メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 廃炉(2013年10月30日 朝刊)

    廃炉作業は、まず核燃料を搬出して、放射能が減るのを待ち、周辺設備、原子炉、建屋の順で解体し、運転終了から数十年かかるとされる。商業用原発で廃炉のため運転を止めたのは日本原子力発電の東海、中部電力の浜岡1、2号毅事故を起こした東京電力の福島第一1〜4号機も廃止される。原子炉の運転は原則40年に制限されており、これを越えて動かすには基準を満たす必要がある。日本原電の敦賀1号帰関西電力の美浜1、2号機は40年を超え、来年は中国電力の島根1号帰関電の高浜1号機も40年を迎える。

  • 福島第一原発の廃炉工程(2014年04月29日 朝刊)

    東電と政府が昨年6月にまとめた工程表では、4号機に続いて1〜3号機の使用済み核燃料を最速で2015年度から取り出し始める。1〜3号機の原子炉で溶け落ちた核燃料は最速で20年度から取り出し始めるが、どうやって取り出すかは決まっていない。国際廃炉研究開発機構が一部担ってきた廃炉の技術開発を企画する機能は、原子力損害賠償支援機構に組み込まれる予定で、改正法案が国会で審議されている。

  • 耐震補強工事(2009年03月15日 朝刊)

    原子炉などの配管や電気ケーブルに、防振器と呼ばれる振動を吸収する装置や耐震補強材を取り付ける工事。東海地震が想定される浜岡原発で05年に初めて実施。同原発の1、2号機は工事費用などが巨額になるため廃炉の方針が決まった。

最新ニュース

川内原発地元訪問、宮沢経産相「早く」 再稼働の必要性説明へ(2014/10/22)

 宮沢洋一・新経済産業相は21日の就任会見で、最大の懸案である九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働に向け、できるだけ早く鹿児島県を訪れる考えを明らかにした。自ら原発の必要性を説明することで、地元の同意[続きを読む]

PR情報

写真

  • 仮設住宅を回って避難者に支持を訴える候補者(画像の一部を加工しています)=福島県いわき市
  • 大統領選間近の2012年10月、ソウル中心部で開かれた脱原発を訴える市民集会。文在寅氏は「できるだけ早い時期に韓国を原発ゼロの国にする」と述べた=中野晃撮影
  • 福島県知事選の新顔候補の訴えを聞く聴衆ら=福島市内の応急仮設住宅
  • 福島県内の原発の全基廃炉については、立候補予定者全員が「○」の札をあげた=2日、福島市の県文化センター

注目コンテンツ

  • ショッピング寒い日は外出先から暖房ON

    スマホでヒーターを遠隔操作

  • ブック・アサヒ・コム名作絵本をプロデュース

    ぐりぐらもどろんこハリーも

  • 【&M】ホテルのような高級な室内

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】プラダ、グッチなど新ルック

    15年春夏ミラノコレクション

  • Astand異様な日本のノーベル賞報道

    時代遅れの報道の罪とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 神風特攻隊

    初めての出撃から70年

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報