メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小保方晴子氏

関連キーワード

  • STAP細胞(2014年08月28日 朝刊)

    マウスの体の細胞を酸に浸すだけで、あらゆる種類の細胞に育つ能力を持つようになるとされた新型の万能細胞。理研の小保方晴子氏らが1月に英科学誌ネイチャーに論文を発表した。論文に画像の使い回しなど疑義の指摘が相次ぎ、理研の調査委員会は3月末、捏造(ねつぞう)と改ざんの不正を認定した。小保方氏は4月の会見で「200回以上作製に成功した」などと主張した。

  • STAP細胞論文(2014年06月05日 朝刊)

    理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダーらが英科学誌ネイチャーに発表した「酸などの刺激だけで体の細胞が万能細胞に変化する」という内容の論文。「生物学の常識を覆す画期的な成果」として、再生医療への応用の期待が高まった。STAPは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus−TriggeredAcquisitionofPluripotency)」の略称。

最新ニュース

ネット保守はなぜ反SEALDsなのか(下)(2016/08/15)

  前回は、ネット保守がSEALDsを批判し、小保方晴子氏を擁護した理由について書いた。ネット保守は反権力であり、彼らが想定する権力は、政府や安倍政権ではなく、マスコミや大学教授など[続きを読む]

小保方晴子をコトバンクで調べる

写真

  • 『あの日』

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】外出先でも心地よく

    長く使える授乳ケープ

  • 【&TRAVEL】見逃せない紅葉の名所

    京都1日観光プラン

  • 【&M】意識して穏やかに振る舞う

    アンガーマネジメン

  • 【&w】「求められたら応えたい」

    大島優子、初の時代劇に挑戦

  • ブック・アサヒ・コム映画人・山口雅俊が語る漫画

    「闇金ウシジマくん」の魅力

  • WEBRONZA民進党の最大の欠点は

    新潟県知事選が試金石に

  • 写真

    ハフポスト日本版 巨大ダコと戯れる美女

    「触手大好き」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ