メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

安保理決議

関連キーワード

  • 安保理決議1695と1718(2009年04月06日 朝刊)

    決議1695は北朝鮮が06年7月5日に行ったテポドン2など7発のミサイル発射を受け、決議1718は同年10月9日の核実験を受け、いずれも国連安保理で全会一致で採択された。「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動の停止」(1695)、「いかなる核実験または弾道ミサイルの発射もこれ以上実施しないこと」(1718)などを北朝鮮に求めた。1718は北朝鮮へのぜいたく品の禁輸などの制裁措置も盛り込んだ。

  • 国連安保理決議と議長声明(2009年05月26日 夕刊)

    国連安保理は、北朝鮮による06年7月のテポドン2など7発のミサイル発射に対し決議1695を、同年10月の核実験実施には決議1718をいずれも全会一致で採択した。決議1718は国連憲章第7章に基づく法的拘束力を持つ。一方、今年4月のミサイル発射に対しては、人工衛星かミサイルかにかかわらずミサイル関連活動の停止を求めた過去の決議に違反したとして北朝鮮を非難する議長声明を採択した。

  • 無水酢酸(2009年03月30日 朝刊)

    医薬品や工業原料、染料などに幅広く使われる強い酸味と刺激臭を持つ液体。麻薬ヘロインの精製過程で使われることから、製造、小売業者らには麻薬取締法で、国や県への届け出が義務づけられている。ヘロインはアフガニスタンの武装勢力タリバーンの資金源とされ、00年の国連安保理決議では支配下地域への無水酢酸の供給の防止が決定された。

最新ニュース

米、対北朝鮮「圧力強化を」 中国と溝埋まらず 外交・安保対話(2017/6/22)

 米中両政府は「外交・安全保障対話」の初公式会合を21日、米ワシントンで開いた。ティラーソン米国務長官は会合後の会見で、核・ミサイルで挑発を続ける北朝鮮に対し「中国が経済的、外交的により大きな圧力をか[続きを読む]

安保理決議をコトバンクで調べる

写真

  • 記者会見に中国側は参加せず、米国のティラーソン国務長官(右)とマティス国防長官だけが臨んだ=21日、ランハム裕子撮影
  • 岸田文雄外相
  • 国連安全保障理事会による今回の制裁決議の骨子
  • 5月31日、爆発で大きな穴が開いたカブールのテロ現場=AFP時事
  • 記念撮影に納まる(左から)トゥスクEU首脳会議常任議長、カナダのトルドー首相、ドイツのメルケル首相、米国のトランプ大統領、イタリアのジェンティローニ首相、フランスのマクロン大統領、安倍晋三首相、英国のメイ首相、ユンケル欧州委員長=26日、イタリア南部シチリア島タオルミナのギリシャ劇場、岩下毅撮影
  • G7各国と中国・ロシアとの関係
  • 記念撮影に納まる(左から)トゥスクEU首脳会議常任議長、カナダのトルドー首相、ドイツのメルケル首相、米国のトランプ大統領、イタリアのジェンティローニ首相、フランスのマクロン大統領、安倍晋三首相、英国のメイ首相、ユンケル欧州委員長=26日、イタリア南部シチリア島タオルミナのギリシャ劇場、岩下毅撮影
  • 国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁の行方のカギを握る中国の劉結一・国連大使が議場から出てくると報道陣が殺到。エスカレーター前まで追いかけると、劉氏は時折笑顔も見せながら話し始めた=23日、米ニューヨーク、金成隆一撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ