メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

平和主義

関連キーワード

  • 宇宙基本法(2009年05月04日 朝刊)

    日本の宇宙開発の基本方針を定め、国民生活の向上、産業の振興、環境への配慮、国際社会の平和と安全の確保に寄与する姿勢を打ち出した。「宇宙開発利用は日本国憲法の平和主義の理念にのっとる」とうたう一方で、「我が国の安全保障に資する」とも記され、宇宙の本格的な防衛利用に道を開いた。

  • 憲法改正に関する自民党の公約(2012年12月18日 朝刊)

    自民党は憲法が連合国軍総司令部(GHQ)占領下で制定されたとして自主憲法制定を党是とする。衆院選の公約には、平和主義など三原則は継承する一方、9条を改正して自衛隊を国防軍と位置づけることを明記した憲法改正草案を盛り込んだ。政府の憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使は「日本の平和と地域の安定を守るため行使を可能とする」とした。現行では衆参両院で3分の2以上の賛成が必要な憲法改正の発議要件を、衆参とも過半数に緩和するとしている。

  • 伊豆大島暫定憲法(2014年05月10日 朝刊)

    1946年1月、連合国軍総司令部(GHQ)の覚書で伊豆諸島が日本から切り離されることになり、伊豆大島の島民が約1カ月で作った。全23条。前文で「旺盛なる道義の心に徹し万邦和平の一端を負荷しここに島民相互厳に誓う」と平和主義をうたい、1条で「大島の統治権は島民にあり」と主権在民を明記した。52日後にGHQの指令が修正され、本土復帰したため幻に終わった。97年に発見された憲法原本など史料が所在不明になっており、大島町が調査している。

最新ニュース

写真・図版

カンボジア、復興は今 内戦復興の礎、UNTAC総選挙25年(2018/5/20)

 カンボジアで内戦が終わり、1993年5月、復興の礎となった総選挙が実施された。選挙をつかさどった国連カンボジア暫定行政機構(UNTAC)に多くの日本人が関わり、国連平和維持活動(PKO)に初めて自衛…[続きを読む]

平和主義をコトバンクで調べる

写真

  • UNTACの事務所を設営した跡地に立つ家の前で「イッセイ」と呼びかけたソー・サラームさん(左)と坂野さん=鈴木暁子撮影
  • 教育と憲法をテーマに講演する前文部科学次官の前川喜平さん=12日午後2時7分、徳島市藍場町2丁目、佐藤常敬撮影
  • 周南市回天記念館にある「回天」の実物大レプリカ=山口県周南市大津島
  • 周南市回天記念館にある「回天」の実物大レプリカ
  • 集会で「日本の憲法 平和のしるし」などと歌う制服向上委員会のメンバー=2018年5月3日、長野県松本市
  • 国会議員らが登壇して憲法改正を訴えた集会=鹿児島市
  • 「よみかき教室」で憲法について授業をする大塚正純さん(中央)=2018年5月2日午後6時49分、福岡市博多区の千代中学校
  • 千葉卓三郎
  • 安倍晋三氏
  • 憲法改正原案の国会提出
  • 安倍首相の9条改正案に…
  • 小林多津衛が収集した皿や猪口(ちょこ)などが並ぶ民芸館を継ぐ吉川徹さん。2016年7月には日本民芸夏期学校が開かれ、「民芸運動の中で平和を考える」をテーマに120人余りが参加した=佐久市望月
  • イラスト・高田ゆき
  • イラスト・高田ゆき  
  • 国民投票の結果例にみる改憲の承認・不承認のきめ方
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ