メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

巨大地震

関連キーワード

  • 東海地震と南海トラフ巨大地震(2016年06月29日 朝刊)

    東海地震は静岡県の駿河湾周辺を震源域とするマグニチュード(M)8程度の地震で、政府は死者数約9200人と想定。また、駿河湾から九州沖に延びる海底の帯状のくぼみ「南海トラフ」では、最大M9レベルの地震が起こる可能性があるとしている。巨大津波などで最大で死者約32万人、約220兆円の経済被害が出ると想定している。

  • 南海トラフ沿いの巨大地震(2012年05月10日 夕刊)

    静岡県の駿河湾から九州沖に延びる海底のくぼみ「南海トラフ」の一帯を震源域とする地震。東海、東南海、南海の各地震が発生してきたが、国は一帯が同時に動く事態を想定。20メートル以上の津波が発生する地点は6都県23市町村、震度7の地域は10県153市町村で可能性があるとされた。

  • 南海トラフ巨大地震の想定(2012年04月08日 朝刊)

    日本列島の南側、駿河湾から西へ延びる海底のくぼみ「南海トラフ」周辺で起きる地震について、内閣府の検討会が震度や津波高を推計、3月末に発表した。東海3県では、最大で震度7が予測される地域が愛知、三重両県内で計42市区町村。津波が最大20メートル以上となる地域は6市町に及ぶ。三重県では、最大の津波がわずか数分で到達する恐れがある。

最新ニュース

「地震予知・対策」の最新研究を紹介するシンポジウムを神戸・東京・高知の3ヶ所で3月8日より無料開催(2017/1/17)

一般社団法人地震予兆研究センター(所在地:東京都港区、代表理事:尾上 昌隆)では、全国消防長会の後援を得て、「地域防災力向上」を目的にしたシンポジウムを2017年3月8日に神戸、3月9日に東京、3月1[続きを読む]

巨大地震をコトバンクで調べる

写真

  • 校内放送を合図に、姿勢を低くする児童たち=神戸市中央区の市立なぎさ小学校
  • 知事選2017
  • 「愛」の文字を浮かび上がらせた紙とうろう=今治市高地町2丁目
  • スマートフォンを使った避難訓練で、現在地と津波の浸水想定区域を画面で確認する矢守克也教授(左)=昨年12月18日、高知県須崎市、遠藤真梨撮影
  • スマートフォンを使った避難訓練で、現在地と津波の浸水想定区域を確認する矢守克也教授(中央)=昨年12月18日、高知県須崎市、遠藤真梨撮影
  • 震災時に消防団長として住民を助けた淡路島の男性(左)と、サンテレビの取材スタッフ=サンテレビ提供
  • 101市区の受援計画の策状況
  • 101市区の受援計画の策定状況
  • ゴールまであと4キロ。日暮れ時の西宮市街を歩く尼崎西高生たち=JR西宮駅付近の国道2号
  • 災害などでの死者や行方不明者数と被害想定<グラフィック・小倉誼之>
  • アプリ「ハザードチェッカー」を紹介する田中健一郎さん=神戸市中央区
  • インプラント堤防のイメージ図。地中深く差し込んだ鉄製の杭が基礎になり、津波に耐えるという(技研製作所提供)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】名エンジニアが作る

    大人の日本製イヤホン

  • 【&TRAVEL】日本一平和な宇和島城の天守

    城旅へようこそ

  • 【&M】どこまでも丁寧な煮魚定食

    東京・銀座の口福ランチ

  • 【&w】名物はキーマカレートースト

    おいしいゲストハウス

  • ブック・アサヒ・コム幸せって何だっけ?

    宮田珠己が本を読んで考える

  • WEBRONZA憲法改正論議、新フェーズへ

    いよいよ具体的に項目絞り込み

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ