メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小平市

関連キーワード

  • 小平市の住民投票(2013年05月17日 朝刊)

    1963年に都市計画決定された都道・府中所沢線の同市内区間約1.4キロについて、「住民参加により計画を見直す」か「見直しは必要ない」を選ぶ。道路は幅36メートルで雑木林などを通る。環境悪化を懸念する住民らが条例制定を直接請求した。結果に法的拘束力はない。投票率50%未満の場合は不成立となり開票されない。

  • 学校支援地域本部(2014年01月05日 朝刊)

    学校支援を目的にした地域組織。コーディネーターの調整のもとで住民がボランティアとして授業の補助や安全確保などに取り組む。東京都小平市や杉並区の取り組みを参考に2008年度に文部科学省の呼びかけで始まった。県内では主に公民館のスタッフがコーディネーターを兼ねるケースが多い。

  • 先進医療(2009年07月17日 朝刊)

    最先端の医療技術は、すぐには保険の対象にならず、保険診療と併用することはできない。併用した場合、保険診療の対象となる検査、診拶入院費なども全額患者負担となる。そこで厚生労働省は、一定の要件を満たした施設で例外的に、保険外の先進医療を併用できることにした。技術の有効性と安全性が確認され広く普及すれば、保険の対象となる。光トポグラフィー検査は群馬大のほか、東大病永東京都文京区)、国立精神・神経センター病永東京都小平市)が承認を受け、現在実施の準備中。昭和大も来年4月からの実施を目指して承認申請中だ。

最新ニュース

東京)ゼルビア選手の躍動描く版画展 町田の美術館(2017/8/18)

 サッカーJ2・FC町田ゼルビアの選手の活躍を描いた版画展が、町田市立国際版画美術館で開かれている。制作したのは、プロ野球の試合風景や著名人を描いた作品で知られる美術家・ながさわたかひろさん(45)。[続きを読む]

小平市をコトバンクで調べる

写真

  • 展覧会場を訪れたFC町田ゼルビアの高原寿康(左)、谷沢達也(右)両選手と、ながさわたかひろさん=町田市原町田4丁目の市立国際版画美術館
  • 早稲田佐賀側のスタンドで、吹奏楽部員とともにトランペットを吹く神さん=阪神甲子園球場
  • フィン・ユール「チーフティンチェア」(1949年、製造は94年) ローズウッド材 革張りハンス・ウェグナー「ザ・チェア」(1949年、製造は71年) チーク材 革張り
  • 五嶋龍さん=門間新弥氏撮影
  • カーボンオフセットに取り組む商品を販売する店舗=埼玉県越谷市のイオンレイクタウン
  • スタッフとともに練習する子どもたち=小平市
  • グループ展を開いた武蔵美と朝鮮大学校の学生と卒業生ら5人=東京・上野の東京都美術館
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ