メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

弁護士会

関連キーワード

  • 弁護士会の女性会長(2017年05月31日 朝刊)

    全国には52の弁護士会がある。日本弁護士連合会によると、全国で初の女性会長が誕生したのは、鳥取県弁護士会で1969年。以来、66人の女性弁護士が会長に就任した(4月24日時点)。「女性会長は増えてきている。時代の要請ではないか」と担当者は話す。一方、女性会長が就任したことがない弁護士会は20あるという。

  • ADR(2013年06月02日 朝刊)

    裁判によらず、専門知識を持つ第三者が中立の立場で当事者の間に入りトラブルの解決を図る仕組み。裁判所などが行うものに加え、2007年、業務を行う民間団体を法相が認証する制度ができた。法務省によると、これまで認証を受けたADR機関は、弁護士会や行政書士会がつくるものなど120超にのぼる。取り扱うトラブルの分野や内容は民事全般のほか、スポーツやペット、土地の境界、敷金返還など多岐にわたる。東京電力福島第一原発事故の被害者の賠償では、原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)が設置されている。

  • 中国の刑事司法制度と弁護士(2015年05月05日 朝刊)

    中国は三権分立制を採用せず、司法機関のトップにも共産党員がつく。警察にあたる公安が捜査をした上で、検察官が起訴し、裁判で有罪を立証する検察官と、被告を弁護する弁護士が対抗する点では日本と似ている。裁判は二審制。以前は裁判官・検察官と、弁護士の試験は別に行われていたが、2002年からは司法試験として一本化された。14年末時点で、弁護士は約27万人。日本は「弁護士自治」の原則から懲戒などの処分を弁護士会が担うが、中国の弁護士は司法当局の監督下にあり、資格取り消しも当局の判断だ。

最新ニュース

夏の最後の思い出はお笑い×法律イベントで決まり!トータルテンボスらが出演するイベントが8月26日に島根で開催(2017/8/18)

“より身近なリーガル・サービスを目指す”弁護士法人アディーレ法律事務所(東京都豊島区、以下アディーレ)は、よしもと芸人とのコラボレーションイベント、「おっ得!知っ得!ほぉ&#xff5e[続きを読む]

写真

  • 通し稽古をする出演者たち=文京区
  • 会見で聴取時の音声データを公開する少年の代理人弁護士=東京・霞が関
  • 東京弁護士会などの電話相談でカードローンの悩みをきく担当者=1日午前、東京都内
  • 核兵器と憲法をめぐる戦後の歩み
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ