メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小保方晴子氏

関連キーワード

  • STAP細胞(2014年08月28日 朝刊)

    マウスの体の細胞を酸に浸すだけで、あらゆる種類の細胞に育つ能力を持つようになるとされた新型の万能細胞。理研の小保方晴子氏らが1月に英科学誌ネイチャーに論文を発表した。論文に画像の使い回しなど疑義の指摘が相次ぎ、理研の調査委員会は3月末、捏造(ねつぞう)と改ざんの不正を認定した。小保方氏は4月の会見で「200回以上作製に成功した」などと主張した。

  • STAP細胞論文(2014年06月05日 朝刊)

    理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダーらが英科学誌ネイチャーに発表した「酸などの刺激だけで体の細胞が万能細胞に変化する」という内容の論文。「生物学の常識を覆す画期的な成果」として、再生医療への応用の期待が高まった。STAPは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus−TriggeredAcquisitionofPluripotency)」の略称。

最新ニュース

米・独で発表された「STAP細胞」論文の真実(2016/07/20)

「不都合な事実」? 7月13日付でWEBRONZAに掲載された「米国とドイツでSTAP細胞関連の論文発表」(著者は湯之上隆氏)という記事を読んで愕然とした。と同時に、ひどく失望した。というのは、筆者は[続きを読む]

小保方晴子をコトバンクで調べる

写真

  • 『あの日』

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】作者・声優・落語家が語る

    続昭和元禄落語心中こぼれ話

  • 【&TRAVEL】吉川ひなのリアルライフ

    「ハワイエキスポ」〈PR〉

  • 【&M】1週間出待ちして入門を直訴

    春風亭一之輔さんの「私の一枚」

  • 【&w】離婚。味覚をなくした末に

    東京の台所

  • ブック・アサヒ・コム中澤佑二のコミック履歴書

    好きだったのは「オフサイド」

  • WEBRONZA銃撃事件が連鎖、米国の深層

    せめぎ合うアイデンティティー

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ