メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 岐阜県御嵩町の産廃処分場問題(2009年07月10日 朝刊)

    産廃業者の寿和工業が同町小和沢地区に管理型最終処分場を計画。町は95年2月、同社から協力金35億円を受け取る協定を交わした。だが、同年4月に初当選した柳川喜郎町長(当時)が県に許可手続きの一時凍結を要望。柳川町長は96年、2人組に襲撃され重傷を負った。町は97年、処分場建設を問う全国初の住民投票を実施。反対が8割近くに達した。その後10年、問題は進展しなかったが、07年4月に県、町、寿和工業が3者会談を開催。同年末に「住民投票の結果を尊重する」と合意し、事実上の建設中止が決まった。

  • 柳川喜郎・元岐阜県御嵩町(2010年03月04日 朝刊)

    産廃処分場建設計画が持ち上がっていた1995年、元NHK解説委員から転身し、御嵩町長に就任。翌年10月、2人組の男に襲撃され、瀕死(ひんし)の重傷を負った。97年には産廃処分場の建設の是非を問う全国初の住民投票を実施、建設反対が8割を占めた。3期12年務めた07年に町長を退任、08年には処分場建設の許可申請が取り下げられた。昨年12月、河村たかし市長関係者の要請で「河村サポーターズ」の代表に就任していた。

  • 岐阜県御嵩町長襲撃事件(2010年10月30日 朝刊)

    産廃処分場計画の是非で町内が紛糾していた1996年10月、計画に慎重だった町長の柳川さんが自宅マンションで2人組の男に襲われ、頭や腕の骨を折られて一時意識不明の重体になった。県警は柳川さん宅の電話を盗聴したなどとして右翼団体幹部ら二つのグループの男を逮捕したが、襲撃事件の犯人はつかまっていない。

最新ニュース

可茂在住外国人にネットで観光PR(2017/5/25)

◆3ケ国語で紹介、訪日客集客も期待 可茂県事務所は、観光やイベント情報を紹介しているフェイスブック「かもStyle(岐阜県可茂地域の魅力)」で、ポルトガル語とタガログ語、英語での情報発信を始めた。この[続きを読む]

御嵩町をコトバンクで調べる

写真

  • 「春のバラまつり」を取材する「かもStyle」の担当者
  • 早乙女姿で新茶を摘む女子生徒ら=御嵩町
  • 左がリニアのトンネル出口予定地。周辺は残土処分候補地=岐阜県御嵩町
  • 連結式があった「(仮称)新小和沢橋」
  • 野田津喜枝さん
  • 旧処分場予定地には住民が去った住宅が今も残る=岐阜県御嵩町小和沢
  • 動き始めた電車と競走する「レッド・ゴー」=御嵩町提供
  • ミーモくん(左)とみーもくん=名鉄御嵩駅前
  • カリコテリウム類の化石と、その特徴を説明する服部創紀学芸員=関市小屋名
  • 岐阜県御嵩町で約100年以上前に見つかったカリコテリウム類の化石=岐阜県博物館提供
  • 外国人をひきつける地方の日本文化について語る米原亮三さん=恵那文化センター

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】充電式だから好きな場所で

    便利なコードレス扇風機

  • 【&TRAVEL】地方の自家菜園持ちリゾート

    タイ・プーケットで美食紀行

  • 【&M】アードベッグから限定品登場

    試飲イベントを開催〈PR〉

  • 【&w】映画の祭典ぜんぶ見せます

    カンヌ映画祭フォトギャラリー

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA福島の被曝線量どう評価する

    過小評価される3要因

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ