メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

御影石

最新ニュース

写真・図版

(アートリップ)擬音の石彫オブジェ 馬渕洋作 石川県羽咋市(2017/11/14)

 ■駅前に佇むカタカナの塊 石川県羽咋(はくい)市 雲一つない青空のもと、満面の笑みで写真に納まる女子高生。ポーズをとる足元では、カタカナの塊「ジャーン!」が異彩を放っていた。 石川県の能登半島南部を…[続きを読む]

御影石をコトバンクで調べる

写真

  • 作品の上でポーズをとる地元の女子高生=滝沢美穂子撮影
  • 90歳を記念した作品「WORK90」と速水さん=坂出市
  • 12月7日に全面オープンする東京駅丸の内駅前広場の完成イメージ(JR東日本提供)
  • 除幕式の後に文学碑の前であった開眼供養=若狭町の天徳寺
  • 「精霊」と名付けられた彫刻。イヌイットの長老を思わせる人の顔で、頭は鳥の形をしている
  • テーマごとに新しい場所に移設される妖怪ブロンズ像=境港市大正町
  • 来校を記念した石碑。1年前、児童らは合唱を披露するなどして天皇、皇后両陛下を迎えた=鶴岡市立鼠ケ関小学校
  • 寄贈した彫刻を披露する流氏(左)ら=高松市
  • 再取りかえ後。石津氏の名前が再び記された
  • 撤去作業を前に鉄骨に囲まれた富樫実さんの作品=左京区、伊佐恭子撮影
  • 会場で放映されるパルナス製菓のCM
  • 石碑と一緒に写る、カープのマスコットキャラクタースラィリー=広島市中区
  • 新しい狛猿を喜ぶ地域の人たち。鳥居との間にこれまでの狛猿もあり、新旧2対で参拝者を迎える=いなべ市藤原町坂本
  • 駅前公園に引っ越した「こなき爺」のブロンズ像=境港市大正町
  • 富樫実さんの作品「空(くう)にかける階段’88-Ⅱ」(中央)。周囲を撤去作業のための鉄骨が囲む=京都市美術館
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】超気軽! スマホVRで新体験

    実世界により近い没入感を実現

  • 写真

    【&TRAVEL】元大統領料理番が監修

    海上のグルメワールド〈PR〉

  • 写真

    【&M】シリーズ優勝の行方は

    スーパーGT最終第8戦

  • 写真

    【&w】新しいロマンチックを抱く

    18年春夏ミラノコレクション

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZA龍真咲「クラシックは原点」

    宝塚時代よりも忙しい日々

  • 写真

    アエラスタイルマガジン昭和の名物パワーランチ!

    部長がすすめる名店教えます

  • 写真

    T JAPANホテル王が贅を凝らした

    プーケットの“究極リゾート”

  • 写真

    ハフポスト日本版 国民投票の結果で歓喜に沸く

    同性婚の合法化「賛成」が61%

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ