メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広島平和記念資料館

関連キーワード

  • 広島平和記念資料館(2016年05月26日 夕刊)

    建築家の故・丹下健三が設計し、1955年に開館した本館(国指定重要文化財)と94年開館の東館からなる。市民らが寄贈した被爆者の遺品など2万点を所蔵。昨年度の入館者数は149万人で、うち外国人は33万人。原爆被害の実態をよりわかりやすく伝えようと大規模改修計画が進む。東館は今年度中にリニューアル予定。本館は2018年7月の改修をめざす。

  • 原爆孤児(2010年08月04日 夕刊)

    終戦直前、広島市の国民学校に通う児童のうち、3年生以上の2万数千人が郡部へ集団疎開していた。広島平和記念資料館によると、両親や保護者を失った児童は2千〜6500人と言われているが、実態は把握されていない。疎開児童を残して一家が全滅した例も多い。自身も市内で被爆し、家族を失った孤児もいた。

  • 語り部(2012年08月05日 朝刊)

    広島平和記念資料館が1983年から被爆体験証言者として登録。現在33人おり、平均年齢は80・21歳(4月現在)。このほか独自に語り部活動をしている団体も多い。一方、広島市教委が2010年、小中高生にアンケートしたところ、広島に原爆が落とされた日時を正確に答えられたのは、小学4〜6年で33%(1995年は56%)、中学生で56%(同75%)。答えられない子どもが増えている。

最新ニュース

被爆前後の広島、ジオラマにCG 平和資料館の東館改装(2017/4/26)

 改修が続く広島平和記念資料館(広島市中区)の東館が26日、リニューアルオープンする。最新の映像技術などにより、原爆の惨禍をよりわかりやすく伝えるという。 25日、報道機関向けに内部を披露。目玉の「ホ[続きを読む]

写真

  • 模型に映像を投影するホワイトパノラマ=25日、広島市
  • 模型に映像を投影するホワイトパノラマ=25日午前、広島市中区、上田幸一撮影
  • 発刊した被爆証言集を手にする焼広和欣さん=甲府市
  • 高校生平和大使に選ばれた小林さん(左)、久永さん(中央)、船井さん=広島市中区
  • 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の内部。寄せられた遺影が、入れ替わりながら映し出される=広島市中区
  • 原爆ドームを見学する中央大学の学生ら=広島市中区
  • お互いの意見に耳を傾ける高校生ら=広島市中区
  • 今田洋子さん=2016年10月、広島市中区のシュモーハウスで
  • 「72年前、広島に原爆が落とされたの」。人形のあっちゃんに語りかける小谷孝子さん=千葉県八千代市
  • 原爆投下翌日の1945年8月7日、広島の爆心地周辺の空撮画像。火災とみられる煙も見える。広島市立大・橋本健佑氏が写真を高解像度化した(広島平和記念資料館提供)
  • 原爆投下翌日の1945年8月7日、広島の爆心地周辺の空撮画像。火災とみられる煙も見える
  • 鞆の浦の仙酔島田ノ浦海岸に接岸する水上飛行機の写真が印刷された絵はがき=奥一浩さん提供
  • オバマ氏の訪問後、平和記念資料館は、国内外からの見学者が多く訪れた=昨年5月28日、広島市中区、伊藤進之介撮影
  • 「原爆の絵」に込めた思いを語る加藤義典さん=広島市西区
  • 映画「この世界の片隅に」に登場する波のうさぎのシーン(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 米軍がエノラ・ゲイから撮影したとみられるキノコ雲=1945年8月6日、米議会図書館所蔵
  • 米軍がエノラ・ゲイから撮影したとみられるキノコ雲(1945年8月6日、米議会図書館所蔵、広島平和記念資料館提供)
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】義母にも母にも!

    センスが光る贈り物を〈PR〉

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】連載「本音のマイホーム」

    中古住宅探しに必要なもの

  • 【&w】気になるトイレの見えない菌

    清潔に保つ秘けつとは〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム自閉症を描いた漫画に大反響

    「光とともに…」新装版を刊行

  • WEBRONZA性的少数者の環境と自治体

    メディアの変化、LGBT支援策

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドルは今

    「伊代は、まだ16だから」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ