メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小児科

関連キーワード

  • 臨床研修制度(2013年12月17日 朝刊)

    研修医が幅広く基本的な診療能力を身につける目的で、2004年に始まった。医師国家試験合格後の2年間で、内科と救急、地域医療研修の必修3項目と、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2項目を学ぶ。

  • 小児総合医療センター(2010年03月02日 朝刊)

    都立多摩総合医療センターと併設され、同じ「府中メディカルプラザ」に入っている。同センターを含めた建設費などは約2490億円。新生児向けの集中治療室(NICU)24床や、切迫早産など危険の高い妊婦と胎児向けの集中治療室(MFICU)9床などを備える。小児科医の数は統廃合される3病院の合計の約1・5倍。3病院は今月15日で廃止される。清瀬小児、八王子小児の廃止後は、小児救急患者を夜間・休日も受け入れ可能で、搬送後に入院もできる病右病床数が減る。清瀬市周辺の5市では3病院計328床から2病院計73床に、八王子市では3病院計136床から2病院計58床になる。NICUは清瀬、八王子の計15床より9床増。小児精神科専門の梅ケ丘の機能も引き継ぐ。

  • 周産期医療(2008年08月25日 朝刊)

    周産期(妊娠満22週から生後満7日未満まで)を含むその前後の期間は、母子ともに異常が生じやすく、突発的な緊急事態に備える必要がある。妊娠、出産から新生児期に至るまで総合的に管理し、母と子の健康を守るため産科医、小児科医、その他の医療スタッフが連携して対応する。

最新ニュース

情報フォルダー(2017/9/24)

 ▼番付表の見方、取り組み観戦のポイント、日本相撲協会のなりたちなど、大相撲のありとあらゆるモノ・コトを解説した『裏まで楽しむ! 大相撲 行司・呼出・床山のことまでよくわかる!』(ダグハウス編)がKA…[続きを読む]

小児科をコトバンクで調べる

写真

  • 改訂にあたって「当事者である母親の思いや目線を残してほしい」と話す小林さとみさん=静岡市葵区
  • 改訂にあたって「当事者である母親の思いや目線を残してほしい」と話す小林さとみさん=静岡市葵区
  • 陽夏乃ちゃんのおもちゃの聴診器を借りてリラックスさせる主治医の笠原群生さん=2017年8月、国立成育医療研究センター
  • 笠原群生さんの部屋の壁には、移植手術をした子どもたちの写真がたくさん貼られている=2017年7月、成育医療研究センター
  • 誤飲してしまったら…<グラフィック・仲田浩子>
  • 医師が派遣される見通しになった診療所=葛尾村
  • 乳児血管腫の症状の推移と治療の比較
  • 乳児血管腫の症状の推移と治療の比較
  • 葛西手術を受けた陽夏乃ちゃん。手術翌日の様子=2015年8月、家族提供
  • 葛西手術を受けた陽夏乃ちゃん。手術翌日の様子=2015年8月、家族提供
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ