった(大磯町立国府中学校PTA提供)
  • 県内の生乳生産量の推移
  • あるクラスの給食おかずの食べ残し。完食は1人だけだった(大磯町立国府中PTA提供)
  • 地元の食材を使った豪華な給食に、児童たちが舌鼓を打った=舟形町立舟形小学校
  • ドライカレーを食べる児童=鳥取市八坂
  • 全国の防災食育センター
  • 全国の防災食育センター
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ