メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 廃炉(2014年10月27日 朝刊)

    原発は運転終了後も、放射性物質を施設外に漏らさないよう安全に管理する必要がある。電力会社は原子炉等規制法に基づき、国に廃止措置計画を提出しなければならない。経済産業省によると、廃炉期間は20〜30年で、原発施設の除染、解体、廃棄物の処分などにかかる費用は、小型炉(50万キロワット級)は360億〜490億円、中型炉(80万キロワット級)は440億〜620億円、大型炉(110万キロワット級)は570億〜770億円という。

  • 福島第一原発の廃炉工程(2014年04月29日 朝刊)

    東電と政府が昨年6月にまとめた工程表では、4号機に続いて1〜3号機の使用済み核燃料を最速で2015年度から取り出し始める。1〜3号機の原子炉で溶け落ちた核燃料は最速で20年度から取り出し始めるが、どうやって取り出すかは決まっていない。国際廃炉研究開発機構が一部担ってきた廃炉の技術開発を企画する機能は、原子力損害賠償支援機構に組み込まれる予定で、改正法案が国会で審議されている。

  • 耐震補強工事(2009年03月15日 朝刊)

    原子炉などの配管や電気ケーブルに、防振器と呼ばれる振動を吸収する装置や耐震補強材を取り付ける工事。東海地震が想定される浜岡原発で05年に初めて実施。同原発の1、2号機は工事費用などが巨額になるため廃炉の方針が決まった。

最新ニュース

燃料調査の仕組み

溶けた核燃料の位置を「透視」 素粒子観測し調査へ 福島第一(2015/01/24)

 東京電力福島第一原発で今月末にも、溶けた核燃料の位置を探る調査が始まる。大気中を飛び交うミュー粒子という素粒子を観測することで、建屋を「透視」する手法だ。溶けた燃料の取り出しは廃炉の最大の難関で、成[続きを読む]

廃炉をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 燃料調査の仕組み
  • 福島県幹部らに頭を下げる石崎芳行・東京電力福島復興本社代表(中央)と増田尚宏・東電福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデント(左)
  • 汚染水処理の状況と汚染水対策の経過
  • 福島第一原発に投入されたロボット「マイスター」=三菱重工業提供
  • 19日の事故の状況を説明する小野明・福島第一原発所長(中央)。手前は石崎芳行復興本社代表、奥は設楽親・福島第二原発所長=楢葉町山田岡
  • 2013年秋に開かれた公聴会の一幕。市民は制限時間内であれば、賛成・反対を訴えることも、歌うことも自由だ=米ニューヨーク州
  • 汚染水処理の状況
  • Yota Watanabe, center, reminisces with friends at a Coming-of-Age Day ceremony for Okuma residents held on Jan. 11 in Iwaki, Fukushima Prefecture. (Yoshitaka Ito)◇成人式後の懇親会で友人たちと語り合う大熊町職員の渡辺陽太さん(中央)=11日、福島県いわき市

注目コンテンツ