メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 廃炉(2014年10月27日 朝刊)

    原発は運転終了後も、放射性物質を施設外に漏らさないよう安全に管理する必要がある。電力会社は原子炉等規制法に基づき、国に廃止措置計画を提出しなければならない。経済産業省によると、廃炉期間は20〜30年で、原発施設の除染、解体、廃棄物の処分などにかかる費用は、小型炉(50万キロワット級)は360億〜490億円、中型炉(80万キロワット級)は440億〜620億円、大型炉(110万キロワット級)は570億〜770億円という。

  • 福島第一原発の廃炉工程(2014年04月29日 朝刊)

    東電と政府が昨年6月にまとめた工程表では、4号機に続いて1〜3号機の使用済み核燃料を最速で2015年度から取り出し始める。1〜3号機の原子炉で溶け落ちた核燃料は最速で20年度から取り出し始めるが、どうやって取り出すかは決まっていない。国際廃炉研究開発機構が一部担ってきた廃炉の技術開発を企画する機能は、原子力損害賠償支援機構に組み込まれる予定で、改正法案が国会で審議されている。

  • 耐震補強工事(2009年03月15日 朝刊)

    原子炉などの配管や電気ケーブルに、防振器と呼ばれる振動を吸収する装置や耐震補強材を取り付ける工事。東海地震が想定される浜岡原発で05年に初めて実施。同原発の1、2号機は工事費用などが巨額になるため廃炉の方針が決まった。

最新ニュース

燃料取り出しずれ込み 東電・国、計画変更へ 福島第一1号機(2014/10/30)

 東京電力福島第一原発の廃炉作業で、東電と国は、1号機の燃料取り出し開始時期を計画より遅らせる方針を固めた。使用済み燃料は2年、溶け落ちた燃料は5年ずれ込む見通し。2号機の燃料取り出し工程も見直す方向[続きを読む]

廃炉をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 本物の記載台と投票箱を使い投票する生徒ら=福島市の福島北高校
  • 当選を決め、決意表明をする内堀雅雄氏=26日、福島市
  • 内堀氏が掲げる主な基本政策
  • 全国の原発のうち7基が廃炉の判断を迫られ、20基が再稼働を待っている
  • 愛犬を連れて仮設住宅の周囲を散歩する三瓶さん=福島県郡山市富田町
  • 当選を決め、決意表明をする内堀雅雄氏=26日夜、福島市、山口明夏撮影
  • 現役引退し、仲間に胴上げされる日本ハムの稲葉篤紀
  • 研究所で製造工程を説明する伊原智人さん=千葉県木更津市、山本和生撮影
  • 脱原発を訴える参加者たち=鳥取市新品治町

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング天国に一番近い州・ダオスタ

    イタリアの隠れた穴場リゾート

  • ブック・アサヒ・コム貧困ビジネスの実態を暴く

    柚月裕子の社会派ミステリー

  • 【&M】小さな無人島の大きな楽しみ

    シアワセになるサイパン!

  • 【&w】「働く」って何だろう?

    山崎亮さんの新刊プレゼント

  • Astand彗星に軟着陸できるのか

    世界初のミッションに挑む

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報