メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「山・鉾・屋台行事」まとめ読み

山・鉾・屋台行事、無形文化遺産に登録決定 ユネスコ

山・鉾(ほこ)・屋台行事

東北の祭り

関東の祭り

写真

埼玉)ホーリャイ最高潮 秩父夜祭に19万人酔いしれる(2015/12/04)

 秩父市にある秩父神社の例大祭「秩父夜祭」が3日、本祭を迎えた。豪華絢爛(けんらん)な4基の「屋台」と2基の「笠鉾(かさほこ)」と呼ばれる山車が早朝から深夜まで市内を練り歩いた。京都の祇園祭、飛驒の高山祭と並ぶ日本三大曳山(ひきやま)祭りに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。…[続きを読む]

関連キーワード

  • 佐原の大祭(2016年11月18日 朝刊)

    日本3大囃子(ばやし)の一つとされる「佐原囃子」と、高さ5メートル近い大人形や豪華な彫刻で飾られた山車で知られる。市中心部を流れる小野川を境に、東側の本宿地区が7月に夏祭り(八坂神社祇園祭)、西側の新宿地区が10月に秋祭り(諏訪神社秋祭り)を執り行う。11月末〜12月初めにエチオピアで開かれるユネスコの政府間委員会で、「佐原の山車行事」を含む祭礼「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県の計33件)が、無形文化遺産に登録される見通し。

北陸の祭り

東海の祭り

近畿の祭り

九州の祭り

最新ニュース

きらびやか鯨船山車、そろい踏み 三重・四日市(2017/8/14)

 伊勢湾の捕鯨の様子を再現し、豊漁を願う「鳥出神社の鯨船(くじらぶね)行事」が14日、三重県四日市市の富田地区であった。張り子の鯨と彫刻などで飾られたきらびやかな鯨船山車(くじらぶねだし)が練り歩いた[続きを読む]

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ