メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小保方晴子氏

関連キーワード

  • STAP細胞(2014年08月28日 朝刊)

    マウスの体の細胞を酸に浸すだけで、あらゆる種類の細胞に育つ能力を持つようになるとされた新型の万能細胞。理研の小保方晴子氏らが1月に英科学誌ネイチャーに論文を発表した。論文に画像の使い回しなど疑義の指摘が相次ぎ、理研の調査委員会は3月末、捏造(ねつぞう)と改ざんの不正を認定した。小保方氏は4月の会見で「200回以上作製に成功した」などと主張した。

  • STAP細胞論文(2014年06月05日 朝刊)

    理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダーらが英科学誌ネイチャーに発表した「酸などの刺激だけで体の細胞が万能細胞に変化する」という内容の論文。「生物学の常識を覆す画期的な成果」として、再生医療への応用の期待が高まった。STAPは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus−TriggeredAcquisitionofPluripotency)」の略称。

  • STAP細胞論文不正(2017年02月11日 朝刊)

    2014年1月、体のどんな組織の細胞にもなれる新型の万能細胞「STAP細胞」を作製したと理化学研究所の小保方晴子氏らが英科学誌ネイチャーに論文を発表した。直後から疑惑が指摘され、理研の調査委員会は図やデータに改ざんや捏造(ねつぞう)があったと認め、小保方氏らは論文を撤回した。同年12月、調査委はSTAP細胞の作製時に既存の万能細胞「ES細胞」が混入したと認定したが、故意か過失か、誰がしたのかは特定できなかった。

小保方晴子をコトバンクで調べる

写真

  • 白井聡さん
  • 松田良一さん
  • 吉原祥子さん
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ