メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 国立循環器病研究センター(2014年11月18日 夕刊)

    心臓病や脳卒中などの循環器病を対象とする高度専門医療研究施設として、1977年に設立。2010年に独立行政法人へ移行した。併設の病院の病床数は約600。18年度には吹田市内の旧国鉄吹田操車場跡地に移転することになっている。

  • 山本病院事件(2010年02月06日 夕刊)

    同病院は1999年に開隠外科や内科、循環器科など7科、80床があった。前理事長の山本文夫容疑者は2005年1月〜07年5月、入院患者8人に心臓カテーテル手術をしたように装い、診療報酬計約830万円をだまし取ったとする詐欺罪に問われ、奈良地裁で1月、懲役2年6カ月の判決を受けた。奈良県の調査では、医療費が公費負担となる生活保護受給の患者を多数入院させ、症状にかかわりなく同じ検査をするなど不適切な診療の実態も判明した。

  • 公立藤岡総合病院(2010年04月22日 朝刊)

    22の診療科と395床(感染症4床)をもつ急性期病隠救急や小児医療など不採算医療にも取り組む。救急患者用の8床や手術後に24時間経過をみるための11床をもつ救急センターが設置されており、初期救急や二次救急を扱う。脳神経外科は医師が365日、すぐ駆けつけられる態勢をとっており、脳梗塞(こうそく)の3時間以内の血栓溶解治療では08年度、県内最多だった。急性心筋梗塞に対応する循環器科の場合、カテーテル治療をできるのは藤岡保健医療圏では同病院だけという。医療事務市町村組合は、合併で新町と吉井町が抜けたが、現在は吉井町の負担分を高崎市が肩代わりをし、藤岡市と神流町、上野村の2市1町1村で構成する。

最新ニュース

アストラゼネカ 呼吸器領域の生物学的製剤ベンラリズマブ(遺伝子組換え)の 第III相ZONDA試験 重症喘息患者さんにおける経口ステロイド薬使用量を減量する効果を示す(2017/5/26)

ベンラリズマブ投与患者さんはプラセボ投与患者さんに比べ経口ステロイド薬を減量する可能性が4倍以上高いことを示すさらに、ベンラリズマブはコントロール不良の好酸球性重症喘息患者さんにおいて喘息増悪の年間発[続きを読む]

写真

  • 研究で分析した食事パターン(国立がん研究センターなどの研究から)
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】土屋鞄製造所の鞄職人レポ

    予約で売り切れる鞄の正体は?

  • 【&TRAVEL】海上の特等席で花火大会を

    飛鳥Ⅱ人気クルーズ

  • 【&M】より人物の内面にも迫る

    『ジャパニーズダンディ』続編

  • 【&w】作家・朝吹真理子さんが語る

    アクリス〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA福島の被曝線量どう評価する

    過小評価される3要因

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ