メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 高校生の就職活動解禁(2009年09月16日 朝刊)

    全国高等学校長協会と、日本経済団体連合会など経済界は協定を結び、9月15日までの採用選考を禁じている。都道府県により異なるが、県内では解禁後、9月いっぱいは採否が出るまで1社しか採用選考を受けられない「1人1社制」を採用。10月1日以降は1人2社まで受けられる。

  • 高校生の就職活動(2014年01月21日 朝刊)

    全国各地にある公共職業安定所(ハローワーク)が仲介し、求人を企業から集めて各校に公開する。今年度は昨年7月1日に求人票が公開され、9月16日に選考が始まった。内定率は、公務員や縁故採用などを除き、民間就職を希望する生徒のうち、すでに内定を得た生徒の割合を表す。

  • 就職活動時期の日程変更(2015年06月24日 朝刊)

    安倍政権が、大学3年生を勉強に専念させることなどを理由に経済界に要請した。このため、経団連は今年から、会社説明会は大学3年の12月から翌年3月に、面接などは大学4年の4月から8月にずらすよう加盟企業に呼びかけた。

最新ニュース

障害のある方の就職をサポートするウェルビー、神奈川県初の「障害者ワークフェスタ2017」を7月25日(火)に開催(2017/6/26)

リリース発行企業:ウェルビー障害者と企業と地域・社会資源の関係者200名をつなぐ 障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表[続きを読む]

就職活動をコトバンクで調べる

写真

  • 古田肇知事(左)と山田清志学長
  • 飲み会の誘いを断るため、互いに役割を決めて演技をする大学生ら=東京都杉並区
  • 純烈の(上段左から)小田井涼平、白川裕二郎、酒井一圭(下段左から)後上翔太、友井雄亮 (撮影:逢坂聡)
  • 清水康之さん(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表) 1972年生まれ。NHKで自殺問題の番組制作にかかわり、2004年ライフリンク設立。09~11年内閣府参与
  • 飲み会の誘いを断るため、互いに役割を決めて演技をする大学生ら=東京都杉並区
  • 先進7カ国の15~34歳の主な死因/相談窓口
  • すいか畑と人形の石田大君
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ