メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

川崎市

関連キーワード

  • 川崎市のコミュニティー交通(2012年06月16日 朝刊)

    坂の多い丘陵地や路線バスが利用しづらい地域で、住民が主体となり、身近な交通手段(コミュニティーバス、乗り合いタクシーなど)を確保する事業。市が車の購入費を出す。運行しているのは野川南台団地と麻生区の高石地区の二つ。八つの地区で事業化の動きがある。

  • 川崎市のいじめ自殺問題(2016年03月05日 朝刊)

    2010年6月に川崎市の市立中学3年の篠原真矢さん(当時14)が自宅で自殺し、生徒4人の実名を挙げて「俺が死ぬのは家族のせいじゃありません。俺自身と、(友人)をいじめた連中が悪いんです」などと書いた遺書を残した。学校が設けた調査委員会は約3カ月後に報告書を提出し、真矢さんが「背中をたたく」などのいじめを受けていたと認めた。同級生4人のうち、14歳だった3人は暴力行為処罰法違反容疑で書類送検されて保護観察処分になり、13歳だった1人は同様の非行内容で児童相談所に通告された。

  • 日本触媒(2012年09月30日 朝刊)

    1941年設立。本社は大阪市中央区。紙おむつなどに使われる「高吸水性樹脂」とその原料のアクリル酸の化学メーカー。同社によると、高吸水性樹脂では世界の約4分の1のシェアがあるトップメーカーで、姫路製造所は会社の生産能力の3分の2を占めており、姫路の生産が止まれば世界の紙おむつ供給への影響が大きいという。川崎市、大阪府吹田市にも製造拠点がある。今年3月期の連結売上高は3207億円。

最新ニュース

川崎市をコトバンクで調べる

写真

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ