メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岡崎市

関連キーワード

  • 岡崎市立図書館問題(2010年11月11日 夕刊)

    愛知県内の男性が、図書館の新着情報を自動的に確認するため自作のソフトウェアを使用したところ、結果的に図書館のホームページの閲覧障害を招いたとして今年5月、業務妨害容疑で逮捕され、起訴猶予処分となった。その後図書館側のソフトの問題点が指摘され、メーカーが改修を始めた。

  • 岡崎市トリプル選(2012年10月09日 朝刊)

    12日告示の県議補選岡崎市選挙区(被選挙数2)と、14日告示の市長選と市議選(定数37)がいずれも21日に投開票される。県議補選は市長選に立候補する2人の県議辞職に伴う。保守勢力を二分しての市長選は12年ぶり。

  • 岡崎市議会(2016年10月04日 朝刊)

    定数37。現在の会派構成は、自民系12、民進系9、公明4、無所属10、欠員2。無所属のうち2人は議長・副議長就任で会派を離れた自民系で、2人は共産。会派は3人から結成できる。市議選で公明は現有議席と同じ4人、共産は1増を狙い3人を擁立する予定。同じ日程で市長選もある。

最新ニュース

写真・図版

防犯ブザーの中国製電池、破裂の恐れ 注意呼びかけ(2018/4/20)

 防犯ブザーに装着されていた中国メーカー製の電池が破裂する恐れがあるとして、国民生活センターは19日、この電池の使用を控えるよう注意を呼びかけた。 センターによると、西文舘(本社・札幌市)が販売する「…[続きを読む]

岡崎市をコトバンクで調べる

写真

  • 西文舘の「安全防犯ブザー(生活防水)」。破裂する恐れがある電池が入っている可能性がある=東京都港区の国民生活センター
  • 立山駅には「立山・雪の大谷ウォーク終日中止」のお知らせが掲示された=2018年4月15日午前、立山町、井手さゆり撮影
  • 戦後、GHQの指示で、墨塗りされた教科書
  • 火災が起きた愛知県立岡崎商業高の校舎。窓ガラスが割れ、壁が黒くすすけていた=2018年4月8日午前8時9分、同県岡崎市栄町3丁目
  • 別々の園に通う姉妹を送迎している父親(本文とは関係ありません)
  • AIが錯視を起こした画像(左)。AIが予測した画像の動きが、赤い線で描かれている。錯視が起きない画像(右)では動いたと認識しなかったため、赤い点が点在している(基礎生物学研究所提供)
  • 部品の破損が原因で脱輪し、死傷事故を起こしたタイヤの原寸大模型が展示されている=愛知県岡崎市
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ