メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

徴兵制

関連キーワード

  • 米軍の志願兵制度と徴兵制(2010年10月24日 朝刊)

    1973年に徴兵制度が廃止され、現在は志願制。兵役につくと、大学進学の奨学金を受けられたり、外国籍の場合は米国市民権を得るうえで有利になったりする。このため、志願制になってから貧困層や移民の入隊が増えているとの見方がある。米軍では中流以下の家庭の出身者が7割以上を占めるが、国防総省は社会全体の割合を反映しており、偏りはないと反論している。

  • 世界の徴兵制(2011年11月17日 朝刊)

    現在徴兵制を採用する国は、スイス、韓国、北朝鮮、イスラエル、イランなど50カ国以上。一般に兵力の安定確保が目的で、ロシアやブラジルなど人口1億人以上の国で原則、男子全員を徴兵対象とするのは今では少数派だ。冷戦終結後は軍の「少数精鋭」化を目指す傾向があり、廃止や縮小が相次いでいる。

  • シリアの徴兵制(2012年10月11日 朝刊)

    18歳以上の男性は兵役を義務付けられている。期間は1年半。小学校(6年制)5年まで終えていない場合は1年9カ月。きょうだいに男性が1人しかいない場合は免除される。大学や大学院に進学すれば延期される。軍兵力は約50万人で、政府は内戦で8千人以上が死亡したとしている。一方、弾圧や内戦による市民の犠牲者は、集計する組織により幅があるが、3万〜3万5千人とみられている。

最新ニュース

女性政治家が増えたあと、社会は?(上)(2018/6/9)

 超党派が推進した「政治分野における男女共同参画推進法」(候補者男女均等法)が成立しました。日本で女性の議員を増やそうとする法律ができたのは画期的なことです。 全会一致で可決されたという背景を見れば、…[続きを読む]

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ