メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 廃炉(2014年10月27日 朝刊)

    原発は運転終了後も、放射性物質を施設外に漏らさないよう安全に管理する必要がある。電力会社は原子炉等規制法に基づき、国に廃止措置計画を提出しなければならない。経済産業省によると、廃炉期間は20〜30年で、原発施設の除染、解体、廃棄物の処分などにかかる費用は、小型炉(50万キロワット級)は360億〜490億円、中型炉(80万キロワット級)は440億〜620億円、大型炉(110万キロワット級)は570億〜770億円という。

  • 福島第一原発の廃炉工程(2014年04月29日 朝刊)

    東電と政府が昨年6月にまとめた工程表では、4号機に続いて1〜3号機の使用済み核燃料を最速で2015年度から取り出し始める。1〜3号機の原子炉で溶け落ちた核燃料は最速で20年度から取り出し始めるが、どうやって取り出すかは決まっていない。国際廃炉研究開発機構が一部担ってきた廃炉の技術開発を企画する機能は、原子力損害賠償支援機構に組み込まれる予定で、改正法案が国会で審議されている。

  • 耐震補強工事(2009年03月15日 朝刊)

    原子炉などの配管や電気ケーブルに、防振器と呼ばれる振動を吸収する装置や耐震補強材を取り付ける工事。東海地震が想定される浜岡原発で05年に初めて実施。同原発の1、2号機は工事費用などが巨額になるため廃炉の方針が決まった。

最新ニュース

EDITORIAL/社説―原発再稼働を考える(2015/07/30)

■Reflections on 2 years without nuclear power ahead of planned restarts:Japan has survived without a[続きを読む]

廃炉をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 固体廃棄物貯蔵庫には、東海原発から出たL3廃棄物などを入れた容器が並ぶ=東海村白方
  • がれき撤去までの流れ
  • 菅原郁郎氏
  • 県廃炉安全監視協議会の委員らが見守るなか、1号機の建屋カバー解体が始まった=28日午前7時1分、代表撮影
  • 草むらと化したムスリュモボ村に「危険ゾーン」の標識が立つ=ロシア・チェリャビンスク州、副島英樹撮影
  • コロンビア川の向こうに、長崎原爆のプルトニウムを生産した原子炉をのぞむ=米ワシントン州ハンフォード、新井卓氏撮影
  • 「サブドレン計画」について意見集約をする理事会であいさつする佐藤弘行・相双漁協組合長(奥)=相馬市
  • キネコ国際映画祭
  • 韮山反射炉。世界文化遺産登録決定後は、雨の平日でもかなりの数の観光客が訪れている=静岡県伊豆の国市

注目コンテンツ