メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

帝王切開

関連キーワード

  • 帝王切開(2013年08月11日 朝刊)

    おなかにメスを入れて赤ちゃんを取り出す方法で、10日間ほど入院が必要になる。あらかじめ計画する「予定帝王切開」と、出産中のトラブルで切り替える「緊急帝王切開」がある。帝王切開を経験すると、次のお産が自然分娩だと子宮が破裂するリスクがあるとして、再び帝王切開が選ばれる例が多い。

  • 助産所(2014年09月11日 夕刊)

    国家資格を持つ助産師が、お産の補助や妊婦・新生児の保健指導などを行う施設。厚生労働省によると、2012年末時点で助産師が開設している助産所は全国で897カ所。1982年には2533カ所だったが、病院や診療所での出産が主流となり、減った。全国の助産師3万1835人のうち助産所にいるのは1742人。医師はいないため、診断や帝王切開などの医療行為はできない。

  • 大野病院事件(2008年08月17日 朝刊)

    福島県大熊町の県立大野病院で04年12月17日、加藤克彦医師(40)が女性(当時29)の帝王切開手術を執刀した際、癒着していた女性の胎盤を子宮から切り離し、大量出血した。同医師は輸血しながら子宮を摘出する手術に切り替えたが、女性は4時間半後に亡くなった。赤ちゃんは無事生まれた。福島県警は06年2月、同医師を業務上過失致死と医師吠異状死の届け出義務)違反容疑で逮捕。公判で検察側は「癒着胎盤を無理にはがせば命に危険が及ぶことは予見できた。すぐに子宮摘出手術に移行すべきだった」などとし、加藤医師に禁固1年、罰金10万円を求刑。弁護側は「胎盤をはがすと通常は血が止まる。被告の行為は臨床医学の水準に反していない」などと反論し、無罪を主張している。

最新ニュース

〈花のない花屋〉「あの日」を笑顔で迎えるために、私たち家族へ(2017/7/13)

〈依頼人プロフィール〉藤田優子さん 36歳 女性東京都在住主婦    ◇ 今から1年ほど前の春、第二子を妊娠中に早産の可能性がわかり、子宮頸管(けいかん)を縛る手術をすることになりました。15分ほどで[続きを読む]

写真

  •   
  • 無痛分娩の麻酔が原因の可能性がある脳性まひの一例
  • 無痛分娩の際の麻酔後に容体が急変、亡くなった女性=遺族提供
  • 出産、育児にまつわる本を集めた「お産文庫」を開く大竹かおりさん(左)と服部佳代さん(右)=犬山市
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ