メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

川越市

関連キーワード

  • 伊勢安と川越市立博物館(2017年04月06日 朝刊)

    「伊勢安」は公開していない。新河岸川舟運の歴史については、川越市立博物館(049・222・5399)の常設展示室で、河岸場のジオラマや写真、高瀬舟の模型などを展示。午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで)、月曜休館。入館料は一般200円、大学・高校生100円。

  • さいたま新都心医療拠点(2015年10月06日 朝刊)

    さいたま市岩槻区にある県立小児医療センターと、中央区にあるさいたま赤十字病院の2病院が移転。来年中のオープンを目指して建設中で、県内最大の医療拠点となる。これまで埼玉医科大総合医療センター(川越市)にしかなかった「総合周産期母子医療センター」としての機能も持ち、重い妊娠中毒症などリスクの高い妊婦への対応や高度な新生児医療に取り組む。

  • 小川町の老老介護殺人事件(2016年05月28日 朝刊)

    認知症の妻(当時77)を殺害したとして、今年2月8日に夫(同83)が殺人容疑で逮捕された。自ら110番した夫の首にも切り傷があり、小川署は無理心中を図ろうとしたとみて調べていたが、夫は留置場でほとんど食事をとらず衰弱し23日に死亡。「介護に疲れた」と話していたという。夫は一人で妻の世話をしていた。町社会福祉協議会などによると、夫もがんの手術の影響が残り、社協は夫婦宅を訪問したり電話で相談に応じたりしていた。ホームヘルパーの利用を勧めたが、夫は「自分が面倒をみる」と断ったという。川越市でも同月、妻(同61)を介護していた夫(同65)が病死し、妻も衰弱死するなど、老老介護で行き詰まる事例が相次ぐ。

最新ニュース

写真・図版

千葉)館山で「南総里見まつり」(2017/10/22)

 館山市の秋の恒例イベント「南総里見まつり」が21日、館山市の北条海岸周辺で開かれた。雨で演目の一部が中止になったが、約5万人(実行委員会発表)が楽しんだ。 戦国時代に安房国を治めた里見氏と、滝沢馬琴…[続きを読む]

写真

  • 笑顔で武者行列に参加した鈴木理子さんら「伏姫ガールズ」の3人(手前2列目の3人)=館山市北条
  • 乗降客が多い駅のコンコースで政党のパンフレットを配る運動員=川越市内(画像の一部を加工しています)
  • 有権者とがっちり握手=さいたま市
  • 「負動産」は最後に誰が引き取るべきだと思いますか?/周囲に迷惑をかけている空き家があるとします。どう対応するべきだと思いますか?/回答者の内訳
  • 朝日新聞デジタルのフォーラムアンケ―ト
  • 川越氷川神社への参拝を終えた山車=川越市宮下町
  • さつまいも地蔵尊の写真を前にイモに感謝する「いも供養」参加者ら=川越市菅原町
  • 甲府城南側の整備予定エリア(甲府市提供)
  • 彩の国功労賞を贈られた桐生祥秀選手=県庁
  • 東洋大陸上部の選手たちと自身の代名詞でもある「M」ポーズをとるモー・ファラー(上段中央)
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ