メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 廃炉(2014年10月27日 朝刊)

    原発は運転終了後も、放射性物質を施設外に漏らさないよう安全に管理する必要がある。電力会社は原子炉等規制法に基づき、国に廃止措置計画を提出しなければならない。経済産業省によると、廃炉期間は20〜30年で、原発施設の除染、解体、廃棄物の処分などにかかる費用は、小型炉(50万キロワット級)は360億〜490億円、中型炉(80万キロワット級)は440億〜620億円、大型炉(110万キロワット級)は570億〜770億円という。

  • 福島第一原発の廃炉工程(2014年04月29日 朝刊)

    東電と政府が昨年6月にまとめた工程表では、4号機に続いて1〜3号機の使用済み核燃料を最速で2015年度から取り出し始める。1〜3号機の原子炉で溶け落ちた核燃料は最速で20年度から取り出し始めるが、どうやって取り出すかは決まっていない。国際廃炉研究開発機構が一部担ってきた廃炉の技術開発を企画する機能は、原子力損害賠償支援機構に組み込まれる予定で、改正法案が国会で審議されている。

  • 耐震補強工事(2009年03月15日 朝刊)

    原子炉などの配管や電気ケーブルに、防振器と呼ばれる振動を吸収する装置や耐震補強材を取り付ける工事。東海地震が想定される浜岡原発で05年に初めて実施。同原発の1、2号機は工事費用などが巨額になるため廃炉の方針が決まった。

最新ニュース

『大転換 新しいエネルギー経済のかたち』

(書評)『大転換 新しいエネルギー経済のかたち』 レスター・R・ブラウンほか〈著〉(2015/08/30)

 ◇太陽光と風力への潮流、力強く 環境保護の旗手レスター・ブラウンによる「現役最後の書」。化石燃料や原子力による「古いエネルギー経済」から、太陽光と風力による「新しいエネルギー経済」への大転換を力強く[続きを読む]

廃炉をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 『大転換 新しいエネルギー経済のかたち』
  • 2016年度予算の概算要求の主な項目
  • 放射性廃棄物の処分どうする<グラフィック・竹内修一>
  • 東京電力福島第一原発4号機脇のサブドレン(くみ上げ井戸)を確認する県廃炉安全監視協議会の委員ら=代表撮影
  • 仮設住宅の前に立つ北村俊郎さん。入居者とは隣の大規模イベント施設で事故直後に避難生活を送った=福島県郡山市
  • 電力10社の経常損益と売上高/九州電力の経常損益
  • 柳田邦男さん
  • 警察などが警戒する中、川内原発正門前で座り込み、再稼働反対を訴える人たち=11日午前8時43分、薩摩川内市、金子淳撮影
  • 川内原発の再稼働に反対し、シュプレヒコールをあげながら雨の中を行進するデモ参加者たち=福島市
  • 報道陣に公開された3号機カバーの屋根パーツについて説明する東京電力の担当者=7日、いわき市の小名浜港

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行グラスの底をよく見ると…

    消費者をダマす店は嫌だ

  • ブック・アサヒ・コム高校野球に関する本

    決勝が終わっても楽しめる

  • 【&M】コーヒー風味のロールケーキ

    平田オリザさんの別腹

  • 【&w】花を贈り、心を届ける

    「花のない花屋」特集

  • Astandサノケン、なめてないか

    デザイナーの社会的意識は

  • 写真

    ハフポスト日本版 東大、慶応、早稲田…

    明治のころ、赤門や慶応はこんな感じだった(画像)

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載