メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

定時制高校

関連キーワード

  • 定時制高校(2015年03月01日 朝刊)

    1948年の学校教育法施行で、中学校卒業後に働くなどして全日制に進めない生徒の教育の場として始まった。近年、不登校経験を持つ生徒の受け皿にもなっている。昨年5月時点で、全国663校に10万2027人が、県内では県立と川口市立の計25校に5687人が通う。少子化などを背景に、県は99年に公立高校の統廃合に着手。35校あった県立の定時制は24校に再編された。

  • 3部制高校(2014年06月06日 朝刊)

    新しいタイプの定時制高校。通常、午前部、午後部、夜間部からなる。不登校経験があったり家計を支えるためにアルバイトをしたりするなど多様な背景がある生徒に学ぶ場を提供している。爽風館高校は碩信高通信制(大分市)と大分中央高定時制(同)、別府鶴見丘高定時制(別府市)を統合して2010年に3部制高校として開校。通信制も開設している。

最新ニュース

写真・図版

千葉)待望の消防団、「空白区」の幕張本郷に発足(2018/1/14)

 地域の消防団の「空白区」だった千葉市花見川区の幕張本郷地区に、待望の消防団が誕生した。市内でも東京寄りに位置し、都内に通うサラリーマンなど昼間に活動できない人も多い同区。子どもたちを守りたい――。子…[続きを読む]

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ