メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

守秘義務

関連キーワード

  • 裁判員の守秘義務(2009年09月09日 夕刊)

    裁判員法は、非公開で結論を話し合う評議の場で出た意見や、評決での多数決の人数、裁判の記録から知った事件関係者のプライバシーといった秘密を漏らすことを禁じている。評議の場で裁判官や裁判員が自由な意見を言えるようにするためで裁判が終わった後も課される。違反した場合、6カ月以下の懲役か50万円以下の罰金。公開の法廷で見聞きしたことや、裁判員を務めた経験や感想を話すことはできる。

  • 国家公務員法の守秘義務違反(2010年12月23日 朝刊)

    「職務上知ることのできた秘密」について、在職中だけでなく、退職後も漏らすことを禁じている。最高裁の判例は「秘密」を(1)公には知られていない事実で(2)実質的にも秘密として保護するに値するもの——と定義し、判断は裁判所がするとしている。官公庁が形式的に「秘密」と指定したかどうかは直接関係ないとされる。罰則は1年以下の懲役か50万円以下の罰金。地方公務員法にも同様の規定がある。

  • 評議(2010年03月14日 朝刊)

    被告の起訴内容について検察官と弁護士が法廷で主張を出し終えた後、裁判員は裁判官とともに被告が有罪か、無罪かを判断し、有罪の場合、どれくらいの刑がふさわしいかを決めるための話し合いをする。16日から始まる裁判員裁判では3日間にわたり、計約13時間が予定されている。裁判員には厳しい守秘義務が課されており、評議の内容は家族にも話すことができない。

最新ニュース

写真・図版

認知症の診察結果、警察が提供要請 福岡の病院へ(2018/2/20)

 高齢運転者による事故を抑止しようと、南署は19日、運転免許証を持ちながら認知症などと診断された患者の診察結果を警察に提供するよう、福岡赤十字病院(福岡市南区)に協力を要請した。 道路交通法の改正で、…[続きを読む]

写真

  • 高齢者事故防止に向けた協力を求め、固く握手を交わす尾上芳信署長(左)と寺坂禮治院長=福岡市南区
  •  ニューヨーク大学の3Dプリンティングセンター「ラガーディア・スタジオ」で、2017年11月13日につくられた同大学ランゴーン医療センターの管理責任者レスリー・バーンスタインの見本用マスク=Vincent Tullo/(C)2017 The New York Times。こうした精巧なマスクが、顔面移植のドナー(提供者)の遺族が抱く抵抗感を和らげ、移植のスムーズな実施につながることを専門医は期待している
  • 生前のチャーリーちゃん。2009年、生後1カ月で睡眠中に亡くなった(ボルティモア市の啓発ビデオから)
  • 生前のチャーリーちゃん。2009年、生後1カ月で睡眠中に亡くなった(ボルティモア市の啓発ビデオから)
  • 子どもの死を多職種の専門家が分析する米ボルティモア市のCDRの会議(通常は非公開だが、特別な許可を得て撮影)
  • 米ニューヨークで9日、トランプ・インターナショナル・ホテルの外で、セクハラに抗議する「#Me Too(私も)」と書かれたカードを掲げる女性=AFP時事
  • NYTのメーガン・トゥーイー記者
  • 鹿島の本社に入る東京地検の係官ら=18日午前9時16分、東京都港区元赤坂1丁目、越田省吾撮影
  • 民生委員の活動ややりがいについて話す橋本和子さん=広島市中区
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ