メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

年代測定

関連キーワード

  • 放射性炭素年代測定(2009年03月31日 朝刊)

    生物が内部に取り込んだ放射性炭素C14の濃度は死後、次第に低下する。その減り具合から経過時間を割り出す年代の測定烹加速器質量分析吠AMS)は微量でも測定を可能にした計測法で90年代から装置が世界的に普及した。歴博はこの測定法を用い、弥生時代の始まりは従来の説より500年早い紀元前10世紀にさかのぼるとの見解を03年に発表した。

  • 元素の質量(2009年05月03日 朝刊)

    同じ元素でも質量が違うものがあり、これを同位体と呼ぶ。化学の研究では水素や酸素、窒素などの同位体を、物質の構造や性質を調べるのに日常的に利用している。ほかに、フッ素はがんの診断、炭素は考古学上の遺跡の年代測定などに使われている。

最新ニュース

火山灰での証明、北海道電が断念 泊原発「活断層なし」(2018/2/3)

 北海道電力は2日、泊原発1~3号機の再稼働に向けた原子力規制委員会の審査で、活断層がないことを示すのに、火山灰の層を証拠とする従来の方針を断念し、別の方法に変更することを明らかにした。建設前にあった…[続きを読む]

年代測定をコトバンクで調べる

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ