メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

工藤会

工藤会

写真・図版

襲撃のトラウマなお街に 工藤会「頂上作戦」から3年(2017/9/10)

福岡県警が指定暴力団工藤会(北九州市)の最高幹部らを逮捕した「頂上作戦」から11日で3年。暴力追放に取り組む市民らが襲われた事件のショックはいまも街に影を落とす。一方で、被害者がトップの責任を問う訴……[続きを読む]

写真・図版

詰めた指では就職が…元組員「精巧な指作る施設紹介を」 (2017/9/10)

「9・11」は暴力団捜査の関係者にとって特別な日だ。米国同時多発テロが起きた2001年ではなく、14年に指定暴力団工藤会(本部・北九州市)トップを福岡県警が逮捕した「頂上作戦」の開始日として語られる。「壊滅に向け、組織に打撃を与えた」とあ…[続きを読む]

関連キーワード

  • 工藤会(2015年05月22日 夕刊)

    九州最大規模の指定暴力団。福岡県警によると、県内の構成員は490人、準構成員等は300人(昨年12月現在)。県警は、工藤会が関与したとみられる未解決事件の捜査を続けており、昨年9月〜今年4月に計76人(前年同期比16人増)の構成員を検挙している。2012年には、市民らへの襲撃を繰り返す恐れがあるとして全国で初めて「特定危険指定暴力団」に指定された。米財務省は昨年、工藤会総裁の野村悟容疑者と会長の田上不美夫容疑者の2人を金融制裁の対象にすると発表。日本の暴力団について「麻薬や武器の取引などの犯罪に関わっている」とし、工藤会について「最も暴力的な組織」と指摘した。東京や千葉にも拠点を置いて活動しているとして、警視庁は14年10月に対策室を設け、専従の捜査班を置いている。

写真・図版

さらば工藤会 元組員の決意「堅気の今が幸せ」 (2015/12/27)

市民に対する襲撃事件が相次いだ福岡県で、指定暴力団工藤会系組員の離脱が続いている。県警の支援で離脱した元組員の一人が、朝日新聞の取材に工藤会の資金稼ぎの実態や決別の経緯を語った。■出合いはマージャン店 12月中旬、本州の地方都市。40代の…[続きを読む]

工藤会事件をめぐる裁判

写真・図版

工藤会系組事務所跡にケーキ屋 営業半年「街を明るく」 (2017/1/25)

暴力団の組事務所が退去した北九州市八幡西区のビルで、昨年8月からケーキ屋が営業している。18日にはオーナーシェフの永田弘一さん(37)が八幡西署に講師として招かれ、署員約100人を前に苦労ややりがいについて話した。 店は同区筒井町の「グラ…[続きを読む]

最新ニュース

工藤会総裁らに2900万円求め提訴 組員に襲われ重傷(2017/8/25)

 指定暴力団工藤会(北九州市)の組員に襲われ重傷を負ったとして、元福岡県警警部が25日、工藤会総裁の野村悟被告(70)=組織犯罪処罰法違反などで起訴=ら6人に、総額2968万円の損害賠償を求める訴訟を…[続きを読む]

写真

  • 吉田尚正さん  
  • 専門記者・緒方健二
  • 繁華街をパトロールする福岡県警の警察官=北九州市小倉北区
  • 吉田尚正・新警視総監
  • 溝口敦さん=仙波理撮影
  • 「共謀罪」について語る溝口敦さん=4日、東京都内、仙波理撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ