メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 宇宙空間での日本の安保政策(2014年10月22日 朝刊)

    1969年の国会決議で宇宙の平和利用を定め、自衛隊の衛星利用などを制限してきたが、08年の宇宙基本法制定で安全保障分野に道を開いた。今月8日に発表されたガイドラインの中間報告では、宇宙空間の安定・安全の強化をうたった。

  • KSAT(2010年05月22日 朝刊)

    ジュラルミン製で、10センチ四方の大気水蒸気観測衛星。鹿児島大の西尾正則教授が2005年に発案。県内の中小企業が設計から組み立てまでを担い、外側の容器部分をつくり、同大の学生らが内部の基板をつくった。外壁の太陽電池パネルを動力源に、高度約300キロの宇宙空間から地球に向けて電波を発信、地上で受信して大気中の水蒸気の量を調べる。

  • FITSAT—1(2013年01月27日 朝刊)

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)の公募で選ばれた人工衛星の一つで、福岡工業大の研究チームが作った。教授2人と学生11人が実験を担当。昨年10月に宇宙空間に放出された後、高速通信と、機体のLEDをモールス信号の間隔で点滅させて地上にメッセージを送ることに成功した。寿命は当初、放出後100日程度とされていたが、今も機能しており、しばらくは宇宙に存在できる、とみられている。

最新ニュース

人工呼吸器の宇宙電送実験が成功(2017/1/18)

2017年1月18日独立行政法人国立病院機構国立病院機構小児科医が開発した3Dプリント可能な人工呼吸器を国際宇宙ステーションへ電子メールで転送する世界初の実験が成功しました。群馬県渋川市の国立病院機構[続きを読む]

宇宙空間をコトバンクで調べる

写真

  • 自作の人工衛星との通信に成功し、歓声を上げる学生たち=筑波大
  • 放出の瞬間、拍手して喜ぶ中島田鉄工所の社員ら=福岡県広川町、小林舞子撮影
  • SS520と他のロケットのサイズ比較
  • SS520と他のロケットのサイズ比較
  • 鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型ロケット。その後、打ち上げ失敗が発表された=JAXA提供
  • SS520と他のロケットの大きさを比較
  • エンジニアの大塚聡子さん。「宇宙開発は新しいプレーヤーも加わり、これからが楽しい時代」と話す=佐藤正人撮影
  • 打ち上げられる予定だった小型ロケット(JAXA提供)
  • 岡山大がイネの実験をした国際宇宙ステーション=NASA提供
  •   
  • 映画『パッセンジャー』は2017年3月24日公開
  • 探査衛星を載せて上昇するイプシロン2号機=20日午後8時、鹿児島県肝付町
  • 探査衛星を載せて上昇するイプシロン2号機=20日午後8時0分、鹿児島県肝付町、福岡亜純撮影
  • イプシロン2号機が打ち上がり、地上には白い煙が残った=20日午後8時3分、鹿児島県肝付町、福岡亜純撮影
  • 整備棟から発射場所に移動するイプシロンロケット2号機=20日午後5時14分、鹿児島県肝付町、福岡亜純撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】遊びも仕事も!

    極薄winタブレット

  • 【&TRAVEL】週末は房総でSLを見よう

    館山―勝浦間

  • 【&M】写真特集・東京オートサロン

    新車・旧車・改造車がずらり

  • 【&w】2017年の縁起物はばのり

    クリトモのさかな道

  • ブック・アサヒ・コム首相の真珠湾訪問を読み解く

    戦争を問い続ける出発点に

  • WEBRONZA女子大進学はメリット大きい

    男性が少ない分野で長く働ける

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ