メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

山口組

  • 写真

    【写真左】6代目山口組の篠田建市(通称・司忍)組長
    【写真右】離脱派が結成した神戸山口組の井上邦雄組長

写真・図版

神戸山口組を指定暴力団に指定 分裂から8カ月 (2016/4/7)

国内最大の指定暴力団山口組(本部・神戸市)から分裂して結成された神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)について、兵庫県公安委員会は7日、指定暴力団に指定すると決めた。今月中旬に官報に公示し、指定の効力が発生する。 警察庁によると、神戸山口組の組…[続きを読む]

最近の主な動き

 今回の分裂劇で最も懸念されるのが、双方の衝突だ。1984年、死去した3代目の跡目争いを巡って離脱した組が「一和会」を結成。山口組と衝突した「山一抗争」では、暴力団関係者25人が死亡し、約70人が負傷した。[記事本文へ(withnews)]

最新ニュース

覚醒剤密輸の罪、元組幹部に実刑判決 末端価格70億円(2017/9/22)

 覚醒剤約100キロを密輸したとして覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われた、指定暴力団山口組系元組幹部の魚山恭嗣(70)=大阪市中央区=と、同神戸山口組系元組幹部の藤村誠也(69)=鹿児島…[続きを読む]

地図検索サービスについて

  • 写真

    かつては山口組が関与したとみられる事件のたびに、総本部(神戸市灘区)への家宅捜索が繰り返された。写真左から2013年4月11日、12年4月28日、11年2月25日の捜索

関連キーワード

  • 山口組(2015年10月10日 朝刊)

    警察当局の資料などによると、兵庫県淡路島出身の山口春吉・初代組長が1915年に神戸で約50人を集めて設立。46年就任の田岡一雄・3代目組長時代に兵庫県以外の暴力団を傘下に収め、現在の山口組の原形をつくったとされる。警察庁によると、分裂前の6代目山口組の勢力(昨年末現在)は、44都道府県に約2万3400人(組員ではないが周辺から組織を助ける「準構成員」の約1万3千人を含む)。21の指定暴力団中最多で、全国の暴力団約5万3500人の43・7%を占める。2位の住吉会(東京)は約8500人、3位の稲川会(同)は約6600人。

  • 山口組弘道会(2013年05月23日 夕刊)

    指定暴力団山口組(神戸市)の最大勢力で、名古屋市に本拠を置く。山口組の篠田建市(通称・司忍)6代目組長の出身組織。警察庁は「山口組を事実上支配し、その強大化を支える原動力である」として取り締まり強化の対象に挙げている。

写真

  • 山健組事務所に家宅捜索に入る兵庫県警の捜査員=20日午前10時24分、神戸市中央区
  • 殺人容疑で指名手配された菱川龍己容疑者(兵庫県警提供)
  • 山口組総本部に家宅捜索に入る捜査員ら=14日午前11時25分、神戸市灘区
  • 現場をうかがう男=防犯カメラの映像から
  • 教員らが見守る中、一斉に登校する児童たち=13日午前8時4分、神戸市長田区
  • 弘道会本部事務所に家宅捜索に入る愛知県警の捜査員=13日午前10時1分
  • 発砲事件があった現場付近
  • 発砲事件があった現場付近=12日午前11時2分、神戸市長田区
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ