メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 七尾強制連行訴訟(2008年08月17日 朝刊)

    戦時中に七尾市に399人の中国人が強制連行され、過酷な労働や栄養失調などで15人が死亡、64人が失明した。05年7月、元労働者ら6人が国と「七尾海陸運送」(七尾市)を相手取り、謝罪と損害賠償を求めて金沢地裁に提訴。10回にわたる弁論と七尾港での現場検証を経て、今年3月に結審した。同様の訴訟は全国で係争中だが「72年の日中共同声明により、裁判上の請求権は失われた」とする07年4月の最高裁判決以降、原告側の敗訴が相次いでいる。

  • 強制連行と花岡事件(2009年12月15日 朝刊)

    戦時中、中国から約4万人が日本に強制連行された。全国135カ所で強制労働させられ、約7千人が日本で命を落とした。鉱山があった秋田県の花岡には約千人が送られ、45年6月30日、過酷な労働と暴行、食料不足に耐えかねた中国人が一斉に蜂起。蜂起は失敗し、前後の虐待や拷問で400人以上が死んだ。今年に入り、大館のNPO法人「花岡平和記念会」(理事長・川田繁幸弁護士)が全国からの浄財約4500万円を元に平和記念館を建設した。来年4月に開館する予定だ。

  • 中国人強制連行問題(2015年08月04日 朝刊)

    戦時中、中国から連行された労働者が日本の炭鉱などで働かされた問題。支援団体は日本外務省が戦後まとめた報告書などをもとに被害者が約3万9千人に上り、日本企業35社が関与したと主張。元労働者らは90年代以降、日本各地で損害賠償請求訴訟を起こし、鹿島(旧鹿島組)、西松建設、日本冶金工業の各社が企業としての「道義的責任」などを踏まえ、被害者救済のための基金設立や「解決金」などの支払いで和解を成立させている。

最新ニュース

資料を前に話す西堀滋樹さん=いずれも函館市

北海道)函館に残る「戦争」を地図に(2016/05/23)

 函館市内の戦争に関する「現場」を落とし込んだ「ピースマップ」の作成に、同市の市民らのグループが取り組んでいる。マップをもとにしたまち歩きで、戦争の実相を実感するとともに、平和について考える材料にして[続きを読む]

強制連行をコトバンクで調べる

写真

  • 資料を前に話す西堀滋樹さん=いずれも函館市
  • 文玉珠さんの足跡
  • 韓国・ソウルから来た僧侶たち(奥の2人)とともに読経する赤星住職(手前)=荒尾市樺の正法寺
  • 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏
  • 7日、ジュネーブの国連欧州本部で、女性差別撤廃委員会の日本に対する勧告について記者会見するジャハン委員=喜田尚撮影
  • 1日、演説する朴槿恵大統領=AP
  • 1日、「3・1独立運動」の記念式典で演説する韓国の朴槿恵大統領=AP
  • 「右でも左でも、不純物のない主張は魅力的だが、それでは問題は解決しない」=京都市左京区、高橋一徳撮影
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】最新の音楽ガジェットが集結

    春のヘッドフォン祭をリポート

  • 【&TRAVEL】1日1万円代から楽しめる

    プレミアムなクルーズ〈PR〉

  • 【&M】奥田民生の骨太ライブ盤

    5月の国内ポピュラー新譜

  • 【&w】3人子育て「これは修行?」

    花のない花屋

  • ブック・アサヒ・コム湊かなえ作品に山本周五郎賞

    三島賞は蓮實重彦「伯爵夫人」

  • WEBRONZA女性置き去りの震災支援

    避難所での着替えや性犯罪不安

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ