メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

宮崎市

関連キーワード

  • 宮崎市の家族3人殺害事件(2011年02月23日 朝刊)

    2010年3月1日夜、宮崎市花ケ島町の住宅で「妻と義母が頭から血を流して倒れている」と奥本章寛被告が110番通報。この住宅に住む奥本くみ子さん(当時24)と母親の池上貴子さん(同50)が死亡していたほか、住宅から数百メートル離れた資材置き場の土中から長男の雄登ちゃん(同5カ月)の遺体も見つかった。宮崎県警は、「息子を埋めた」と認めた奥本被告を死体遺棄容疑で逮捕。その後、宮崎地検は3月1日未明から早朝にかけて、同被告が雄登ちゃんを絞殺した後、2人をハンマーで殴打するなどして殺害したとする殺人罪などで起訴した。同年12月7日、宮崎地裁は求刑通り死刑を言い渡した。

  • 宮崎市の古紙回収(2012年03月07日 朝刊)

    宮崎市では、古紙古布の回収を1995年度から業者7社で作る宮崎地区製紙原料直納協同組合に委託。回収物は市が販売し、売り上げは歳入となる。2010年度は1億1690万円で委託し、売り上げは8619万円だった。古紙が持ち去られると、市の歳入が減ることになる。

  • エコプラザ問題(2009年09月12日 朝刊)

    宮崎市など11市町村から一般廃棄物などを受け入れる処理場で、汚水をためる調整池の大半が地盤沈下で破損し、05年11月の本格稼働時から使用不能になっていたことが昨年4月に発覚。施設を運営する県の外郭団体・県環境整備公社は05年に漏水を確認しながら、近隣住民らに知らせないまま施設を使い続けるなど、ずさんな管理の実態が明らかになった。責任の所在などを追及するために県が設けた弁護士や専門家らによる外部調査委員会は今年1月、公社、設計業者、施工業者による「複合的な問題が絡んだ結果」とする最終調査報告書を発表。公社は3月、当時の役職員らを背任容疑で県警に刑事告訴した。

最新ニュース

はがき通信(2018/1/17)

 ■心地よく響く 5日の「あさイチ」(NHK)に出演した「竜馬四重奏」の演奏に聴きほれた。日本伝統の楽器とバイオリンが織りなすハーモニーとリズム。異なった音色ながらまったく違和感なく、心地よく響いた。…[続きを読む]

宮崎市をコトバンクで調べる

写真

  • 自主トレーニングで遠投をする福岡ソフトバンクホークスの武田翔太投手=宮崎市の生目の杜運動公園
  • 宮崎神宮で必勝祈願を行ったテゲバジャーロ宮崎の選手とスタッフら=宮崎市
  • あいさつするリカルド・ロドリゲス監督=徳島市藍場町2丁目
  • 緊張した面持ちで試験開始を待つ受験生たち=宮崎大学
  • 水温5度の海へと飛び込み海水をかけ合う学生たち=13日午前11時41分、福岡県福津市の津屋崎海水浴場、金子淳撮影
  • 賞状と盾を持つ狩長さん=都城市下長飯町
  • 高千穂峰をバックに初滑り=都城市吉之元
  • 給食のジュリエンヌスープを食べる子どもたち=福岡市南区
  • 反時計回りで回転中の県庁5号館=県企業局庁舎から撮影
  • 競技ではロボットで筒をつかみ、棒に通していく正確さとスピードが求められる=高鍋町
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ