メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

帝王切開

関連キーワード

  • 帝王切開(2013年08月11日 朝刊)

    おなかにメスを入れて赤ちゃんを取り出す方法で、10日間ほど入院が必要になる。あらかじめ計画する「予定帝王切開」と、出産中のトラブルで切り替える「緊急帝王切開」がある。帝王切開を経験すると、次のお産が自然分娩だと子宮が破裂するリスクがあるとして、再び帝王切開が選ばれる例が多い。

  • 助産所(2014年09月11日 夕刊)

    国家資格を持つ助産師が、お産の補助や妊婦・新生児の保健指導などを行う施設。厚生労働省によると、2012年末時点で助産師が開設している助産所は全国で897カ所。1982年には2533カ所だったが、病院や診療所での出産が主流となり、減った。全国の助産師3万1835人のうち助産所にいるのは1742人。医師はいないため、診断や帝王切開などの医療行為はできない。

  • 大野病院事件(2008年08月17日 朝刊)

    福島県大熊町の県立大野病院で04年12月17日、加藤克彦医師(40)が女性(当時29)の帝王切開手術を執刀した際、癒着していた女性の胎盤を子宮から切り離し、大量出血した。同医師は輸血しながら子宮を摘出する手術に切り替えたが、女性は4時間半後に亡くなった。赤ちゃんは無事生まれた。福島県警は06年2月、同医師を業務上過失致死と医師吠異状死の届け出義務)違反容疑で逮捕。公判で検察側は「癒着胎盤を無理にはがせば命に危険が及ぶことは予見できた。すぐに子宮摘出手術に移行すべきだった」などとし、加藤医師に禁固1年、罰金10万円を求刑。弁護側は「胎盤をはがすと通常は血が止まる。被告の行為は臨床医学の水準に反していない」などと反論し、無罪を主張している。

最新ニュース

無痛分娩で出産中に意識不明になり死亡(2017/4/25)

 大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産中の女性(当時31)が意識不明になり、その後死亡したことが捜査関係者らへの取材でわかった。府警は院長らから事[続きを読む]

写真

  • 両親に見守られ、歩行器を使って歩く内海堅靖君。自宅前で歩く練習を重ねてきた=10日午後、宮城県利府町、福留庸友撮影
  • 両親や弟とともに新しいランドセルを手にする尾形日歌さん(右から2人目)=気仙沼市東新城
  • 父・悟さんと母・優香さんに見守られて、入学式へ駆け出す小林優斗くん=大槌町大槌
  • 福岡秀興さん=堀英治撮影
  • 15日放送の日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)第9話予告カット (C)日本テレビ
  • 死因の内訳
  •   
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】プロの掃除をプレゼント!

    新感覚の母の日ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】GWは早太郎温泉の美肌湯へ

    知ってる?長野のガレット連合

  • 【&M】荻原博子が家計を指南

    現金でしか買えない「金」

  • 【&w】華やかさも値段も、桁違い

    バーゼルワールド2017

  • ブック・アサヒ・コム三池崇史「コミック履歴書」

    「浴びるように読んで育った」

  • WEBRONZAどうする受動喫煙対策

    飲食店に打撃VS影響なし

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ