メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

安倍晋三

関連キーワード

  • 教員免許更新制(2012年10月10日 朝刊)

    安倍晋三政権時代の「教育再生会議」などが提案し、教育職員免許法改正で制度化された。当初は「不適格教員の排除」をめざしたが、制度上は最新技能の習得などが目的とされた。最初の更新期限は10年度末。以後、毎年度末に9万人前後が期限を迎える。教員の多忙化が指摘される中、負担となっているとの批判もある。

  • BPOの意見(2009年05月13日 朝刊)

    BPOの放送倫理検証委が先月28日に発表。NHK放送総局長が安倍晋三官房副長官(当時)と面談し、その後スタッフに改変を指示したり、国会担当局長も改変を指示したりした点について「自主・自律を危うくする行為」と認定。「(番組の事前説明は)いまも繰り返されうる」として、国会対策部門と放送・制作部門との明確な任務分担と組織的な分離を求めた。改変に政治家が実際に影響を及ぼしたかどうかは判断せず、もっぱら放送人の行動の妥当性を問う内容。

  • 社会保障カード(仮称)(2009年10月05日 朝刊)

    構想は「宙に浮いた年金記録問題」をきっかけに、安倍晋三首相(当時)が提唱した。厚労省が別に検討していた病歴や治療歴、健診のデータを電子化して管理する案と一体化。年金、医療、介護の各制度を横断する国民全員のカードへと一気に規模が拡大した。各制度に共通した番号を国民一人一人に割り当てる「社会保障番号」の導入も検討されたが、プライバシーへの配慮などから、パソコンに接続した読み取り機にICチップを載せた社会保障カードを差し込むなどの方法で、各制度のデータベースに接続する仕組みが採用された。

最新ニュース

校閲センターの仕事を紹介するイベント。参加した学生の皆さんは、メモをとるなどして熱心に聞いてくれました

就職活動の転換の年、お祈りメールに負けないで…[ことば談話室](2015/06/03)

「後ろ倒し」ってどういうこと? 就職活動中の学生向けに、朝日新聞社で校閲センターの仕事内容を紹介するイベントを開きました。学生に「夜勤の時は何時に起きますか?」や「仕事をしていてうれしかったことはあり[続きを読む]

安倍晋三をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 校閲センターの仕事を紹介するイベント。参加した学生の皆さんは、メモをとるなどして熱心に聞いてくれました
  • 古式馬術を観覧する天皇、皇后両陛下=30日午後、皇居・埒馬場、代表撮影
  • 避難所を訪れ、避難者の男性(手前)から話を聞く赤沢亮正・内閣府副大臣=30日午前9時8分、鹿児島県屋久島町の公民館、籏智広太撮影
  • 4月28日、ワシントンで共同記者会見をする安倍晋三首相(左)とオバマ米大統領
  • 「政治は『可能性の技術』。世論や予算など、諸条件を踏まえて何をすべきか判断するものです」=西田裕樹撮影
  • 噴火直後に屋久島上空で撮影された口永良部島の新岳=29日午前、奈良崎圭祐さん撮影

注目コンテンツ