メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宗教者

関連キーワード

  • イラン大統領選(2017年04月22日 朝刊)

    立候補希望者は、イスラム法学者の最高指導者が指名した宗教者と、国会が信任した法律専門家からなる護憲評議会の審査を受けなければならず、そこで承認されれば立候補できる。18歳以上の有権者による直接選挙で、過半数の投票を得た候補が当選。1回目の投票で過半数を得た候補が出なければ、上位2人の決選投票で決める。大統領は任期4年。国政の最終決定権は最高指導者が掌握し、大統領の権限は行政に限られる。

  • ムスリム同胞団(2012年08月21日 朝刊)

    イスラム教に基づく社会政治組織。1928年にエジプトでハサン・バンナー氏が創設した。「イスラムこそ解決」という標語を掲げ、草の根的な社会活動を展開する一方、選挙を通じて政治に参加し、理想のイスラム社会の建設を目指す。教師や医師、技師など非宗教者が活動を担っているのが特徴。

  • 御師住宅とヤーナ川(2012年09月05日 朝刊)

    御師住宅は宗教者・御師の家で、信仰登山をする富士講行者の宿坊だった。敷地に小さな滝がつくられた水路「ヤーナ川」があり、行者がみそぎをしたと伝わる。ヤーナ川は「間(あい)の川」から転じたと考えられるが、定かではないという。8月に富士吉田商工会議所の調査研究事業の一環で、富士吉田市や慶応大が協力し、地域住民に川を再認識してもらい、再生させるプロジェクトがあった。

最新ニュース

写真・図版

ファタハとハマス「和解」 統一政府で合意 パレスチナ(2017/10/13)

 10年にわたり分裂状態が続くパレスチナ自治政府の主要組織ファタハとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの両代表団は12日、「和解」で合意した。自治政府が治安要員約3千人をガザに配置す…[続きを読む]

写真

  • パレスチナとイスラエルの関係
  • パレスチナとイスラエルの関係
  • 高岡豊さん
  • 意見を交わす(左から)池上彰さん、高岡豊さん、石川明人さん、佐藤優さん=東京都千代田区有楽町、伊ケ崎忍撮影
  • 対談する池上彰さん(左)と佐藤優さん
  • 2日、パレスチナ自治区ガザで握手するパレスチナ自治政府のハムダラ首相(左)とハマスのハニヤ政治局長(右)=ロイター
  • 仏教の視点から「平和」を説く中垣顕實さん(中央)=9月26日、米ニューヨーク、真野啓太撮影
  • 蒜山(ひるぜん)高原をツーリングする岡本芳和さん、久奈さん夫婦=2017年9月、岡本さん提供
  • 母の誕生日に、ニューヨークのウッドローン墓地の墓に花などを手向けるアルフレード・アンゲイラ=2017年7月28日、Caitlin Ochs/(C)2017 The New York Times。母の遺灰は、このベンチ型の墓標の中に納められてる。米国では2016年に初めて火葬が葬儀の過半数を占めるようになったが、自分の母が火葬を望んでいるとは思ってもみなかったとアンゲイラは話す
  • ムニブ・ユナン前議長。宗教的精神に基づいて世界平和を推進する個人や団体に贈られる「庭野平和賞」を受賞し、来日した=山本和生撮影
  • ムニブ・ユナン前議長。宗教的精神に基づいて世界平和を推進する個人や団体に贈られる「庭野平和賞」を受賞し、来日した=山本和生撮影
  • 石川明人・桃山学院大学准教授
  • 難民審査参与員制度の抜本的な改善を求める申し入れ後、会見する全国難民弁護団連絡会議代表の渡辺彰悟弁護士(右)ら=東京・霞が関
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ