メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

家庭内暴力

関連キーワード

  • 家庭内暴力(2011年03月11日 朝刊)

    20歳未満の少年が、同居している家族などに対して継続的にふるう暴力。少年相談などを通じて警察庁が把握しているだけでも、約1200件にのぼる(2009年)。08年よりは100件減っているが、05年以降は1200件前後で増えたり減ったりを繰り返している。

  • 里親のケア(2008年09月29日 朝刊)

    虐待を受ける子が急増するのを受け、02年、被虐待児の心と行動やかかわり方などの研修を受けた「専門里親」が設けられた。ただ、県内の専門里親は07年度末現在、25組と県に登録している里親の1割に満たない。このため、雅恵さんのような「養育里親」にも虐待を受けた子どもが預けられることが少なくない。里親が不安や悩みを抱えた場合、原則、担当する児童相談所の児童福祉司らが相談相手となる。しかし、県中央児童相談所の佐藤正史副所長によると、担当地区内の障害児、家庭内暴力などの相談にも応じるため、里親のケアに十分な時間をかけられないのが現状だという。

最新ニュース

DV避難先住所 夫に誤って送付(2018/6/19)

◆関市、女性に謝罪 関市は18日、DV(家庭内暴力)で夫から避難していた女性と子どもの住所を記した書類を誤って夫に送付したと発表した。安全確保のため女性は転居を余儀なくされ、市は女性に謝罪。転居費用や…[続きを読む]

写真

  • 大学内外での活動を評価され、2017年度の福井大学学長賞を受賞した。「出過ぎた杭は打たれない、となったのはここ4~5年でしょうか」と笑う=福井県永平寺町の福井大学病院
  • 「子どもは大人のミニチュアではありません。毎日毎日絶えず変化しています。マルトリートメントを予防するだけで医療費の削減にもつながります」。社会に訴え続けている=福井県永平寺町の福井大学病院
  • 「優しく子守唄を歌われた記憶は生涯の礎になる。その思い出を持たぬ子らを支える道も探りたい」=東京都台東区柳橋、篠田英美撮影
  • 妻は離婚後の今も、睡眠薬が混入されていたハンバーグを冷凍保存しているという
  • 小中校生の平日のネット利用
  • 小中高生の平日のネット利用/ゲーム依存症による様々な問題
  • 2016年10月30日、米ノースカロライナ州の本拠でのアリゾナ・カージナルス戦で熱演するカロライナ・パンサーズのチアリーダーたち=Logan Bowles via AP Images。チームはアメリカンフットボールの最高峰ナショナル・フットボールリーグ(NFL)に所属し、チアリーダーは「トップ・キャッツ(TopCats)」の愛称で親しまれている=AP。試合開始の5時間前までに競技場入りして出番に備えるよう指示されている
  • 日向灘を眺めるカップル。県の担当者は「晴れの日が多いことも幸福度の遠因なのでは」とも話す=宮崎市
  • 故・有園博子さん(ひょうごコミュニティ財団提供)
  • 半年間の成果を説明する「フローレンス」代表理事の駒崎弘樹さん=東京都の文京区役所
  • 『野蛮なアリスさん』
  • 「星が輝く夜に」から、物語の舞台となる島と海
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ