メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小保方晴子氏

関連キーワード

  • STAP細胞(2014年08月28日 朝刊)

    マウスの体の細胞を酸に浸すだけで、あらゆる種類の細胞に育つ能力を持つようになるとされた新型の万能細胞。理研の小保方晴子氏らが1月に英科学誌ネイチャーに論文を発表した。論文に画像の使い回しなど疑義の指摘が相次ぎ、理研の調査委員会は3月末、捏造(ねつぞう)と改ざんの不正を認定した。小保方氏は4月の会見で「200回以上作製に成功した」などと主張した。

  • STAP細胞論文(2014年06月05日 朝刊)

    理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダーらが英科学誌ネイチャーに発表した「酸などの刺激だけで体の細胞が万能細胞に変化する」という内容の論文。「生物学の常識を覆す画期的な成果」として、再生医療への応用の期待が高まった。STAPは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus−TriggeredAcquisitionofPluripotency)」の略称。

最新ニュース

小保方晴子氏が「婦人公論」で新連載を開始(2017/1/12)

 STAP細胞論文ねつ造騒動を引き起こした小保方晴子氏がまた動き始めた。雑誌「婦人公論」(2017年1月24日号・中央公論新社)で新連載を始めたのだ。理化学研究所を退職してからの日記が掲載されるそうだ[続きを読む]

小保方晴子をコトバンクで調べる

写真

  • これまでの恋愛、性愛特集
  • 『あの日』

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】遊びも仕事も!

    極薄winタブレット

  • 【&TRAVEL】鬼怒川温泉で開運祈願

    &邪気払い〈PR〉

  • 【&M】ニッポンの物流支える

    プロの技術と熱い魂〈PR〉

  • 【&w】食べられるドレスに挑戦!

    福原遙、モードな装いで

  • ブック・アサヒ・コム首相の真珠湾訪問を読み解く

    戦争を問い続ける出発点に

  • WEBRONZA地元就職率10%アップの重圧

    文科省の数値目標に悩む地方大

  • 写真

    ハフポスト日本版 異世界へと吸い込まれそう

    世界の巨大な穴10選

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ