メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広島平和記念資料館

関連キーワード

  • 広島平和記念資料館(2016年05月26日 夕刊)

    建築家の故・丹下健三が設計し、1955年に開館した本館(国指定重要文化財)と94年開館の東館からなる。市民らが寄贈した被爆者の遺品など2万点を所蔵。昨年度の入館者数は149万人で、うち外国人は33万人。原爆被害の実態をよりわかりやすく伝えようと大規模改修計画が進む。東館は今年度中にリニューアル予定。本館は2018年7月の改修をめざす。

  • 原爆孤児(2010年08月04日 夕刊)

    終戦直前、広島市の国民学校に通う児童のうち、3年生以上の2万数千人が郡部へ集団疎開していた。広島平和記念資料館によると、両親や保護者を失った児童は2千〜6500人と言われているが、実態は把握されていない。疎開児童を残して一家が全滅した例も多い。自身も市内で被爆し、家族を失った孤児もいた。

  • 語り部(2012年08月05日 朝刊)

    広島平和記念資料館が1983年から被爆体験証言者として登録。現在33人おり、平均年齢は80・21歳(4月現在)。このほか独自に語り部活動をしている団体も多い。一方、広島市教委が2010年、小中高生にアンケートしたところ、広島に原爆が落とされた日時を正確に答えられたのは、小学4〜6年で33%(1995年は56%)、中学生で56%(同75%)。答えられない子どもが増えている。

最新ニュース

被爆地復興、日米交流の絆 「広島の家」とシュモー氏ら(2017/1/11)

 広島に投下された原爆で家を失った人たちのため、住宅などをボランティアで建てた「広島の家」プロジェクト。1949年に東京から参加した安積仰也(こうや)さん(86)らが、活動の様子を日記にしたためていた[続きを読む]

写真

  • フロイド・シュモー氏(左から2人目)と共に「広島の家」プロジェクトに参加したエメリー・アンドリュース氏(同4人目)と安積仰也さん(左端)=1949年夏、安積さん提供
  • 近藤麻友さん
  • 「戦争はいけないという思いを詩を通して伝えていきたい」と話す石井美智子さん=広島市東区
  • 包括連携に調印し、握手をする広島平和文化センターの小溝泰義理事長(右)と広島大の越智光夫学長=広島市中区
  • 辺野古地区で話を聞く被爆者たち=7日、沖縄県名護市、上田幸一撮影
  • 米ハワイ・真珠湾訪問について記者の質問に答える安倍晋三首相=5日午後6時58分、首相官邸、岩下毅撮影
  • 真珠湾周辺の地図
  • 原爆ドーム周辺イルミネーションのイメージ画像=広島市提供
  • 広島平和記念資料館に届いた手紙
  • 広島平和記念公園のレストハウス。かつて大正屋呉服店として使われ、戦後は補修された=広島市中区中島町
  • ホワイトハウスから広島平和記念資料館に届いた手紙。末尾にオバマ氏のサインが記されている
  • 原爆ドームの敷地内で、保存状態などを話す原田浩さん=11月1日、広島市中区、上田幸一撮影
  • 15歳の誕生日を迎えた愛子さま=東京・元赤坂の東宮御所、宮内庁提供
  • 15歳の誕生日を迎えた愛子さま=東京・元赤坂の東宮御所、宮内庁提供
  • 誕生日を迎えた愛子さま=宮内庁提供
  • ドームの真下に張り巡らされた支柱。間からは青い空が見えた
  • ドームの真下に張り巡らされた支柱。間からは青い空が見えた=11月1日、広島市中区、上田幸一撮影
  • オバマ氏の広島訪問

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】“世紀の発明品”のバッグ

    湯山玲子さんの愛用品

  • 【&TRAVEL】離島リゾート体験リポート

    沖縄・小浜島でキレイ旅

  • 【&M】「恋妻家宮本」主演の阿部寛

    自分の知らない自分を見たくて

  • 【&w】いい材料を、最高の配合で

    先入観を超越するすごいパン

  • ブック・アサヒ・コム幸せって何だっけ?

    宮田珠己が本を読んで考える

  • WEBRONZA憲法改正論議、新フェーズへ

    いよいよ具体的に項目絞り込み

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ