メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

弁護士会

関連キーワード

  • 弁護士会の女性会長(2017年05月31日 朝刊)

    全国には52の弁護士会がある。日本弁護士連合会によると、全国で初の女性会長が誕生したのは、鳥取県弁護士会で1969年。以来、66人の女性弁護士が会長に就任した(4月24日時点)。「女性会長は増えてきている。時代の要請ではないか」と担当者は話す。一方、女性会長が就任したことがない弁護士会は20あるという。

  • ADR(2013年06月02日 朝刊)

    裁判によらず、専門知識を持つ第三者が中立の立場で当事者の間に入りトラブルの解決を図る仕組み。裁判所などが行うものに加え、2007年、業務を行う民間団体を法相が認証する制度ができた。法務省によると、これまで認証を受けたADR機関は、弁護士会や行政書士会がつくるものなど120超にのぼる。取り扱うトラブルの分野や内容は民事全般のほか、スポーツやペット、土地の境界、敷金返還など多岐にわたる。東京電力福島第一原発事故の被害者の賠償では、原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)が設置されている。

  • 中国の刑事司法制度と弁護士(2015年05月05日 朝刊)

    中国は三権分立制を採用せず、司法機関のトップにも共産党員がつく。警察にあたる公安が捜査をした上で、検察官が起訴し、裁判で有罪を立証する検察官と、被告を弁護する弁護士が対抗する点では日本と似ている。裁判は二審制。以前は裁判官・検察官と、弁護士の試験は別に行われていたが、2002年からは司法試験として一本化された。14年末時点で、弁護士は約27万人。日本は「弁護士自治」の原則から懲戒などの処分を弁護士会が担うが、中国の弁護士は司法当局の監督下にあり、資格取り消しも当局の判断だ。

最新ニュース

土地の境界をめぐるトラブル、境界問題でお困りの方へ 7月23日(日)に土地の境界紛争に関する無料相談会を開催(2017/6/29)

東京土地家屋調査士会(会長:小沢 宏、所在地:東京都千代田区)が設立した東京土地家屋調査士会境界紛争解決センターは、東京法務局と合同で無料相談会(事前予約制)を2017年7月23日(日)に実施いたしま[続きを読む]

弁護士会をコトバンクで調べる

写真

  • いじめ防止の授業をする石川弁護士=大津市仰木の里4丁目
  • 安倍政権の強行採決に抗議するビラを掲げる参加者=松江市朝日町
  • ペット霊園の跡地で愛犬を思い、手を合わせる河野祐紀子さん(左)と次男=大阪府枚方市、長富由希子撮影
  • 麻生多聞・鳴門教育大学准教授=同大
  • 講談師 神田 香織さん
  • 総会では、各法科大学院の法教育サークルが取り組んできた出前授業の取り組みも報告された=渋谷区東3丁目の「恵比寿 EAST GALLERY」
  • 「基本的に書くべきことはすべて書いてきた」と語る北京大学の賀衛方教授=5月30日、中国・北京、延与光貞撮影
  • 基調講演をする弁護士の駒井知会さん=福井市中央1丁目
  • 朝の通勤通学者に「共謀罪NO」を訴える市民有志ら=朝霞市の東武東上線朝霞駅東口
  • 共謀罪反対の声を上げる参加者=長崎市
  • 座り込みをする参加者たち=奈良市の近鉄奈良駅前
  • 大阪弁護士会館=大阪市北区
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ