メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

安全保障法制

写真

自衛隊、外れる制約 何が変わる?論点を検証(2015/09/19)

 新たな安全保障関連法制は、自衛隊の活動を飛躍的に拡大させるものだ。しかし、3カ月超の国会審議では、集団的自衛権の行使や他国軍への後方支援がどんな状況で認められるのかをはじめ、法の根幹に関わる問題で、安倍政権の説明は最後まで揺れ動いた。安保……[続きを読む]

写真

安全保障関連法が成立 参院本会議、自公など賛成多数(2015/09/19)

 安全保障関連法が19日未明、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決され、成立した。民主党など野党5党は18日、安倍内閣不信任決議案の提出などで採決に抵抗したが、自民、公明両党は否決して押し切った。自衛隊の海外での武力行使に道を開く……[続きを読む]

安保法案学者アンケート

 安全保障関連法案は合憲か、違憲か。朝日新聞は6月下旬、憲法学者ら209人にアンケートをしました。回答が得られた122人のうち実名で回答した85人の自由記述欄をほぼ原文のまま、紹介します。

安倍政権が今国会での成立をめざす、安全保障法制。集団的自衛権の行使を可能とする武力攻撃事態法改正案など計10法案の一括改正に加え、海外で他国軍を後方支援する国際平和支援法(恒久法)案からなる。憲法9条の解釈変更を反映させ、安全保障の仕組みや自衛隊の活動を大きく変える法制について、主要法案の要点を抜粋掲載し、その内容を読み解きます。[特集へ]

■ウォッチ安保国会

■憲法学者らから異論

写真

「安保法案は違憲、撤回を」 法学・政治学者らが声明(2015/06/24)

 安全保障関連法案は違憲、撤回を――。法学や政治学の専門家らでつくる「立憲デモクラシーの会」は24日、声明を発表し、会期延長した今国会での法案成立を目指す安倍政権の政治手法を非難した。 声明は、安保法案は集団的自衛権の行使を容認し、外国の軍……[続きを読む]

最新ニュース

安保法「違憲」元自衛官ら原告に 長崎で第2陣提訴へ(2017/2/22)

 安全保障関連法は憲法違反だとして被爆者らが国に損害賠償を求めて長崎地裁に提訴した訴訟に関連し、新たに元自衛官ら長崎県内の約90人が3月末にも同様の訴訟を同地裁に起こす。原告弁護団が21日、明らかにし[続きを読む]

関連キーワード

  • 安全保障法制(2015年08月11日 朝刊)

    武力攻撃事態法改正案や国連平和維持活動協力法改正案などの改正案10本を束ねた一括法案「平和安全法制整備法案」と、国会の事前承認があれば、いつでも自衛隊を紛争地に派遣することを可能にする「国際平和支援法案」の二本立て。うち、武力攻撃事態法改正案では、日本が直接攻撃を受けた場合ではなくとも、日本と密接な関係にある他国が武力攻撃され、「日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある」と政府が判断すれば海外で武力行使ができるようにする。

  • 武力行使の新3要件と、安全保障法制で作られる二つの事態(2015年03月21日 朝刊)

    集団的自衛権を使えるよう憲法解釈を変更した昨年7月の閣議決定では、武力を使う条件として「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」「我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない」「必要最小限度の実力を行使する」という「新3要件」を定めた。閣議決定の中身に沿って自衛隊の活動を定める安保法制では、この新3要件にあてはまる事態を「新事態」と位置付け、集団的自衛権を使えるように武力攻撃事態法を改正して明記する。正式名称はまだ決まっていないが「存立事態」などの案があがっている。また、日本周辺の有事で、自衛隊による米軍への支援などを定めた周辺事態法も改正。「周辺事態」という概念をやめ、地理的な制限がなく、我が国の平和と安全に重要な影響を与える「重要影響事態」を新設。日本周辺以外でも米国や他国軍を支援できるようにする。

  • ガイドラインの経緯(2014年10月04日 朝刊)

    東西冷戦を背景に1978年、旧ソ連が日本侵攻した場合に備え、自衛隊と米軍の協力や役割分担を定めるために初めて作られた。冷戦が終結した後の97年の改定では、北朝鮮の核開発疑惑や弾道ミサイル発射実験を背景に、朝鮮半島有事に備えた。99年に周辺有事での米軍への後方支援を可能にする周辺事態法が成立。昨年10月の日米外務・防衛担当閣僚会合で、今年末までの再改定で合意。安倍内閣は、集団的自衛権の行使容認とガイドライン改定を踏まえた安全保障法制の整備を来年の通常国会で進める方針だ。

写真

  • 市民集会で稲田朋美防衛相と金田勝年法相の辞任を求めて声を上げる人たち=21日午後0時44分、東京・霞が関、角野貴之撮影
  • 市民集会で稲田朋美防衛相と金田勝年法相の辞任を求めて声を上げる人たち=21日午後0時44分、東京・霞が関、角野貴之撮影
  • ペンキ塗りの町家が軒をつらねる太地町中心部=和歌山県太地町
  • 「朝日キーワード2018」
  • 「戦前の自国中心(中華)思想や『神権的国体論』が、現政権下で一気に表出したかのようです」=金川雄策撮影
  • 声100年の歩み
  • 記者会見に臨むマティス米国防長官(左)と稲田朋美防衛相=4日午前11時20分、東京・防衛省、竹花徹朗撮影
  • 記者会見に臨む稲田朋美防衛相(右)とマティス米国防長官=4日午前、防衛省、竹花徹朗撮影
  • 映画「母 小林多喜二の母の物語」の一場面(C)現代ぷろだくしょん
  • 集団的自衛権の行使容認をめぐる経緯と取材や文書から浮かぶ事実/「想定問答」の文書をめぐる内閣法制局の主張は妥当だったか?
  • 開幕した共産党大会。野党共闘に向け気勢を上げる志位和夫委員長(前列中央)と民進党の安住淳代表代行、自由党の小沢一郎代表、社民党の吉田忠智党首ら野党の党首級がそろった=15日、静岡県熱海市、関根慎一撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】型落ちモデルが人気!

    空気清浄機ランキング

  • 【&TRAVEL】10代のあどけなさと輝き

    「舞妓と町家」

  • 【&M】&M読者にプレゼント

    時計やカメラなど抽選で

  • 【&w】日本茶本来のおいしさを発信

    東京・青山「櫻井焙茶研究所」

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZAトランプと自動車業界の攻防

    1980年代の「摩擦」を振り返る

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ