メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

巨大地震

関連キーワード

  • 東海地震と南海トラフ巨大地震(2016年06月29日 朝刊)

    東海地震は静岡県の駿河湾周辺を震源域とするマグニチュード(M)8程度の地震で、政府は死者数約9200人と想定。また、駿河湾から九州沖に延びる海底の帯状のくぼみ「南海トラフ」では、最大M9レベルの地震が起こる可能性があるとしている。巨大津波などで最大で死者約32万人、約220兆円の経済被害が出ると想定している。

  • 南海トラフ沿いの巨大地震(2012年05月10日 夕刊)

    静岡県の駿河湾から九州沖に延びる海底のくぼみ「南海トラフ」の一帯を震源域とする地震。東海、東南海、南海の各地震が発生してきたが、国は一帯が同時に動く事態を想定。20メートル以上の津波が発生する地点は6都県23市町村、震度7の地域は10県153市町村で可能性があるとされた。

  • 南海トラフ巨大地震の想定(2012年04月08日 朝刊)

    日本列島の南側、駿河湾から西へ延びる海底のくぼみ「南海トラフ」周辺で起きる地震について、内閣府の検討会が震度や津波高を推計、3月末に発表した。東海3県では、最大で震度7が予測される地域が愛知、三重両県内で計42市区町村。津波が最大20メートル以上となる地域は6市町に及ぶ。三重県では、最大の津波がわずか数分で到達する恐れがある。

最新ニュース

写真・図版

(SCENE)津波に奪わせない(2018/1/16)

 まもなく阪神・淡路大震災から23年、東日本大震災から7年。南海トラフ巨大地震が発生する確率は「30年以内に70%」と言われている。予想される大災害に、命を守る取り組みはどれだけ進んでいるのだろう。日…[続きを読む]

巨大地震をコトバンクで調べる

写真

  • 高知県室戸市の津波避難シェルター=高知県室戸市、井手さゆり撮影
  • ゲーム形式をとりながら、頭を隠すことを学ぶ子どもら=釧路町
  • 名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫教授=名古屋市中区
  • 凍った路面に気をつけながら避難する参加者たち=釧路市
  • 完成した竹灯籠=あいな里山公園
  • 避難訓練で電動車いすを引っ張ってもらう梅田洋さん=12月10日、大分県別府市
  • 高齢者避難のための「逃げ地図」づくり活動でボランティア・スピリット賞の文部科学大臣賞に輝いた県立瀬戸田高校の生徒たち=尾道市役所
  • 南海トラフ巨大地震への対策を語る中井寛・県防災企画課長
  • 南海トラフ巨大地震への対策を語る島田浩寿・とくしまゼロ作戦課長(左)
  • 位置情報を発信するタグを首から下げて階段を上る親子連れ=徳島県美波町
  • 千島海溝沿いの巨大地震の震源地
  • 千島海溝沿いの巨大地震の震源域/北海道沖で17世紀に発生した超巨大地震の津波の痕跡は…
  • 千島海溝沿いの巨大地震の震源域
  • 千島海溝沿いの巨大地震の震源域
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ