メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広島平和記念資料館

関連キーワード

  • 広島平和記念資料館(2016年05月26日 夕刊)

    建築家の故・丹下健三が設計し、1955年に開館した本館(国指定重要文化財)と94年開館の東館からなる。市民らが寄贈した被爆者の遺品など2万点を所蔵。昨年度の入館者数は149万人で、うち外国人は33万人。原爆被害の実態をよりわかりやすく伝えようと大規模改修計画が進む。東館は今年度中にリニューアル予定。本館は2018年7月の改修をめざす。

  • 原爆孤児(2010年08月04日 夕刊)

    終戦直前、広島市の国民学校に通う児童のうち、3年生以上の2万数千人が郡部へ集団疎開していた。広島平和記念資料館によると、両親や保護者を失った児童は2千〜6500人と言われているが、実態は把握されていない。疎開児童を残して一家が全滅した例も多い。自身も市内で被爆し、家族を失った孤児もいた。

  • 語り部(2012年08月05日 朝刊)

    広島平和記念資料館が1983年から被爆体験証言者として登録。現在33人おり、平均年齢は80・21歳(4月現在)。このほか独自に語り部活動をしている団体も多い。一方、広島市教委が2010年、小中高生にアンケートしたところ、広島に原爆が落とされた日時を正確に答えられたのは、小学4〜6年で33%(1995年は56%)、中学生で56%(同75%)。答えられない子どもが増えている。

最新ニュース

広島平和記念資料館に寄贈され、展示されている映画「愛と死の記録」の脚本など=広島市中区

広島)吉永小百合さん主演の脚本展示 平和記念資料館(2016/08/27)

 俳優・吉永小百合さん(71)が、原爆をテーマにした映画に初主演して半世紀。1966年公開の映画「愛と死の記録」の脚本などを寄贈された広島平和記念資料館(広島市中区)が、東館地下1階情報資料室で企画展[続きを読む]

写真

  • 広島平和記念資料館に寄贈され、展示されている映画「愛と死の記録」の脚本など=広島市中区
  • 広島訪問体験を報告する中学生ら=伊賀市役所
  • 「広島宣言」を発表するジュニア国際フォーラムの参加者たち=広島市中区中島町
  • 帰国後も報告記者会見や活動報告会に出席と忙しい毎日が続く。「すべてを完璧にこなすことは難しいけれど、がんばり次第で将来につながると思う」と話す石上恵さん=静岡雙葉高
  • 広島市での被爆体験を話す梶本淑子さん=甲州市塩山上塩後
  • 陸軍海上挺進戦隊戦没者慰霊碑を訪れた日詰和子さん(手前)ら=6日、江田島市江田島町幸ノ浦
  • 12日の講演会後、祖父の加藤浩さん(右)と話す愛葉由依さん=名古屋市昭和区
  • 原爆ドームを訪れた加西市の中学生たち
  • 橘凛保さん
  • 広島の被爆者が描いた「原爆の絵」=船橋市役所
  • 原爆死没者慰霊碑の前で大勢の人が手を合わせた=6日午前、広島市中区の平和記念公園、青山芳久撮影
  • 71回目の「8月6日」の訪れを告げる地球平和監視時計。原爆投下の日から2万5933日がたったと示している
  • 阿部磨智恵さん。71年ぶりに訪れた学校前で救護の様子を語る=5日、広島市西区、雨宮徹撮影
  • カンナの花の写真の前で、展示された経緯などを振り返る畑口實さん=広島市中区、青山芳久撮影
  • 大州小の校庭わきに咲くカンナ。登校してきた児童たちが元気よく通り過ぎていった=広島市南区、青山芳久撮影
  • 元安川対岸の原爆ドームを背にたたずむ二階堂和美さん=広島市中区、青山芳久撮影
  • 真っ赤に染まったマツダスタジアム。「カープ女子」も25年ぶりの優勝を信じて熱狂的に声援を送る=広島市南区
  • 「伸ちゃんの三輪車」を演じる園児ら=広島市中区
  • 元安橋周辺の広島の街=旧ソ連調査団撮影の映像から
  • 平田忠道さんの被爆体験を語る沢村智恵子さん(右)=いずれも東京都国立市

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】台風には傘よりこれ!

    夜道で真価発揮のポンチョ

  • 【&TRAVEL】熱海~米原を乗り尽くす

    フリーパスで鉄道旅

  • 【&M】豊島逸夫と水野裕子が語る

    将来の不安に備える「金」

  • 【&w】女性を解き放つ服作り

    ソニア・リキエルさんの仕事

  • ブック・アサヒ・コム絵本作家いまいあやのの作品

    「自分の世界観の絵を……」

  • WEBRONZA牙むいた巨竜・中国に準備を

    「尖閣諸島を奪取する段階に」

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ